次のタグが付いている話題の回答:

7

OPCサポートです。 質問ありがとうございます。 まず、CoreBluetoothFrameworkのCBCentralManagerを利用して、Olympus AIR A01に内蔵されているBluetooth Smartをスキャンする必要があります。 scanForPeripheralsWithServices:にてスキャンを実行してください。そのときに、第1引数serviceUUIDsに[OLYCamera bluetoothServices]を指定することによりAIR A01以外のBluetoothデバイスがスキャンされなくなります。 NSDictionary *options = @{ CBCentralManagerScanOptionAllowDuplicatesKey: @NO }; [...


3

うーんこの辺「正しく」解説するとなると専門用語が必要です。逆に専門用語なしだと不正確な説明がわかったつもりになるだけだったりします。なのできっちり専門書を入手して読んでほしいのですが・・・ 設問が複数ありますが理解すべきは論理接続の仕様だけで 前提知識: bluetooth 末端機器には2種類あり データを一方向に送り付けるだけの装置(マウス、心拍計、自転車の速度計ケイデンス計など) 相互通信する装置(表示を伴う装置、キーボード等) ヘッドホンなどはデータを一方向にもらうだけの装置に見えますが、コネクションの都合で相互通信機器に分類できます 一方向機器は (bluetooth 仕様書の専門用語で言う)コネクションが不要でパソコンやスマホはただ受信するだけです。実用上は、...


3

詰んでいる(ハングアップしている)ということは、Bluetoothの通信スレッド同士でデッドロックしているかもしれません。そうであればwakeup()とconnect()をonLeScan()の後に実行するようにした方が良いかも。手順としては デバイス検索中フラグを準備(CountDownLatchとか) onLeScan()でsetBluetoothDevice(),setBluetoothPassword()とそしてデバイス検索中フラグを解放する startLeScan()する デバイス検索中フラグが解放されるのをawait()で待つ 待ちから正しく抜けてきたらwakeup()とconnect() という流れです。


3

OLYCameraのプロパティ「bluetoothPeripheral」にCBPeripheralを指定し、「bluetoothPassword」にBLEのパスコードを指定すれば良いと思います。 CBPeripheralは、Core Bluetoothから検索して、接続済みのものを渡す必要があります。 検索するときのサービスIDは、「bluetoothServices」メソッドで取得でき、BLEのパスコードは「OACentralConfiguration」クラスを使えば取得できます。


2

デバイスが見つかったときに呼ばれるメソッド、 - (void)centralManager:(CBCentralManager *)central didDiscoverPeripheral:(CBPeripheral *)peripheral advertisementData:(NSDictionary *)advertisementData RSSI:(NSNumber *)RSSI の peripheral.name にはOSがキャッシュしている名前が入っているようですが、 advertisementData[@"kCBAdvDataLocalName"]にはアドバタイズパケットの ローカルネームが入っているようです。 ちなみに、...


2

自己解決しました!! Android Terminal Emulatorというアプリを使ってADBをスタートし,アプリからADBコマンド adb shell getevent -lt /dev/input/event5を発行します. event5 はデバイスによって変わるので, adb shell getevent -iで確認してください. マウスを操作するとREL_XとREL_Yの項目がログに含まれているのがわかります. これがマウスの移動量です.ちゃんと画面端でも移動量は送られ続けます. あとは値を16進数の文字列からIntに変換してあげます. int d = (int)Long.parseLong(hexValue, 16); 欲を言えば外部アプリを使いたくないので,...


2

割とマジで Bluetooth 仕様書 仕様書が読めないなら解説書 大前提として BLE は Bluetooth Low Energy の意味で、通信速度より消費電力削減を優先しています。なのでファイル共有のような大量データのやりとりには全く向きません。 BLE は非対称ネットワークであって Peripheral と Central に役割が分かれます。仕様上 Peripheral と Central 間にて一定フォーマットの小さなデータを定期的にやりとりするのは得意ですが Central 同士 Peripheral 同士で通信することはできません。 スマホは通常 Central で使います。なのでスマホ同士で通信させることはできません。複数のスマホを Peripheral にして Central ...


2

次のように書くか var data = characteristic.value var bytes = [UInt8](count:data.length, repeatedValue:0) data.getBytes(&bytes, length:data.length) textField.text = "\(bytes[0])" または、下記のほうが元のObjective-Cのコードにより近いかもしれません。 var data = characteristic.value let ptr = UnsafePointer<UInt8>(characteristic.value.bytes) let bytes = UnsafeBufferPointer<UInt8>(...


2

解決いたしました. 接続確立させるのは諦めて,ペアリング後すぐに以下のコマンドを実行しシリアルポート通信を行うことができました. raspberrypi#1$ sudo rfcomm listen /dev/rfcomm0 22 raspberrypi#2$ sudo rfcomm connect <addr#1> 22 どうも単に接続確立するのは不可能で,自身が提供しているサービスを公開した後に接続確立する必要があったみたいです.


1

目的が できることなら、コンピュータのことがわからない年配の方(‌​ただしWiFiは孫とか誰かが設定したのが‌​ある)でも持ち込むだけで使えるものを目指‌​しています であれば、ラスパイをWPS対応されてはいかがでしょうか。 ただし、以下の留意点があります。 ・ラズパイ側のWPS開始トリガーをどうするか(電源投入後、知っているSSIDが見つからなければ、自動でWPS開始するなど) ・WPS対応のWiFiアクセスポイントが必須 ・WPSで設定が成功したかをわかりやすくするため、ラズパイ側にLEDなど追加検討の余地あり


1

iOSでBluetooth通信 に解説記事(8つに分かれている)がありますが、お読みになりましたか? 質問に書かれている事項について、一通り説明されているように思います。 例えば、アドバタイズについては「ペリフェラルが実行するタスク」の記事で解説されています。


1

コンパイラのエラー bluez/btio/btio.c:624:38: error: ‘BT_RCVMTU’ undeclared (first use in this function) bluez/btio/btio.c で参照している BT_RCVMTU が宣言されていないというものです。 BT_RCVMTU, BT_SNDMTU は bluez/btio/btio.h にて宣言されていますが、Makefile にヘッダファイルのインクルードパスを追加してみてはいかがでしょうか。 CFLAGS += -Ibluez/btio


1

自己解決になりますが無事解決できました。 initWithProximity で UUID の他に major と minor を指定することで、MonitoringForRegion でも major と minor を取得することができました。 もし同様なことでお困りの方のご参考になれば幸いです


1

遷移するときにperipheral objectがリリースされて接続が切れているのではないでしょうか。複数のviewcontrollerでperipheralが必要な時は、シングルトンなマネージャークラスで接続したperipheralを保持するのがいいかと思います。


1

メッセージに書かれた setNotifyValue:forCharacteristic: を呼べば、Characteristic 上の宣言に基づいて Notification と Indication のどちらか適切な方を許可するよう設定されます。 技術的にはNotificationとIndicationの主な違いは応答を返すかどうかなので、iOSにせよAndroidにせよこの違いはライブラリ側で吸収されています。その上で、Androidは手動で当該Descriptorを変更することができますが、iOSは setNotifyValue:forCharacteristic: を使うよう強制している、という話です。 なおAndroidでも同じようにNotification/...


1

出来ません。connection intervalなどのリンクレイアの値は、BLEチップのファームウェア(FW)で設定されています。FWのコードは、オープンソースではなく、バイナルで提供されています。AOSPからビルドし直しても、変更することは出来ません。 SCAN_MODE_LOW_LATENCYは、セントラルが接続前のスキャンを休止なしで行うモードです。接続後は関係ありません。


1

自己解決しました。 以下のような原因がありました。 PhoneGap初期化完了後に実行されるようにする必要がある。 onDevicereadyの中でボタンリスナーを登録する必要がある。 jQueryの$(function(){})では、PhoneGapの初期化が終わっていない場合がある。 Monacaのプレビュー機能では、devicereadyが呼ばれない。 以下のコードで実行できるようになりました。 <!DOCTYPE HTML> <html> <head> <meta charset="utf-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=...


1

ご助言をいただきありがとうございました。遅くなりましたが本日やっと検証を行い、問題点を見つけることができました。 原因はBluetoothデバイスを見つけた後にそれに接続する処理を行っていないことでした。 - (void) centralManager:(CBCentralManager *) central didDiscoverPeripheral:(CBPeripheral *) p advertisementData:(NSDictionary *) advertisementData RSSI:(NSNumber *) RSSI { if (self.bleName.length > 0) { if ([[advertisementData ...


1

お困りのようなので、お試し実装してみました。 まだ荒削りですがもしよろしければご参考にしてみてください。 https://github.com/FromF/OlympusCameraKit/tree/master/BluetoothSmartTest Olympus CameraKitのプロパティーbluetoothPeripheralがwakeupするときと、didDiscoverPeripheralとで、違うインスタンス(別々にalloc)をつかっていませんでしょうか?


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります