次のタグが付いている話題の回答:

5

その中古 PC 「訳アリ」格安とか書かれていませんでしたか? 10年以上前の PC だとパスワードを含む BIOS 設定が電池バックアップ式なものがあります。つまり分解してバックアップ電池を外して数分放置することで、全設定(パスワードを含む)が消去できるようなものもあります。試してみる価値はあるかもしれません。 もちろん、電源なしでデータを維持できる不揮発性メモリにパスワードが保存されていたら、バックアップ電池を外してもパスワードは解除されません。今どきの PC は、ユーザーが求めるセキュリティ要件が厳しくなっているのでこっちになっているはず。 もしパスワードが消せてもリスクはいっぱいあります。 マザーボードのシリアル番号も一緒に消えてしまうと Windows のデジタルライセンス認証も消えてしまいます。...


4

参考までに、関連サイト (Super User) に類似の質問があります。 How to delete BIOS password? - Super User 既に挙がっている他の回答と重複するものを除くと、CmosPwd というユーティリティがあります。 コマンドラインのユーティリティですが、OSが起動しているなら Ubuntu 向けの パッケージも提供されています。 思いつくキーワードで検索するだけで日本語での解説記事もヒットしますが、以下のサイトではノートPCの場合の注意書きがありました。 「CmosPwd」の使い方 ノートパソコンでは、BIOSパスワードがCMOSではなくEEPROMに保存されていることがあります。 このような場合、CMOSクリアを行なっても、...


3

使用状況や使用目的によってどれがどれくらい意味があるのかが変わってくると思いますので、具体的な使用例を含めて回答します。 学校の教室等にある学習用PCやネットカフェ等にある利用者用PC等の複数の利用者が共通で使用するPC これらのPCはセキュリティロックによって容易にPCを分解できず、セキュリティワイヤーによって容易に持ち出しできないようにしています。実際は不可能ではありませんが、正規の鍵がなければ工具等で無理矢理こじ開ける事になるため、管理者に気付かれずにHDD(SSDの場合もありますが、この回答では区別しません)だけを抜き出す等は不可能と考えてください。 これらのPCで防がなければならないのは、ユーザーが利用可能な機能の制限を越えてPCを利用されることです。...


3

メーカーによって対応は違ってくると思いますが、Dellの例 を参考に回答してみます。 BIOSのUIを立ち上げる際に要求するパスワード。 誤操作を含めた、不用意な設定変更を防ぐのが主な目的な気がします。 大抵は特定のキーを押しっぱなしにすることでBIOS画面が起動しますが、不慣れなユーザーが意図せず起動してしまい、そのまま操作が分からず設定を変更してしまうケースが考えられます。 システムをブートする際に要求するパスワード。 システムを保護するためのパスワードですが、懸念されている通り物理的にアクセス(=取り外し)が可能であれば中身は読み取れてしまいます。 ハードディスクにアクセスする前に要求するパスワード。 HDD自体にパスワードを設定するので、...


2

Ubuntuは無関係ですし、BIOSバージョンも無意味です。 メーカー名と型番から、取扱説明書を入手してください。その中にパスワードリセット方法が記載されている場合があります。 取扱説明書によくある記載として メーカー修理(わわいさんの回答) 電池を外す(774RRさんの回答) が挙げられている状況です。


1

パスワードというのは、設定を変更できなくするために掛けるものです。 メーカに修理対応してもらいましょう


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります