次のタグが付いている話題の回答:

4

サンプルを書いてみました。順を追って作った経緯を説明します。 ソース: https://gist.github.com/snipsnipsnip/0e267f6a39cc2397da3d 動作: http://ideone.com/Yaw8k3 http://ideone.com/9iuF6e レイアウト __9__ / \ 4 15 /\ / \ 2 6 12 17 katoyさんの例からレイアウトの仕様を考えてみます。 縦方向は以下の内容を交互に表示します。 下線と数字からなる行 (__9__ や 2 6 12 17) 斜線の行 (/\ / \) 横方向には、以下のルールで数字を配置します。 ...


4

attr_reader を attr_accessor に変更すれば動くのではないでしょうか. attr_reader はgetterを自動生成するだけなので, insert_tree(num, node = nil) 内の node.left = create_new_node(num) node.right = create_new_node(num) のところでエラーになってしまうと思います. ちなみに, attr_accessor setter, getterを両方定義 attr_reader getterのみ定義 attr_writer setterのみ定義 となっています.


3

temp = btree_delete(word, tree); の行を tree = btree_delete(word, tree); に変えれば求める出力は得られます。 コメントアウトしてある部分を見るに、何か気にかかることがあって敢えてこういう書き方をしなかったのかとも思いますが、全体の流れからするとこれが想定された用法でしょう。 質問の趣旨から外れるので深入りしませんが一応付言しておくと、deleteの処理関連でメモリリークがあるので、そこは修正が必要です。


2

なるべく横幅も狭い絵を出力するものを作ってみました。(コードの末尾に出力結果を引用してあります。) https://gist.github.com/katoy/9faf8b2362313e72340e # coding: utf-8 # See http://ja.stackoverflow.com/questions/4739 # https://gist.github.com/snipsnipsnip/0e267f6a39cc2397da3d # # 2 分木をコンソールにアスキーアートで出力する。 # class Node attr_accessor :value, :left, :right def initialize(val) @value = val @...


2

ここに投稿されていた Ruby のソース読んでいたら面白かったので、私も Go 言語で書いたバージョンを作りました。 基本構造は、SO の質問を参考 ツリー構造は、golang チュートリアルを参考 と、上2点の資料を元にしてあります、汚いが動きます。 Go Playground 意図したこと レイアウト目標 161 ---|--- / \ 146 182 -|- / \ 162 185 動作目標 出力する前に、 二分木の再深度 二分木の最大値 の二つをDFSで求め、それで出力する木の大きさを決めうちしBFSでプロットしていきます。木は横に長く、...


2

縦型でノード位置を出力するコードです。盛大にずれていますが出力は下の様な感じです。 [node] ┌------------┘ └------------┐ [node] [node] ┌----┘ └----┐ ┌----┘ └----┐ [node] [node] [node] [node] ┌┘ └┐ ┌┘ └┐ ┌┘ └┐ ┌┘ └┐ [node] [node] [node] [node] [...


2

最後の direction = -1 が direction = 1 でないといけないっぽい。 追加で else を elsif に、 parentNode を parent_node にしました。 パッチ差分 @@ -62,9 +62,10 @@ # ノードの削除 def delete_tree(val) node = @tree_root - parentNode = nil + parent_node = nil direction = 0 # while文で削除すべき対象を見つける while (node != nil && node.value != val) if node.value > val ...


2

別の修正案をしめします。 お気楽 Ruby プログラミング入門 二分木 のコードを参考にしています。 # coding: utf-8 # See http://www.geocities.jp/m_hiroi/light/abcruby13.html # Node Class class Node attr_accessor :value, :left, :right def initialize(val) @value = val # ノードが保持する値 @left = nil # 左側のノード @right = nil # 右側のノード end end # ノードの追加 def insert_tree(num, node = nil) if ...


2

C#ですが書いてみました。リンク先の46行目~97行目が表示処理です。出力は横向きです。 61--62 └--63--02--04 │ └--14 └--10--45 └--68 処理としてはスタックにノードの値を左深さ優先で追加しながら、該当ノードの値を表示するまでに必要な罫線を順次書き込んでいます。あと各ノードの子を探索済みかどうかの情報を持つスタックも用意しています。C#特有のAPIはConsole.WriteとConsole.WriteLineを使用していますが、これはコンソール出力メソッドで{0:D2}には数字二桁が出力されます。 注意として上記のように全ノードの値が2桁以内という条件で実装しているので100以上の値が混じるとずれが発生します。


1

質問文にある式の構文木は、下図のようになります。(D-(C+F)%G) の部分は、省略されているカッコを演算子の優先順位を踏まえて復活させると (D-((C+F)%G)) となることに注意してください。


1

リンク先の問題文をよく読んでみると、どの vertex がルートになるかの指定がありませんし、一つの vertex から出ていく edge の数が高々2本であるという制約もありません。したがってバイナリツリーで表現するのは得策ではありません。 むしろ (ループのない) 無向グラフとして表した方がよいと思います。深さ優先探索 (depth first search) というアルゴリズムを使って、edge の一方の側の合計を求めていきます。全体の合計は簡単に求められるので、片方の合計が分かれば、Tree_diff も簡単に求められます。 この方法なら、どの vertex から始めても大丈夫なはずです。


1

削除するノードの左右両方に子供が存在する際に, 左の子孫の最大値のものを代入すると思いますが, その時に value だけ代入して key を代入していないのが原因でしょうか. そのため,delete_tree の node.value = left_biggest.value 部分に node.key = left_biggest.key を追加したらいいと思います. 差分 @@ -104,6 +104,7 @@ left_biggest = left_biggest.right direction = 1 end + node.key = left_biggest.key node.value = left_biggest.value ...


1

以前にあった質問 2分木へのデータの追加について での katoy の回答のコードでは、質問文にある追加・挿入操作を行うとつぎのように正常動作します。書籍のコードとは趣が異なるコードになっていますが、比較検討してみてはいかがでしょうか?(コード作成時に参照している web ページも参照してください) 実行する操作のタイプを入力してください。 1:追加 2:検索 3:削除 4: 表示 9:終了>1 追加する数字を入力してください:53 53 実行する操作のタイプを入力してください。 1:追加 2:検索 3:削除 4: 表示 9:終了>1 追加する数字を入力してください:25 25 53 実行する操作のタイプを入力してください。 1:追加 2:検索 3:削除 4: 表示 9:終了&...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります