次のタグが付いている話題の回答:

4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


3

Python3のようなので、 pip install beautifulsoup4 をインストールしてください。 beautifulsoup (4じゃない方)はPython3で動作しません。 このあたりの話は以下にあります。 https://www.crummy.com/software/BeautifulSoup/bs3/documentation.html そして、import文は以下のように書いてください from bs4 import BeautifulSoup この話は以下にあります https://www.crummy.com/software/BeautifulSoup/bs4/doc/


3

以下は bs4.BeautifulSoup.select を使う方法です。 from bs4 import BeautifulSoup data = ''' <div class='A'> <div class='B'></div> <div class='C'></div> <div class='D'></div> <div class='E'></div> </div> ''' soup = BeautifulSoup(data, features="html.parser") selection = soup.select('div.A > ...


3

引用: kondou.com - Beautiful Soup 4.2.0 Doc. 日本語訳 (2013-11-19最終更新) HTML5の ‘data-*’ 属性など、いくつかの属性についてはキーワード引数として用いることができません。: data_soup = BeautifulSoup('<div data-foo="value">foo!</div>') data_soup.find_all(data-foo="value") # SyntaxError: keyword can't be an expression しかし、これらの属性を辞書にして、キーワード引数 attrs として値を渡せばフィルタリングすることができます。: data_soup.find_all(...


2

ドキュメントに AttributeError: 'ResultSet' object has no attribute 'foo' - This usually happens because you expected find_all() to return a single tag or string. But find_all() returns a list of tags and strings–a ResultSet object. You need to iterate over the list and look at the .foo of each one. Or, if you really only want one result, you need to use find() ...


2

テーブルには20行があるのに、1行しか取得できないの原因は soup.find('div', {'id':'contents_liquid'}).findAll('tbody') tbody は一つしかないので、for ループが1回だけ走らせしました。tbody から各 tr を取り出す必要があります。すなわち soup.find('div', {'id':'contents_liquid'}).find('tbody').findAll('tr') なお、tr.findAll('td')[0].string は NavigableString タイプのオブジェクトを取り出すことです。その後 CSV に書き込むから、tr.findAll('td')[0].text で文字列を取得すべきです。 ...


2

# -*- coding: utf-8 -*- import requests import bs4 import pandas as pd # pandas def main(): html =""" <ul id="front"> <li class="icon-01">乗用車</li> <li class="icon-02">トラック</li> <li class="icon-11">軽自動車</li> </ul> """ soup = bs4.BeautifulSoup(html, "lxml") ...


2

出力したCSVを後で読み込む時のことを考えると、基本的には suzukis さんが回答している通りクォートされたままの方が扱いやすいのだと思いますが、csv モジュールの定義を見るとパラメータで任意のクォート文字列に変更したり、クォートの挙動を変えることも可能なようです。 CSV ファイルの読み書き - Python ドキュメント import csv with open('eggs.csv', 'w', newline='') as csvfile: spamwriter = csv.writer(csvfile, delimiter=' ', quotechar='|', quoting=csv.QUOTE_MINIMAL) csv – ...


2

エラーメッセージを読むと、soupが定義されていないと書いてありますので、soupを定義する必要があります。 find("h1")を使おうとしていることから想像すると、soupはBeautifulSoupのオブジェクトであるべきです。 要するに、rとBeautifulSoupを使って、soupを作る処理が抜けているということになります。 何か参考にして書かれたのであれば、記述に漏れがないか確認してみてください。 参考までに、動作するように内容を補完するとこうなります: import requests from bs4 import BeautifulSoup url = "http://www.kyodonews.jp/" r = requests.get(url) soup = ...


2

lxml で行けました。あと文字化けについては、response.encoding の指定で直せます。 #res = requests.get('https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetx/1523962661/') res = requests.get('https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523982845/') res.encoding = res.apparent_encoding soup = BeautifulSoup(res.text, 'lxml') print(soup)


1

その2 年齢認証ページは通過でき、成人向け総合の2位までは取得できるが、それ以降がなぜか取得できない。 『クッションページの「はい」ボタンのurl』も変化する様なので、最初に「目的のページのurl」にアクセスして『「はい」ボタンのurl』を取得します。次にその URL と目的のページの URL に再度アクセスしてスクレイピングを行います。 3位以降が取得できないのは、HTTP response のデコード(bytes -> str, charset(encoding) は EUC-JP)に失敗している事が原因の様です。なので、デコードできない部分は切り捨てています('ignore' を指定)。 import requests from bs4 import BeautifulSoup #...


1

Beautifulsoupの select メソッドで取得したものをさらに絞り込む方法 class="A" の要素を取得したのちに 最初に現れる div要素であれば (そしてそれが class="A" であるはずと決まってるなら後者のように記述するかも) clsa = soup.select('div.A')[0] #clsa = soup.div # 個人的にはこっち使うかも 配下のclass="B" と class="C" の要素を絞り込んで clsa の直下であれば children 使うのもありかも for elm in clsa.children: print(elm) clsa直下でなければ, ...


1

以下は, デスクトップに temp.svg という名前で保存する場合 (デスクトップフォルダーの名前を Desktopと仮定 (名前変えてなければ大丈夫のはず)) from bs4 import BeautifulSoup from pathlib import Path soup = BeautifulSoup(text, 'html.parser') svgs = soup('svg') desktop = Path.home() / 'Desktop' if desktop.exists(): with (desktop / 'temp.svg').open('w') as fp: fp.write(str(svgs[1]))


1

Beautiful Soup の和訳はこちら ==> http://kondou.com/BS4/ lambda の it は iterator/iterable のつもりかも? 単なる引数名。 関数にして, ここでは tagと記します def is_comment(tag): x = isinstance(tag, Comment) return x all_comment = div.find_all(text=is_comment) for elem in all_comment: elem.extract() text引数 には「文字列 , 正規表現 , リスト , 関数 , True値 が使えます」とのこと。 text=is_comment で関数を指定し, ...


1

ラムダ式については先ずはPython公式のドキュメントを見てください。 6.14. ラムダ (lambda) ラムダ式 (ラムダ形式とも呼ばれます) は無名関数を作成するのに使います。 式 lambda parameters: expression は関数オブジェクトになります。 この無名オブジェクトは以下に定義されている関数オブジェクト同様に動作します: def <lambda>(parameters): return expression 引数の一覧の構文は関数定義を参照してください。ラムダ式で作成された関数は文やアノテーションを含むことができない点に注意してください。 少し解説が追加されている記事はこちら: Pythonのlambda(ラムダ式、無名関数)の使い方 ...


1

エラーメッセージの最後の方にある File "/Users/user名/Documents/html.py", line 2, in from bs4 import BeautifulSoup が原因では? 実行しようとしている File "/Users/user名/Documents/20210114.py", line 1, in from bs4 import BeautifulSoup と同じフォルダに BeautifulSoupでも使っているhtmlモジュール?と同じ名前になるhtml.pyが存在するため、BeautifulSoupが使用したいhtmlではなく、そちらを読み込んでしまってエラーになっているのだと思われます。 /Users/user名/...


1

@payaneco さんの回答にもありますが、soup = BeautifulSoup(html, 'html.parser')の処理を通した時点でクラス名文字列の後ろに付いた空白は削られています。(おそらく文字列の前に空白が付いていても削られると思われます) そのため、BeautifulSoup()処理後のデータを使った場合は、クラス名など属性文字列の前後に空白が有るか無いかの差で何かを判定することは出来ないでしょう。 質問で紹介されたページの場合、class="Time"が指定されたフィールドは他にも多数あるので、クラス名を元に取得したデータが何処のデータかを判定することは困難だと考えられます。 抽出したデータの場所や内容にかかわらずclass="Time"...


1

簡易パーザーであるhtml.parserではパーズに失敗してまともに読み込めないぐらい、元のhtmlの構造が複雑 もしくは 壊れているということです。 環境によっては難しいかもしれませんが、lxmlを指定すると動くことは動く(*)ので可能ならlxmlを使うべきです。 (*)htmlの構造がおかしいので、その影響はありますが。 import requests from bs4 import BeautifulSoup def _get_page(url): #r変数に<!DOCTYPE html>から代入する。 r = requests.get(url) #レスポンスコードが200で正常だったら文字列""にして返す。 r.encoding = r....


1

f.close() した時点で続きを書き込めなくなり、2行目以降が出力されないのでしょう。 f.close() を削除してください。


1

metropolis さんより User-Agent を設定して requests.get() を実行するとウェブブラウザ(手元の環境では Firefox)でアクセスした場合と同じ内容のページを取得できました。


1

タグの属性へのアクセス(参考) find_allへフィルタとして関数を渡せること(参考) を利用すると次のように書けますね。 from bs4 import BeautifulSoup data = ''' <div class='ttt'> <div class='red'></div> <div class='green'></div> <div class='blue'></div> </div> ''' soup = BeautifulSoup(data, features="html.parser") elems = soup.find('div', { 'class': '...


1

decomposeで不要な項目を削除してから取り出す方法はいかがでしょうか。 サンプルコード from bs4 import BeautifulSoup data = """ <html> <body> <div class='ttt'> <div class='red'></div> <div class='green'></div> <div class='blue'></div> </div> </body> </html> """ soup = BeautifulSoup(data, 'html.parser') soup....


1

第一に、listというビルトインキーワードに何かを代入するべきではありません。 さて、list[i]がlist index out of rangeになったということは、指定したiの要素が存在せず、従ってリストの中身が空であるか、またはrange(3)なので、少なくともiが2の時の要素が存在しません。 存在しない理由としての可能性はいくつかあります。 変数名listのサイズが3より小さい。 クラス名は一定ではない: BNeawe vvjwJb AP7Wnd というクラス名が動的に生成されているなら、これを指定してもその都度存在するとは限りません。 スクレイピングをブロックされた: Googleは不振な挙動を検出してIPをブロックします。 変数名listのサイズの問題を解決するには、range(3)...


1

可能性1: コンテンツ表示のためにページ内でjavascriptが使われている。 可能性2: bs4で要素のclassを取得する際に、配列として渡される。 2つの可能性を考慮して、seleniumを使って書き換えました。 from selenium.webdriver.chrome.options import Options from selenium import webdriver import bs4 chrome_options = Options() chrome_options.add_argument("start-maximized") chrome_options.add_argument("disable-infobars") chrome_options.add_argument("...


1

google側がスレイピングさせないようにdivタグやclass属性を書き換えているみたいです。以下その調査と報告です。 まず同じurlにブラウザからアクセスして、デベロッパーツールから検索して'.r > a'の要素があることを確認しました。 次に質問者さんと同じコードを実行しresp.textを見てみると、ブラウザから見れた<div class="r">タグが見つかりません。 おそらくスクレイピングの対策しているのだろうと考えました。https://www.google.co.jp/robots.txtを見てみると、リクエストしたurlはクローリングが禁止されています。 User-agent: * Disallow: /search ...


1

テキストだけで良いのであれば、以下で出来るでしょう。 from bs4 import BeautifulSoup import requests r = requests.get("********************") soup = BeautifulSoup(r.content, "html.parser") wordclass = soup.find_all("div", class_ = "word") wordlist = [x.text for x in wordclass] print(wordlist)


1

現在掲載されているサンプルコードだと動作しなかったため、標準的な対応方法をそれぞれについて解説します。 別々のリストに入った文字列からxx:xxという時刻の文字列を取り出し出力すること。今のままだと1800みたくなってしまいます。findallで取得したものの中に":"や"~"という文字は除外されてしまうみたいです。 現在コメントアウトしている正規表現が原因に見えます。例えば、 re.findall(r"[0-9~〜::]+", "spam18:00eggs") とすることで、 : や 〜を含む文字列を時刻の形式で取得することができます。 ”~”の文字列に反応して開始時刻と終了時刻を別々に区切って出力すること。 18:00~23:00なら 18:00と23:00を別々のセルに 上記の方法で取り出したあと、...


1

#foo > .bar というように、子セレクタを利用することで fooというidの小要素だけを指定して取得することができます。 子結合子 | MDN


1

srcsetを検索する手法を試しました。 foo = soup.findAll('img', attrs = {'srcset' : True}) 以上で、fooにはそれらのリストが格納されます。 ※soupはBeautifulSoupを用いてlxml形式へと変換させてものです。 ここからウェブサイトの記述規則などを判断し、splitを用いて画像のURLを特定することができます。 この際、先頭にある空白などに留意することでコードチェックをスムーズにできます。 URLさえ割り出せれば問題なくスクレイピングが可能でした。 なお、画像のサイズの順序はウェブサイト側に合わせるしかなく、柔軟に対応するためには、wxの値を評価することで最も大きいものを選ぶよう実装しました。


1

はてなブックマークの場合は、requestsとbeatifulsoupを使ってスクレピングが可能です。課題については、次のようにして対応できると思います 課題1 ログイン 最初のidとパスワード はてなブックマークのログインページに行き、ログインフォームのパラメータを調べる。しかし、ガードが掛かっているので、requestsではログインできませんでした。 課題2 javascriptによる無限ロードページですが、ページ数が書いてあるボタンが下部にあったのでそれが使えるかもしれません。 はてなブックマークのページは、基本はGETで取得できるので、それを使います。また、下部のページ数が書いてある場所を利用してページの情報を取得します。はてなブックマークのページは、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります