次のタグが付いている話題の回答:

8

command1 & command2 のほうは command1 & command2 と同じ挙動になります。 command1がバックグラウンド実行される結果、command1とcommand2が同時に実行されることになります。


8

&& は論理積で「左辺のコマンドが正常終了した場合のみ、右辺のコマンドを実行する」です。 よくある例は、./configure が成功した時のみ make を実行する、など。 $ ./configure && make && make install


6

手元でも再現出来ました。 みたところWindowsのコマンドプロンプトのバグっぽいです。 対策としては、 wsltty 等の別の(まともな)端末エミュレータを使う 標準のコンソール(コマンドプロンプト)を使うならば、以下の設定を .vimrc に追加する set t_ut= の二つが考えられます。


6

質問冒頭 bashで正規表現 という表現がそもそもの問題がどこにあるかを正しく理解できていないことを示しています。bashももちろん正規表現を扱うことがありますが、今回は無関係です。 今回、bashはgrepという外部プログラムを起動するだけです。 grepとしても$は行末を表すメタ文字ですので、この機能をキャンセルするためには\でエスケープする必要があります。つまりgrepが受け取るべき引数文字列は\$です。 次にbashにおいて、\はエスケープ記号、$は変数の接頭辞とどちらも特殊な機能を持つためそれぞれ\でエスケープする必要があります。つまりbashに入力すべき文字列はgrep \\\$となります。 この手のエスケープをエスケープしてわけがわからなくなることを傾斜爪楊枝症候群と呼ばれています。 ...


6

歴史 もともとechoはどのようなオプションもエスケープシーケンスも解釈せず、ただ引数を標準出力に渡すだけの単純なものでした。Version 6 Unixのecho.cにはforループとprintfしかありません。V6は1975年にリリースされています。 https://www.in-ulm.de/~mascheck/various/echo+printf/ About the history, from Gunnar Ritter in <3B98D626.HL11B46E@bigfoot.de> (rough translation by me), motivating this page: "Research Unix -> 32v -> BSD had "-n", ...


6

歴史的事情というやつにより、改行コードには CR と LF と CR+LF の3種類があります。 \r は CR \n は LF tr はバイト単位で操作しますので tr -d '\n' は LF のみ削除することになります。一方で Windows / MacOS / Unix クロスプラットフォームなツールは3種類の改行をどれでも受け付けるものがあります。もともと Windows で作成した CR+LF 改行のファイルから LF のみ削除しても CR が残っているので、ツールは単独 CR を普通に改行として扱う可能性があります。 # cygwin を使っていると Unix 由来の LF 改行と MS-DOS 由来の CR+LF 改行が混在する羽目になって面倒が多かったり CR と LF ...


5

無理してエスケープせずにheredocを /bin/bash に食わせてはどうですか。 /bin/bash -l -- <<'EOF' for e in $(conda env list | grep mlflow | awk '{ print $1 }') do echo "conda env remove -n $e" conda env remove -n $e done EOF <<'EOF' のようにシングルクォートでくくれば変数は展開されません。 -l でログインシェルになるので ~/.bash_profile を読むようになります。


5

シェバンを解釈するのはexecveのようです。 シバン (Unix)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)の補足を参照のこと /bin/bash ./hoge.shではexecveを呼び出されず、-xが効いていません。 straceで調べてみましたがやはり、execveでhoge.shになり替わっていませんでした。 /bin/bash ./hoge.shはhoge.shを単なるデータとして読み込んでいるようです。 hoge.sh #!/bin/ls -l echo hello をbashに渡すと、helloと出力されますが、./hoge.shだとls -lが実行されます。


5

この場合クォートは余計な気がします。クォート無しだとどうでしょうか。 /usr/bin/pg_ctl start -D /data/pgsql


4

コマンドの前に書かれた >&2 も標準エラー出力にリダイレクトするという意味です。シェルスクリプトのログをエラー出力に流すために使われています。 Bash のマニュアル 3.6 Redirections に次のとおり書かれています。 The following redirection operators may precede or appear anywhere within a simple command or may follow a command. (和訳) リダイレクト用の以下の演算子は、単純なコマンドの前に置いたり途中に置いたり、後に置いたりします。 今回のような使い方をすると、echo の出力のみをエラー出力に流すことになります。つまり、...


4

1行でまとめて実行するか、 $ BASH_ENV=~/.bash_aliases bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export で環境変数 BASH_ENV を設定してから実行してみてください。 $ export BASH_ENV=~/.bash_aliases $ bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export を付けず単に BASH_ENV=~/.bash_aliases を実行しただけでは、コマンド実行後に設定が残りません。 $ printenv BASH_ENV $ # 事前に何も設定されていないことを確認 $ BASH_ENV=~/....


3

#! /bin/bash echo "=========" cat echo "=========" cat echo "=========" このスクリプトでは、最初のcatでEOFが検出された後、次のcatでも即座にEOFが検出されるので、スクリプトを修正しないと要望されていることはできないと思います。


3

'' で囲めばいいのですが、注意すべき点があります。 '' の中では \ も単なる文字でしかなくなるので、エスケープする手段がなくなる 従って、囲った中に ' を含めることができない では ' をどうしたらいいかと言うと、 一旦 ' で閉じる ' を単なる文字として書く 再び ' を開く とします。 ' を単なる文字として書くには、主に2つの方法があって、\' のようにエスケープするか、"'" のように "" で囲みます。エスケープする方法は metropolis さんのコメントにあるので、私は "" で囲む方法で書いてみました。 /bin/bash -c 'source /home/ec2-user/.bash_profile for e in $(conda env list | grep ...


3

https://www.php.net/manual/ja/features.commandline.options.php によると Arguments passed to script. Use -- args when first argument starts with - or script is read from stdin とあります。読めば納得なはずですが、どう納得できないでしょうか? 例示例では php スクリプトが php の標準入力から与えられています( curl の標準出力からパイプで受け取っています)つまりまさにマニュアルにある状況です。このとき - コマンドラインで起動する php 実行ファイル自体へのオプションでなく - php ...


3

エスケープ文字は\とは限らず言語ごとに異なります。 一例としてWindowsのバッチファイルの場合、 <、>、|、&、!などの記号は^でエスケープします。^自身も^でエスケープします。 変数を表す%は%%と重ねることでエスケープされます。


3

異なります。 Javaに関しては、ここの「Escape Sequences」のセクションに記載されています。 The Java™ Tutorials - Characters 「"Escape Sequences" ruby」のようなキーワードでググってみれば、他の言語についても分かると思います。


3

パターンをシングルクォートでくくってみてください。 grep 'idea.$' zen.txt 裸の$などはシェルによって解釈されてしまうので、そういった場合にクォートでくくります。 (追記) 行末に\が含まれるのであれば、以下の通りエスケープして試してください。 grep 'idea.\\$' zen.txt


3

bash のヒアドキュメントは文字列リテラルではなく標準入力として扱われます。 そのため記載されたソースでは 変数 COMMAND に格納しているつもりかと思いますが COMMAND には何も格納されません。 エスケープが大変さがどの程度のものかわかりませんが、共通処理化したいのであればふつうに関数化するのはいかがでしょうか? myls() { ls \ -l \ "$@" ; } myls ~ myls /


3

エラーメッセージがJSON文字列で表現されているので、エスケープを外すと Syntax Error while loading YAML. expected <block end>, but found '<scalar>' The error appears to be in '/home/ec2-user/git/ansible/roles/inspector/tasks/user.yml': line 17, column 50, but may be elsewhere in the file depending on the exact syntax problem. The offending line appears to be: shell: | for ...


3

envsubstを使ってみては?環境変数を展開してくれます。 cat sample.json | ver=123 envsubst 参考 低機能でポータブルなテンプレートエンジンが欲しい→そこでenvsubstですよ - Qiita bashで環境変数をexportせずにシェルスクリプトを実行したい場合はコマンドの前に記述することで代替できる - コード日進月歩 ver=123が何をしてるかの説明です。


3

その本で述べられている これらの再実装を通じて,(……)既存のツールのエコシステムを体感します. という部分の趣旨を取りこぼしている気がします。 プログラムでも記述する必要があるのか や 同じ処理を行うためにプログラムが必要なのは という疑念を述べておられますが、「必要(ニーズ)があるから」そのような代用品を作るための学習をするという話ではなくて、 UNIX のコマンドもその実体は C 言語やものによっては Python などの何らかの言語で記述されたプログラムです。 あなたが、ユーザー側の立場で誰かが作成した既存のプログラムである UNIX コマンドを一行で実行するのは簡単です。 そうではなくて、あなたが開発者(エンジニア)側、プログラマーとして、...


3

比較演算子 != と 100 の間にスペースが無いのが原因じゃないでしょうか。 正しくは while [ $count != 100 ]


2

エスケープ文字およびエスケープシーケンスは、各種言語において「文字」あるいは「文字列」の中で、ソースコードの見た目と違う機能を引き出す処理と考えていいでしょう。 んで c も java も python あるいは ruby も、エスケープ文字として逆斜線文字を採用し、エスケープシーケンスも似通っています(同一でないので要注意:各言語の仕様書なり解説書なり参照のこと)何か理由なり根拠なりありそうです。 これは妄想ですが、各種言語は、古くからある c 言語のユーザーを自分の陣営に取り込みやすくするため、移行中の c ユーザーが混乱しないよう c 言語に似せたエスケープ文字(エスケープシーケンス)を採用したと個人的には思います。なので、エスケープ文字として「決まった文字」があるわけではないけれど、...


2

デフォルトでは~/.profileや~/.bash_profileはログインシェルが起動するときに読まれます。 bash -lやbash --loginのようにログインシェルとして起動すると希望通りに動作すると思います。


2

シェルスクリプト内でperlを使うことに抵抗がないなら、packを使うと第1引数のテンプレート文字列で変換方法を指定しつつ柔軟にバイナリ化させることが出来ます。 $ perl -e 'print pack( "NVnvCa15", 0x12345678, 0x12345678, 0xabcd, 0xabcd, 9, "test string" )' | hexdump -C 00000000 12 34 56 78 78 56 34 12 ab cd cd ab 09 74 65 73 |.4VxxV4......tes| 00000010 74 20 73 74 72 69 6e 67 00 00 00 00 |t string....| 0000001c


2

コメント欄で解決しているようですので、回答として転載しておきますね。 2桁の16進数の並びであれば echo 011affb0ab | grep -Eo '..' | xargs -n1 -I@ printf '\x@' でしょうか。 – metropolis 追加: sed 版 $ printf $(echo 011affb0ab | sed -E 's/(..)/\\x\1/g') | od -tx1a 0000000 01 1a ff b0 ab soh sub del 0 +


2

インストール手順 を参照すると、ソースコードからビルドする場合には configure を実行する前に ./autogen.sh を実行するように、と記載があります。 ソースコード をダウンロード/展開した直後には configure ファイルは含まれていないので、 上述の autogen.sh を実行する事で生成されるはずです。


2

(コメントより) 絶対パスで指定するか、/usr/bin/env -i /bin/bash --norc --noprofile もしくは source /etc/environment として system の PATH 設定を使うのも良いかと。


2

質問者さんの別の質問において次のような操作をされていますが、これのせいで既存の PATH がすべて喪失していそうです。 export PATH=$aw-server:/home/yusuke/.local/bin export PATH=$aw-watcher-afk:/home/yusuke/.local/bin export PATH=$aw-watcher-window:/home/yusuke/.local/bin つまり、既存の PATH を含めた形で export PATH="/path/to/new/directory:$PATH" のように書く必要があるところ、そうなっていないので PATH の内容がほとんど無くなってしまい、実行可能ファイルが見つからなくなってしまっています。 ~/....


2

既に解決?済みなので参考までに。 承認済回答のコメント欄に書きましたが、FIFO(named pipe) を使います。 fake_eof.sh #!/bin/bash exec 2>/dev/null ./test.sh < fifo & cat txt1.txt > fifo dd if=/dev/null of=fifo bs=1 count=1 cat txt2.txt > fifo FIFO ファイルを作成して(mkfifo fifo)、./fake_eof.sh を実行すると、環境によっては質問欄にある様な出力になります。要は FIFO(named pipe) に対する read/write のタイミング次第ですので、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります