次のタグが付いている話題の回答:

6

歴史的事情というやつにより、改行コードには CR と LF と CR+LF の3種類があります。 \r は CR \n は LF tr はバイト単位で操作しますので tr -d '\n' は LF のみ削除することになります。一方で Windows / MacOS / Unix クロスプラットフォームなツールは3種類の改行をどれでも受け付けるものがあります。もともと Windows で作成した CR+LF 改行のファイルから LF のみ削除しても CR が残っているので、ツールは単独 CR を普通に改行として扱う可能性があります。 # cygwin を使っていると Unix 由来の LF 改行と MS-DOS 由来の CR+LF 改行が混在する羽目になって面倒が多かったり CR と LF ...


5

この場合クォートは余計な気がします。クォート無しだとどうでしょうか。 /usr/bin/pg_ctl start -D /data/pgsql


4

1行でまとめて実行するか、 $ BASH_ENV=~/.bash_aliases bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export で環境変数 BASH_ENV を設定してから実行してみてください。 $ export BASH_ENV=~/.bash_aliases $ bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export を付けず単に BASH_ENV=~/.bash_aliases を実行しただけでは、コマンド実行後に設定が残りません。 $ printenv BASH_ENV $ # 事前に何も設定されていないことを確認 $ BASH_ENV=~/....


4

シェルの挙動 シェルは与えられたコマンドライン文字列に対して変数展開 (variable expansion)、ワード分割 (word splitting)、パス名展開 (pathname expasion) などを実行し、その結果をコマンドとして実行します。 echo ${fuga} がどのように解釈されるかというと: 変数展開が実行され echo string と解釈される (echo と string の間に (スペース 2 つ)) ワード分割により空白文字 (1 文字以上のスペースやタブなど) で分割され echo と string の 2 要素として解釈される。 echo コマンドにコマンドライン引数 1 つ string を指定して実行する。 echo コマンドの実行により string ...


3

比較演算子 != と 100 の間にスペースが無いのが原因じゃないでしょうか。 正しくは while [ $count != 100 ]


3

bash のヒアドキュメントは文字列リテラルではなく標準入力として扱われます。 そのため記載されたソースでは 変数 COMMAND に格納しているつもりかと思いますが COMMAND には何も格納されません。 エスケープが大変さがどの程度のものかわかりませんが、共通処理化したいのであればふつうに関数化するのはいかがでしょうか? myls() { ls \ -l \ "$@" ; } myls ~ myls /


3

wc コマンドは ファイル の情報を取得するコマンドです。 find . で実行すると、ファイルと ディレクトリ の一覧が表示されます。 今回の場合であれば、以下の様に find で ファイルのみ を検索するようオプション指定するのが一つの方法かと思います。 find . -type f | xargs wc -c > file.txt


3

その本で述べられている これらの再実装を通じて,(……)既存のツールのエコシステムを体感します. という部分の趣旨を取りこぼしている気がします。 プログラムでも記述する必要があるのか や 同じ処理を行うためにプログラムが必要なのは という疑念を述べておられますが、「必要(ニーズ)があるから」そのような代用品を作るための学習をするという話ではなくて、 UNIX のコマンドもその実体は C 言語やものによっては Python などの何らかの言語で記述されたプログラムです。 あなたが、ユーザー側の立場で誰かが作成した既存のプログラムである UNIX コマンドを一行で実行するのは簡単です。 そうではなくて、あなたが開発者(エンジニア)側、プログラマーとして、...


3

envsubstを使ってみては?環境変数を展開してくれます。 cat sample.json | ver=123 envsubst 参考 低機能でポータブルなテンプレートエンジンが欲しい→そこでenvsubstですよ - Qiita bashで環境変数をexportせずにシェルスクリプトを実行したい場合はコマンドの前に記述することで代替できる - コード日進月歩 ver=123が何をしてるかの説明です。


3

エラーメッセージがJSON文字列で表現されているので、エスケープを外すと Syntax Error while loading YAML. expected <block end>, but found '<scalar>' The error appears to be in '/home/ec2-user/git/ansible/roles/inspector/tasks/user.yml': line 17, column 50, but may be elsewhere in the file depending on the exact syntax problem. The offending line appears to be: shell: | for ...


3

${EUID:-${UID}} = 0 は変数EUIDが未定義または値が空のとき、変数UIDの値と0を比較しています。 bashの例ですがmanマニュアルに詳しい説明があります。 https://linuxjm.osdn.jp/html/GNU_bash/man1/bash.1.html ${parameter:-word} デフォルトの値を使います。 parameter が設定されていないか空文字列であれば、 word を展開したものに置換されます。そうでなければ、 parameter の値に置換されます。


2

(コメントより) 絶対パスで指定するか、/usr/bin/env -i /bin/bash --norc --noprofile もしくは source /etc/environment として system の PATH 設定を使うのも良いかと。


2

変数の値を参照して curl コマンドを実行しつつ、結果のステータスコードを変数に代入する実行例です。 $ export SOja="https://ja.stackoverflow.com" $ status_code=`curl -o /dev/null -w '%{http_code}\n' -s ${SOja}` $ echo $status_code 200


2

別の方の回答のように関数化するか、配列変数を用いましょう。コマンドラインの引数を含めた文字列を含む変数の展開は、変数展開後に行なれるワード分割とパス名展開がどう適用されるか理解していないと危険です。 配列変数の例を紹介します。 #!/bin/bash ls_custom=(ls -l -d) "${ls_custom[@]}" ~ "${ls_custom[@]}" /etc /var 参考までに、「変数に入れる文字列を複数行で記述したいが使用(変数展開)するときに改行は不要」という要件を満たす書き方もどうぞ。 #!/bin/bash COMMAND="\ ls \ -l " $COMMAND ~


2

質問に対する直接の回答です。 【ヒアドキュメントの記述例その1】 COMMAND=$(cat <<EOS ls \ -l EOS ) 【ヒアドキュメントの記述例その2】  Bourne Shellでも使える方法です。 COMMAND=`cat <<EOS ls \ -l EOS ` 【オプションを細かく分ける方法】  ヒアドキュメントを使わずにオプションを細かく分けてもよいと思います。 OPT_A="AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA" XXX="XXXXXXXXXXXXXXXXX" YYY="YYYYYYYYYYYYYYYYY" OPT_B="BBBBBBBBBBBBBBBBB ${XXX} ${YYY} ...


2

KTIさんが本来行いたいことは、 連続した引数リストの中からn個の引数を取り、それをパラメーターとしてコマンドを実行するを引数÷n回繰り返したい。 ということではないでしょうか? であれば、ヒアドキュメントを使わずに #!/bin/sh while [ -n "$1" ] do arg1=$1 shift echo "count" \ $arg1 done 結果 count 1 count 2 count 3 count 4 count 5 count 6 一回のコマンド実行に必要な可変パラメーターが複数個の場合は #!/bin/sh while [ -n "$1" ] do arg1=$1 shift arg2=...


2

身近にあるもの(コマンド)を題材として、一行で済むものを実現するにはどんなプログラムを書く必要があるのか…を体験するためではないでしょうか。 一行で済むコマンドも、魔法で結果が出てくるわけではありません。中身が同じになるとは限らないけど、入力と出力を与えられた時にどんなプログラムを書けばよいかの練習材料だと私は思いました。


2

勉強のためだからではないでしょうか? うろ覚えですが、「素数夜曲―女王陛下のLISP | 吉田武著」の最後に、 「車輪の再発明」は、勉強には非常に効果があると書かれており、納得した記憶があります。


2

JSON パーサーとして有名な jq コマンドには質問文にあるような形式の JSON をテンプレートとみなして処理するオプションがあります: Using jq as a template engine。 $ cat sample.json { "red": "aaaaa", "green": $ver, "yellow": "ccccc", "blue": "ddddd" } $ cat test.sh ver=123 jq -n --argjson ver "\"$ver\"" -f sample.json > output.json $ bash test.sh $ cat output.json { "red": "aaaaa", "green": "123"...


2

ssh __Hoge echo "hello" これでは、sshが終了してからechoを実行することになります。 sshのmanpageには ssh [-46AaCfGgKkMNnqsTtVvXxYy] [-B bind_interface] [-b bind_address] [-c cipher_spec] [-D [bind_address:]port] [-E log_file] [-e escape_char] [-F configfile] [-I pkcs11] [-i identity_file] [-J destination] [-L address] [-l login_name] [-m mac_spec] [-O ctl_cmd] [-o option] [-...


2

また、最初の実行と同じように、直ちにtest.shを終了するにはどうすればいいでしょうか。 伽語蓮弥の回答にあるとおり、P1には./test.sh && echo "yes"のPIDが格納されます。 ./test.shはP1の子のプロセスなので、 kill $P1 の代わりに pkill -P ${P1} #親プロセスを指定してkill とすることにより./test.shが終了します。


2

hogeを作成時点でデフォルトパーミッションでhogeディレクトリ作成されます。※親の権限は引き継ぎません。 そのデフォルトパーミッション的にhogeの下に子ディレクトリ作成できなくなっていないでしょうか? shの実行者がusernameなのかも気になります。 1度hogeまで作成するshに変えて実行してみて、作成された/home/username/hogeの権限を確認してみてはいかがでしょう。


2

シェル変数(STDERR_CACHE)に格納する方法はどうでしょうか。mysendmail への入力には bash の here string(<<<) を使います。 #!/bin/bash : STDERR_CACHE="$(mycheck 2>&1 >/dev/null)" exit_status=$? echo "${STDERR_CACHE}" >&2 if [ ${exit_status} -ne 0 ]; then mysendmail <<< "${STDERR_CACHE}" exit -1 fi


2

スクリプト中のダブルクォート"の使い方がいろいろとおかしいと思います。 まずsudo sh -c "で始まるダブルクォート"とスクリプト中に含まれているダブルクォート"が重複していて構文的におかしくなっています。 またsudo sh -cで使用するクォートはその内部の展開が外側のシェルスクリプトの側で行われてしまうのを極力避けるためにシングルクォート'で囲むべきです。 "whoami"はその文字列そのものではなく、whoamiコマンドの出力結果文字列を取得することを意図していると思われるので、ダブルクォート"ではなくバッククォート「`」で囲む必要があります。 とりあえず以上のことを加味した修正例が以下のようになります。 #!/bin/...


2

質問に書かれた sed のパターンには正規表現が含まれておらず "単純な文字列" なので、完全に一致した場合にしかマッチしたと判定されず、コメントで指摘のある通り空白文字の数が少し違うだけ等の場合にうまく動かないでしょう。 今回の場合であればもっとパターン部分を単純にして「行の末尾にある "adm" を "clamav" に置換」で良さそうです。(パターン部の $ が末尾を表します) $ sed -e 's/adm$/clamav/' /etc/logrotate.d/clamav-update 補足として、上記の通りパターンを変えたとしても sed の実行結果は標準出力に表示されるだけなので、元のファイルは書き換わりません。 ...


1

rename 's/\.sh$/.txt/' *.sh で変換できると思います。


1

この Docker イメージを最初から一般ユーザーとして実行する想定なのであれば、イメージを作る際、つまり Dockerfile の時点から一般ユーザーを作って一般ユーザーとして立ち上がるようにしておくのがよくあるやり方です。この方法であれば環境変数も普通の ENV 命令で与えられます。 つまり、useradd & groupadd などお使いの OS に準拠したやり方でユーザーを追加し、USER 命令でそのユーザーとしてログインするように指定すれば良いです。 英語版の関連質問: How to add user with dockerfile?


1

lsof コマンドの実行結果一覧に httpd と出ているので、恐らく Apache のプロセスが既に起動しており :80 のポートを使用している状態なのだと思います。 以下のコマンドを実行して Apache を停止してみてください。 $ sudo apachectl stop


1

$OLD_RULESを二重引用符で囲んではいかがでしょうか。一重引用符'とは異なり、変数の内容を展開してくれます。 --ip-permissions "$OLD_RULES" --ip-permissions $OLD_RULES では、$OLD_RULESに空白が含まれていると、空白までの文字列が--ip-permissionsに渡されてしまいます。 --ip-permissions '$OLD_RULES' では、質問にも書かれているとおり、$OLD_RULESという文字列そのもが--ip-permissionsに渡されてしまい、変数の内容が展開されません。


1

5 1 2-31 * mon root sh /hoge/hoge/hoge.sh こちらの条件は「1日以外の全ての月曜日」という条件ではなく、「1日以外もしくは、月曜日」という条件であると解釈されます。 ですので、個人的には、以下のように記述するのが良いのではないかと思います。 5 2 1 * * root sh /hoge/hoge/special.sh # crontab のコマンド部分において、 % だけは特殊処理されてしまうので、\ でエスケープ。 # 詳細は man 5 crontab を参照。 5 1 * * mon root [ $(date +\%d) -ne 1 ] && sh /hoge/hoge/normal.sh これにより、日付ごとの振り分け処理が ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります