次のタグが付いている話題の回答:

2

残念ながらそれはできないはずです。Organizationはセキュリティ最大の枠になるので、どうしてもほかのユーザー(特にAzure ADのguest)を参照させたくない場合はorganizationを分割することになります。 現在はOrganizationを分割してもサブスクリプションが同一であれば、費用は一つにまとめられるので、ユーザーでセキュリティの範囲を考えるといいかと思います。


1

dllやlibの出力設定はvcxprojファイルで設定したパラメータに依存します。そのままでRelease/x64 フォルダーにビルドされたファイル(dll/lib)が出ているはずです。 あとはRelease/x64フォルダーにあるdll/libをcopyfilesタスクで$(Build.ArtifactStagingDirectory)へコピーしてPublishArtifactsタスクで発行すればAzure DevOps内で保持されます。 挙動がわかりづらければSystem.Debugをtrueに設定すれば、コンソールにログが出ますので、どこに出力されるのかわかりやすいです。手動ビルド時にも指定できます。


1

この無料の範囲は購入者やAzure ADベースで動いているのか、MSアカウントで動いているのかでいろいろ変わります。 MSアカウントで動いている場合 organization単位で5人ずつのはずです Azure ADで動いている場合 Multi Organization Billingを有効にしていると、サブスクリプション単位で5人です。 これが無効の場合はOrganization 単位で5人のはずです。 Visual Studio サブスクリプションを持っている人はこの無料枠に入りません。その場合、Visual Studioサブスクリプションに関連付けられているAzure ADかMSアカウントでログインしなくてはなりません。


1

OS 側に複数の IP アドレスを付与したいのであれば、Azure 側のネットワークインターフェースにも IP アドレスを付与してください。 参考: https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-multiple-ip-addresses-portal Azure の仮想ネットワークが認識できるアドレスは Azure 側のネットワークインターフェースに付与されたものだけです。OS 側だけに IP アドレスを付与した場合、仮想ネットワークはこの IP アドレスの存在を認識できませんので、この IP アドレス宛てのパケットを転送しません。結果として OS 側だけに設定されている IP アドレスへの Ping が失敗します。...


1

自己解決しました 「Repos」->「Branches」でpushを禁止したいブランチの「Branch policies ※1」を選択して 「Require a minimum number of reviewers」の人数を1人以上にして、自分が出したPRを承認できるように「Allow requestors to approve their own changes」にチェックを入れました こうすることで期待の動作になることを確認しました また今回は試しておりませんが、kkamegawa様が提案されたブランチのロックと組み合わせることで、履歴の変更も含めて、より強固にブランチを保護できると考えております Locking is ideal for preventing new changes that ...


1

この関数はなぜStartCapturingAudio()やStopCapturingAudio()中で引数無しで使用できているのでしょうか。 利用できていると言うより、DictationRecognizer クラスから 呼び出される関数を DictationResult イベントハンドラに登録しています。 そして DictationRecognizer クラスが 認識されたテキスト を下記のようにイベント通知すると string msg = "認識されたテキスト。"; DictationResult?.Invoke(msg, ConfidenceLevel.High); イベントハンドラに登録された 複数の 関数が呼び出される仕組みです。 例えば m_DictationRecognizer = ...


1

左辺値 dictationRecognizer.DictationResult はイベントです。関数を使用しているのではなく、後で呼び出してもらうよう登録しているだけです。 そしてプログラムでイベントをサブスクライブするにはで説明されているように従来から使用可能な書式 dictationRecognizer.DictationResult += new DictationRecognizer.DictationResultDelegate(DictationRecognizer_DictationResult); に対してC# 2.0以降で使用できる簡略化された書式 dictationRecognizer.DictationResult += ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります