次のタグが付いている話題の回答:

3

自己解決しました。 下記の部分でコンソールにログを表示していましたが、 これが、ブラウザ標準のエラーログと勘違いしていました。 .catch(error => { console.info(error) }) console.info(error)の結果 Error: Request failed with status code 500 at createError (createError.js?16d0:16) at settle (settle.js?db52:18) at XMLHttpRequest.handleLoad (xhr.js?ec6c:77) 下記のようにconstで受け取り、statusを判定することで、 status毎の処理分岐ができそうです。 async ...


2

問題はreact-global-configurationが依存しているパッケージであるserialize-javascript内でアロー関数が使用されている点にあります。ご提示のbabel-loaderの設定にexclude: /node_modules/とありますから、node_modules内にある依存モジュールに対してはbabelの処理が行なわれていません。 実は、この問題はserialize-javascript側で昨日修正されました。ですので、以下のコマンドを実行してserialize-javascriptを最新版にアップデートしてからビルドし直すことで解決すると思われます。 npm update serialize-javascript --depth 2 これは余談ですが、@babel/...


2

こちら自己解決しました。 原因は vue-loader で、バージョン15から指定の仕方が変わったために、 @storybook/vue が動かなかったようです。 https://github.com/storybooks/storybook/issues/3492 上記のissueを発見し、 @storybook/vue@4.0.0-alpha.16 をインストールしたところ無事動きました。


2

searchResult.mapをラップしている({})が不要ですね。 <ul></ul>の中身を次のように置換すると良いでしょう。 {searchResult !== null && searchResult.map((item: any) => { return <li>{item.volumeInfo.title}</li>; })}


2

api側の実装のレスポンスの設定が不適切だったことが原因。 修正前 res.status(201) 修正後 res.status(201).end()


2

最初に言いたいのは、SSではなく、コードを書いた方がいいと思います。そして、SSにはtemplateの中身しかみられません。例えばtoggleDone() methodの中で何が起こっているか確認したいのですが、これでもやりたいことを想像して、サンプルとして、何か書きましょうか。 チェックバックス使いたくないようですので、v-modelなしの方法を考えましょう。 template      @click="toggleDone(todo.id, todo.done)"> クリックする時にparamとしてIDも送りましょう。 script methods: { toggleDone(id, done){ let new_done = done == true ? ...


2

Cross Originはscheme, host, portのいずれか一つでも異なる場合にその扱いになります。 サーバー側はhttp://localhost:7000に対して、クライアント側(ブラウザ)はhttp://localhost:5000です。 schemeはhttp、hostはlocalhost、portは5000と7000でportが異なることからCross Originの扱いになります。これを許可するにはrails側でlocalhost:5000のoriginからの通信を許可する必要があります。これに関してはrailsのoriginsに指定されているので問題ありません。これ以外の記述は不要でしょう。 今回問題になってるのはaxiosのbase URLです。...


2

Vue.jsをブラウザ上で動作させる場合、axiosでHTTPリクエストを行うのもブラウザです。そのため、必然的にブラウザがアクセストークンを知ることになるため、質問者さんのおっしゃる通り、どうしようもないです。 アクセストークンをブラウザ(クライアント側)に知られてはいけない場合、トークンを知っているAPIサーバーを用意し、クライアント(Vue.js)からはそのAPIサーバーに対してリクエストを発行、アクセストークンを用いた実際のリクエストはAPIサーバーが行うという方法をとることになります。


2

インデントを合わせてみたところ、Appクラス定義の中で、const location = results.geometry.location;の行から、renderメソッド定義の前の行までの記述が、メソッド定義の外に出てしまっているようです。 class App extends Component { constructor(props) { // 略 } setErrorMessage(message) { // 略 } handlePlaceSubmit(place) { axios .get(GEOCODE_ENDPOINT, { params: { address: place } }) .then((results) => { ...


1

最終的には、 {searchResult !== null && searchResult.items.map((item: any) => { return (<li key={item.id}>{item.volumeInfo.title}</li>); })} というように直しました。


1

Dateインスタンスに変換後、好きなフォーマットに文字列化してはどうですか? const date = new Date( '2020-03-18T06:10:17Z' ); console.log(`${date.getFullYear()}-${date.getMonth() + 1}-${date.getDate()}`); // 2020-3-18


1

axiosのパラメータ指定方法まとめ とか axiosの使い方まとめ (GET/POST/例外処理) を見ると、params:を付けるのではなく、直接jsonを指定すれば良いのでは? そして受ける方も get_json() を使うとか。 HTTPリクエストからJSONを受信する この記事みたいに対策が必要かもしれませんが。 Electron-Vue+axios+FlaskでHttp通信を行いたい Setting header: 'Content-Type': 'application/json' is not working #86 Setting 'Content-Type' header does not work. #2544


1

質問に提示のコードにはいくつもの問題点があるようです。(最低限つまづいている部分が動くコードになればいくつかはエラーでわかるでしょう) ひとまず、根本的に質問のコードが何故動いていないのか。それはそもそもgetAnswerのアクションがどこからも呼び出されなくなっているからです。 watchでkeywordを監視するコードがありますが、そもそもそんなプロパティは存在しなくなっているためこれが発火することはありません。 推奨する書き方ではありませんが、次のように変更すれば最低限発火するようになり、他の問題点がみえてくるでしょう。 diff --git a/src/App.vue b/src/App.vue index 69884ab..5dec320 100644 --- a/src/App.vue +++ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります