次のタグが付いている話題の回答:

3

私はAWS Systems Manager オートメーションを使っています。 aws:changeInstanceStateで指定したインスタンスの起動し、起動完了を待つことができます aws:runCommandで指定したインスタンスに対して、SSMドキュメントを実行できます aws:runCommandではAWS-RunShellScriptドキュメントを指定することで、シェルスクリプトを実行できます


3

AWSに限らずHTTPSでは通信内容は暗号化されています。


3

Docker 17.06で--email/-eオプションは廃止されていますが、AWS CLIはデフォルトでは互換性のためにこれを出力しているそうです。 aws ecr get-loginに--no-include-emailオプションを付与することで-eオプションが出力されなくなりますが、そもそもget-loginは非推奨であり、aws-cli v2で廃止されました。get-login-passwordを使用してください。


3

まず、ACMはAWS Certificate Managerの略ですから、AWS ACMと表記するのは誤りです。 サービスと AWS Certificate Manager の統合に ACM 証明書またはプライベート ACM PCA 証明書を AWS ベースのウェブサイトとアプリケーションに直接インストールすることはできません。次のサービスの 1 つを使用する必要があります。 が全てかと思います。


2

https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-ruby/v3/developer-guide/setup-config.html#aws-ruby-sdk-credentials-environment 上記に記述がありますが、 AWS_ACCESS_KEY_ID 環境変数と AWS_SECRET_ACCESS_KEY 環境変数を、それぞれ設定したならば、 S3 クライアントのセットアップは、特に何も行う必要がなく、すなわち、引数なしでただただ new をすれば良いと思います。


2

ECUはAmazonが規定するCPU能力値です(FAQの下の方)。「変数」とは英語ページの「Variable」の訳語ですが、より適切には「可変」の方が伝わりやすいでしょうか。バーストにより変化することを表現したいのだと思います。 バーストパフォーマンスインスタンス Amazon EC2 では、定常パフォーマンスのインスタンス (例: M5、C5、R5) とバーストパフォーマンスインスタンス (例: T3) を選択できます。 と説明されています。T3/T2でなければ定常パフォーマンスであり、100%利用可能です。


2

※この回答は、AWS Athena も Fuel PHP も触ったことのない人がマニュアルを読んだだけで勘で書いたものです。 このエラーはおそらく、ダブルクォーテーションの扱いが上手くいっていないことに起因するものです。具体的には " で挟まれている文字列では "" が " の意味になることが伝わっていません。 というのも、CSV の読み取り方は以下の部分で指定されていますが、escapeChar が怪しいです。 ROW FORMAT SERDE 'org.apache.hadoop.hive.serde2.OpenCSVSerde' WITH SERDEPROPERTIES ( 'escapeChar'='\"\"', 'quoteChar'='\"', '...


2

ruleにtargetsのこのように指定することで解決できました rule = aws_events.Rule( self, id='cloudwatch-event', description=None, enabled=True, event_pattern=None, schedule=schedule, rule_name='ami-region-copy', targets=[aws_events_targets.LambdaFunction(handler=lambda_function)], ...


2

JSON をペイロードとして curl でリクエストを送る場合、Content-Typeヘッダーでそれを明示してやる必要があります。 curl https://example.com -d -d '{"user_id":"test"}' -H 'Content-Type: application/json' なお、API Gatewayでは構成の設定次第でJSON(デフォルト)以外にもXMLなども選べるようですが、とりあえずデフォルトはJSONの模様。ところで $input.body だと文字列のままで $input.json('$') であるべきだったのでは等と思ったり…… (ref) コメントで一応解決しているようですが回答として投稿。


2

昨日(2019/10/23)からAWSでDNSの障害が発生していたようです。 現在は収束していてステータス画面には表示されていません。 https://status.aws.amazon.com/ twitterや個人のブログを確認するとそれ関連のコメントや記事が流れているので確認をしてください。 また、一部ISPでもDNSの障害が起こっている情報もあります。※こちらは正式な情報は確認できていません。 その場合は、公式の情報をご確認いただき、DNSの設定を別のPublicDNSに変更するなど対応が必要になります。


2

VPCを10.0.0.0/16で作成し、サブネットを10.1.0.0/24で作成しました。 サブネットがVPCの範囲を超えてますね。 VPCのアドレス範囲内で、サブネットを分割してください。 VPC: 10.0.0.0/16 ... 10.0.0.0 ~ 10.0.255.255 まで Subnet1: 10.0.0.0/24 ... 10.0.0.0 ~ 10.0.0.255 まで Subnet2: 10.0.1.0/24 ... 10.0.1.0 ~ 10.0.1.255 まで :: Subnet256 まで作成できる (実際には AWSのほうで制限されて 上限は 200個まで) 下図のように、VPCの箱の中に、サブネットが入ってて、サブネットの箱の中にサーバーがある感じです。 ◆...


2

これはVPCの設定で用意したネットワーク領域が10.0.0.0 ~ 65536個分まで(第4オクテットから?)で、 サブネットは10.1.0.0~10.1.0.256まで用意されている認識で問題ないのでしょうか? サブネットは 10.1.0.0~10.1.0.255 までです もしこのサブネットで何かしらインスタンスを立ち上げようと思った場合10.1.0.0~10.1.0.256の範囲でIPアドレスを割り当てるイメージであっていますか? 0, 255 はネットワークとブロードキャスト用で予約されていて AWS ではさらに 1, 2, 3 も予約されてます 使えるのは 4 〜 254 の 251 個です もしIPが枯渇した、あるいは他にサブネットを分けたくなった場合は同じ様に10.2.0.0/...


2

CloudWatch Events Event Examples From Supported Services の中に AMI 作成/削除のイベントが見当たりません。 仕様が変わったのでしょうか? CloudTrail のログから RegisterImage, DeregisterImage を拾う方法が考えられますが、API 実行→ログのところで遅延があると思います。 CloudWatch Events Event Examples From Supported Services Tutorial: Log AWS API Calls Using CloudWatch Events


2

https://dev.classmethod.jp/server-side/ansible/systems-manager-to-execute-complex-ansible-playbooks/ こちらによると、任意に複雑な playbook(ディレクトリ構造)を ssm で実行できる様子なので、これで分岐処理も吸収できるのではないか、とおもっているのですが、いかがでしょうか? (自分は、この機能を使ったことがないので、本当に可能かは把握していません)


2

IOPSやスループットを管理されたストレージを2つ用意したところで、パフォーマンスは半減するだけです。RAID0管理のためのオーバーヘッド分遅くなるだけかと思われます。 suzukisさんが言及されているように、EBSボリューム2つでRAID0構成することでパフォーマンスは倍増します。ただし、EC2インスタンス側の制限を超えることはできません。 EBSボリューム単体性能(io1): 64,000IOPS、スループット 1,000MB/秒 EC2インスタンス上限(m5.16xlarge): 60,000IOPS、スループット 1,250MB/秒 という状況で、相当大きなEC2インスタンスでなければEBSボリュームの性能を出しきれません。


1

権限が足りないというエラーです。自分が使っている IAM ユーザーに iam:CreateRole という権限が付与されていないのでエラーが起きています。IAM のマネジメントコンソールからご自身が使っているユーザーにどのような権限が付与されているか確認してください。 自分でこの権限を増やせるなら、ご自身の管理方法を使って権限を増やせば良いです。ですがおそらくこの IAM ユーザーは自社の AWS 運用グループからもらったもので、意図的に iam:CreateRole が外されているのではないのでしょうか。この場合、IAM ユーザーを管理している方たちにどうすれば良いか伺ってみてください。


1

エラーメッセージの通りなんでしょうが。 プロトコルをTCP、ポート範囲を3306、ソースはカスタムでセキュリティグループIDを入れました。 実際に入れている値をスクショとって、共有すると回答が早いと思います。


1

EC2Role に同じ Role を設定し、 さらにインスタンスを再起動したところ システムマネージャーから見えるようになりました


1

kubectlは存在するKubernetesクラスターと対話するためのコマンドラインツールなのでkubectlでクラスターを作成することはできません。 eksctlはEKS(AWSのマネージドKubernetes)を管理するコマンドラインツールなので、EKSクラスターを作成することはできても、Kubernetesクラスターそのものを作成することはできません。 もしAWSのEC2上でKubernetesクラスターを作成したいのであれば、以下リンクを参考にkubeadmで作成することをお勧めします。 https://kubernetes.io/ja/docs/setup/production-environment/tools/kubeadm/create-cluster-kubeadm/ また、...


1

参考にしているURLの内容は古いのです。 事前にCloudTrailのログ記録を有効にして次のように設定してください。 サービス名: EC2 イベントタイプ: AWS API Call via CloudTrail 特定のオペレーション: DeregisterImage


1

存在しないドメインで送信した場合はソフトバウンスが適用されるため、質問者さんの認識の通り一定期間の送信の再試行を行います。 https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?threadID=110939 When attempting to deliver an email, Amazon SES will continue making delivery attempts until receiving a successful response, or until 12 hours elapse. If the receiving ISP returns a temporary error code (e.g., a 4xx SMTP code), ...


1

SNS で Lambda を実行するということではないでしょうか? SNS の送り先はメールだけじゃないです。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/sns/latest/dg/welcome.html


1

公式ドキュメントに、 no basic auth credentials というエラーが表示される際のトラブルシューティングが記載されております。 Amazon ECR 使用時の Docker コマンドのエラーのトラブルシューティング - Amazon ECR こちらを参考に、 正しいリージョンに対して docker loginを行ったか docker login の有効期限が切れていないか (追記)Docker for Windowsを利用している場合、 aws ecr get-login を行って生成されるコマンドから https:// 部分を削除して実行 を確認してみてください。 また、念の為利用中のアカウントにECRへの書き込み権限があるかなども確認してみると良いかもしれません。 ...


1

AWS CLI コマンド から取得する方法があるようです。 参考: get-instance-profile — AWS CLI 1.16.262 Command Reference 実行例 $ aws iam get-instance-profile --instance-profile-name ExampleInstanceProfile 出力結果 { "InstanceProfile": { "InstanceProfileId": "AID2MAB8DPLSRHEXAMPLE", "Roles": [ { "AssumeRolePolicyDocument": "<URL-encoded-...


1

plpgsqlで同様の内容に書き換えて、定義することで対応できました。 CREATE OR REPLACE FUNCTION square_root(precision bit) RETURNS int AS $$ BEGIN RETURN precision; END; $$ LANGUAGE plpgsql;


1

自己解決しました。 メールアドレスの有効性を確認するメールが来ていたのを見落としていたのが原因でした。 このメール中の有効性確認リンクを踏み、しばらく待つとhoge.example.jpで接続できるようになりました。


1

所有するドメインがexample.jpの場合、hoge.example.jp.ではなくexample.jp.ホストゾーンを作成する必要があります。その上で、Route 53から提示されたexample.jp. NSレコードのネームサーバをお名前.comに登録する必要があります。


1

delimiterオプションに/を指定してはどうでしょうか?


1

VPCのサブネットではDNSサーバーが提供されています。そのため、サブネットから外に出ることなく名前解決が可能です。 たとえば、CIDR ブロック 10.0.0.0/24 を持つサブネットの場合、次の 5 つの IP アドレスが予約されます。 ... 10.0.0.2: AWS で予約されています。DNS サーバーの IP アドレスは、常に VPC ネットワークのベースに 2 を付加したものですが、各サブネット範囲のベースに 2 を付加したアドレスも予約されています。


1

これまでローカルPCからssh経由で対象サーバーにレシピを実行していたんですが このレシピをなるべく改変せずに ssh のかわりに SSM を使って実行する方法はあるでしょうか 最初に回答した通り、SSMは複数台や定期的に複数回実行することを目的としているので、初期構築という意味ではあまり適切とは思えません。 Ansibleはsshをトンネルとして利用しManaged Nodeを制御します。しかしSSMはトンネルは提供せず、定型コマンドを実行するのみの機能となります。 対象サーバーに ssh さえあれば何もインストールする必要がない Ansible のメリットが損なわれます 勘違いされているようですが、AnsibleのManaged ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります