次のタグが付いている話題の回答:

3
Accepted

Cloudformationで作成したリソースを指定したIAM Roleの作成の仕方について

自己解決しました。 KinesisのようにArnのサポートがない場合は下記のようにFn::JoinでArnの文字列を生成することでResourceの指定ができました。 "Resource":[{ "Fn::Join": [":", [ "arn:aws:kinesis", { "Ref" : "AWS::Region" }, { "Ref" : "AWS::...
user avatar
  • 97
2
Accepted

CloudFormationとElastic Beanstalkの違いはなんですか?

CloudFormation は、あらゆる aws リソースを as code するものです。 terraform と同じレイヤーのものです。 Beanstalk は、heroku のような形でapplication だけ書けばそれ以外をなるべく自動化するように設計された(主に)ウェブサーバーのための機構です。 ここで、Provion とは何を指すか、という問題が発生しますが、何となくですが、...
user avatar
  • 1.6万
1
Accepted

sam テンプレートの serverless function の tags の書き方

ソースのしたの方の Event リソースの中の Tags というのがダメだったみたいで CloudFormation では任意のリソースに Tags がかけるみたいなんですが sam の場合は AWS::Serverless::Function の中しか Tags は使えないみたいで これを消したところ成功しました テンプレートソースの全文がかなり長かったので省略してしまったために ...
user avatar
  • 1,977
1

sam テンプレートの serverless function の tags の書き方

AWS::Serverless::Function の説明に Tags Lambda 関数に追加されるタグおよび対応する IAM 実行ロールを指定するマップ (文字列から文字列)。キーと値に使用できるのは英数字のみです。キーの長さは 1~127 文字の Unicode 文字です。「aws:」をプレフィックスとして使用することはできません。値の長さは 1~255 文字の Unicode 文字です。 ...
user avatar
  • 507
1
Accepted

CloudFormationのStackのParameterが、テンプレート内のデフォルト値を書き換えたにも関わらず更新されない

チラホラと述べられていますが、CloudFormation のテンプレートのデフォルトパラメータは、 Stack 作成時に、明示的に指定がない場合、その値でもって引数パラメータとして環境の初期化を行うための仕組みの様子です。 一度初期化した後には、デフォルトからコピーされた値が CloudFormation 上で管理されることになり、...
user avatar
  • 1.6万
1

cloudformation で、実リソースの template からの乖離の検知

そのものズバリのツールなどは確認できませんが、アイデアとしては構成可視化ツールを使って CloudFormation のデザイナーと比較するという方法が考えられるかと思います。 Cloudcraft – Draw AWS diagrams https://cloudcraft.co/ duo-labs/cloudmapper: CloudMapper helps you analyze your ...
user avatar
1

疑似パラメータとポリシー変数の共存

CloudFormationのFn::Join関数を用いると可能かと思われます。 Fn::Join - AWS CloudFormation cfn-iam-group.yml AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Description: A sample template Parameters: IAMUserArn: Type: ...
user avatar
  • 446
1
Accepted

CloudFormationでLambdaを追加するための、S3バケット作成からTemplateに反映までの作業を一括で実現する方法はないでしょうか?

SAMとaws cloudformation packageを使うのが良いと思います。 例えば、下記のtemplate.yamlのCodeUriのようにファイルのパスを指定します。 $ grep Uri template.yaml CodeUri: LambdaFunctionOverHttps.py $ ls LambdaFunctionOverHttps.py ...
user avatar
  • 345

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible