次のタグが付いている話題の回答:

2

Windows 10(x64)の環境でxyzzyのウィンドウを調べたところ下記のようになりました。 xyzzy 0.2.2.253@DESKTOP-******* - *scratch* ahk_class   ahk_exe xyzzy.exe つまり、emacs.ahkのis_target()に下記の行を追記すればReturn 1が実行されるかと思います。 IfWinActive,ahk_exe xyzzy.exe ; xyzzy Return 1 念のため、ご自身の環境でxyzzyウィンドウのahk_classとahk_exeをご確認されることをおすすめします。 xyzzyウィンドウの確認方法 1.タスクトレイのAutoHotKeyのアイコンを右クリックしてWindow ...


1

Autohotkey ではIMEの状態をとるのが難しいようなのでIMEの状態を切り替えるのではなくWindowsの入力言語として英語(日本語キーボード)を追加し、入力言語自体を追加することで解決しました。 日本語IMEを使ってるときはアルファベットを使わずに常に「ひらがな」を使うようにしています。 また無変換キーなどは入力中の言語によって送信されるキーコードが変化するため、まずChangeKeyを用い、F13~F15の使ってないキーに変更してからAutohotkeyの設定を行っています。 質問時はAutohotkeyのv1を使っていたのですが、以下のコードはv2のものになります。 ; 無変換(ひらがな入力) F13:: PostMessage 0x50, 0, 0x4110411,, "A" ...


1

AutoHotKeyの機能ではなく、GoogleIME側の機能を利用してIMEオンオフを切り替えるのはいかがでしょうか? Google 日本語入力プロパティ の 一般 タブ内、 キー設定の選択 から カスタム を選び、編集する モード:入力文字なし で 入力キー:かな 、 コマンド:IMEを無効化 を追加する モード:直接入力 で 入力キー:英数 、 コマンド:IMEを有効化 を追加する OK をクリックし、設定を適用させる この操作を行うことで、 「かな」を押せば日本語入力のひらがなモードになり、 「英数」を押せば日本語入力の英数モードになるような設定 は実現出来るかと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります