次のタグが付いている話題の回答:

8

概念的に言うと、 教師あり学習: 人間等が付けたラベルによって、教えられた構造を学び取る 教師なし学習: データから規則性を発見して学び取る という違いになると思います。 もう少し具体的に、0から9までの数字1文字が書かれた画像が沢山あるとしましょう。 この画像一枚一枚に、0から9までのどの数字が書かれているのかというラベルを人間が付けて、それを学習するのが教師あり学習です。 アルゴリズムが、人間の認識を真似るように学習が行われます。 学習が完了した暁には、新しい入力画像に対して、どの数字が書かれているのかを正しく判断できるようになります。 一方で教師なし学習の場合は、画像データがあるだけです。 学習アルゴリズムは、このデータだけをみてこのデータの性質を探ります。 すると、...


6

どのあたりまでご存知で、どのあたりをご存知でないかが質問文からはわかりにくいため、やや冗長な回答となります。尚、私自身は実装を行ったことはなく、あくまでフレームワークなどを試しに触っているレベルの1ユーザです。 背景知識 ゼロから始めるDeepLearning_その1_ニューラルネットとは - 分からんこと多すぎ ニューラルネットを実装するにあたって、その基本的な背景を知っていると良いかもしれません。 この方の連載記事を読み進めると、制限ボルツマンマシン(RBM)などについて概要を知ることが出来そうです。論文へのリンクもありました。 Theano で Deep Learning <3> : 畳み込みニューラルネットワーク - StatsFragments また、...


5

その記事の該当箇所は、 「非同期処理が如何にエネルギー効率の良さ(=省電力性能)に寄与しているか」を説明しているのであって、 「非同期処理が高速である」ということを説明しているものではありません。 一般に人間の脳(=ニューラルネット)の高速さ(処理能力の高さ)は、 非同期ではなくニューロンの超並列性によるものとされています。 その記事においても4096コアということですから、 超並列処理こそが高速さを生み出す源泉だと推測されます。 なおプログラミングにおける非同期は、I/Oの速度がCPUよりもかなり遅い、 すなわちCPUがI/Oを待つ時間をうまく別の計算に利用できるようにする仕組みです。 単純な高速化ではなく、処理効率を高めた結果として高速化する、 そういう手段の1つと考えられるでしょう。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります