次のタグが付いている話題の回答:

7

このエラーメッセージは、英語では以下になるようです1: User is not allowed to see the application.: The user is not allowed to see this application per the developer set configuration. これで検索するといくつか原因が出てきます: Apple側のレビュワーがFacebookのテスト用アカウントでログインしようとしていた2, 3 → Appleにテスト用アカウントを使わずにテストするように言う レビュワーのFacebookアカウントがブロックされていた3 Facebookアプリの設定でNamespaceを設定していなかった3 ...


5

個人的な経験はありませんが、英語の理解としては問題ないかと思います。 こちらの方のブログが参考になりそうです。具体的に Twitter や Facebook がどうしているかも述べられています。


2

確定的な回答を記述することは難しいですが、現在のところ、AppleとCordovaの公式から出ている情報をまとめさせていただきます。 新規提出の場合 以下のCordovaの公式ページを見てみてください。下記の公式情報によるとCordovaの64bit対応を含んだ最低バージョンはCordova3.4.1になっています。下記、公式ページによれば、Cordova 2.9ではApp Storeが求める64bit対応をサポートしていないことから、新規提出のアプリはリジェクトの対象になると思われます。 The first version of Cordova to include 64-bit for iOS is 3.4.1. Therefore, to meet these requirements of ...


1

まず始めにiOSアプリでは、UIBackgroundModesでlocationをセットするか否かに関わらず、Background起動時での継続的なレンジングはできません。 (ただし、約10秒間は動作します。) iBeaconのモニタリングは上記の設定に関わらずBackgroundでもアプリ停止時でも可能です。 レンジングはモニタリングに比べて消費電力が多くなるため、Apple側が制限をかけていると思われます。 もし、Background起動時でも、ある程度の時間、レンジングをしたいということであれば、UIBackgroundTaskを利用する方法があります。 ただし、最長で約3分間の起動です。 (3分を超えてレンジングし続けることはできません。) 参考: バックグラウンドで継続して処理を実施する ...


1

有料会費メンバーには、12月8日づけで、確定的なアナウンスメールが入っています。 1 2月1日より、新規Appは、64bit対応とSDK iOS8.0以降でのビルドが必須。 2 既存Appのアップデートは、6月1日より、同じ条件が適用される。


1

確実なことは言えませんが、物販系については決済を外部で行うことも可能なはずです。 参考:【まとめ】iPhoneアプリ審査のリジェクト事例 http://patto-cms.jp/blog/matome_reason_for_rejecting_apps_by_apple/ iOSアプリ内に、オンラインストアへのリンクを貼ることはリジェクト対象か。 →可能だと思います。Appleが制限したいのは課金をiTunesでさせたいためですが、ECにおいては除外しています。例としては「iQON」が似ています オンラインストアで購入した物理的な商品を所持している場合のみ追加される機能がiOSアプリにあるのはリジェクト対象になるか。 →ユーザーによって機能が異なるのは、問題ないと思いますが、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります