次のタグが付いている話題の回答:

5

MDN では 単項正値演算子 という名称で説明されていました。 #単項演算子 式と演算子 - JavaScript | MDN この演算子が文字列に対して使用された場合、 数値に変換可能な文字列であった場合は数値 数値に変換不可能であった場合は NaN に変換されます。 また、#数値 JavaScript 「再」入門 - JavaScript | MDNでは、 parseInt() や parseFloat() との違いが説明されており、 parseInt() および parseFloat() 関数は文字列を、規定の数値書式に該当しない文字が現れるまで解析し、その箇所までの数値を返します。一方、"+" 演算子は適切でない文字を含む文字列を NaN に変換します。 と書かれています。 ...


5

おそらくですが、number型へのcast(変換)です。 // 文字列の前に + を付けるとnumber型が返る const str = '0'; const num = +'0'; console.log(str + 1); console.log(num + 1); 例えば他にも以下のような方法があります。 JavaScriptにおける数値⇔文字列の型変換あれこれ - console.lealog(); https://lealog.hateblo.jp/entry/2013/02/28/005010 var str = '123'; +str; // 123 -(-str); // 123 ~~str; // 123 str&-1; // 123 str|...


2

短い答え:ありません(あってもできてはなりません) 長い答え: Web アプリということは任意の端末を任意のユーザーが使うことを想定しておかねばなりません。 例:普段は自宅 PC からアクセスしているユーザーが、会社からアクセスしたり、出先ではスマホでアクセスしたりネカフェからアクセスしたりしたいはず。 よって識別するべきは端末ではなくてユーザーであって、となるとごく普通に ID/PW でログインできるべきだし、認証結果も Cookie 程度の即消去できるものでないとまずいです。端末を識別してしまうとlネカフェの次のお客さんと前のお客さんとが区別できなくなってしまいます。 Web アプリでユーザーでなく端末を特定する=プライバシー侵害かつ Web アプリの良さをすべて損なうわけで、無意味どころか有害です。 XY ...


1

@oriri さんの回答の追加情報として。 ngはAngularが自身用のディレクティブを示す接頭辞として予約しているそうですね。 Directive custom prefix Don't prefix a directive name with ng because that prefix is reserved for Angular and using it could cause bugs that are difficult to diagnose. NgForOf DIRECTIVE


1

AngularJS / Miscellaneous/ FAQ によると Why is this project called "AngularJS"? Why is the namespace called "ng"? Because HTML has angular brackets and "ng" sounds like "AngularJS". Angular を表してるそうです


1

ローカルIPアドレスは外から見えるものではないので「REST API等でローカルIPアドレスを取得できるサイト」は存在しえません.質問でも利用されているWebRTCを使って画面上にローカルIPアドレスを表示するようなサイトは存在します.なお,参考サイトとして挙げられているページはどこにもローカルIPアドレスなど書かれていないのですが,何を勘違いされたのでしょうか. なお,エラーはあくまでもIISがhttpsなのにhttpでAPIを叩こうとしたことでmixed contentとなっているのみです.リンク先掲載コードを元にすれば - return this.http.get("http://api.ipify.org/?format=json"); + return this....


1

scriptタグのsrcなどが/で始まっていますが、これだとドメイン直下から参照するようになっているみたいです。./にすると直ると思います。


1

エラーメッセージから判断するに、クライアントがAPIを叩く際にpreflightリクエストが発生し、サーバーがそれを正しくハンドリングできていないことが原因であると思われます。preflightリクエストが何かについてはこのあたり記事をご覧ください。 Preflight request CORS(Cross-Origin Resource Sharing)について整理してみた Laravel側でこのpreflightリクエストに対応する実装をする必要があります。「Laravel CORS preflight」などで検索すると参考になる情報が見つかるようです。


1

<状況> エラーメッセージ: ” because it set 'X-Frame-Options' to 'sameorigin' ” [訳] だって、'X-Frame-Options'(FrameやiFrameで表示するかどうかのオプション) が 'sameorigin'(同一サイト限定)になってんだもん。 [解説] http://www.アドレス名.jp/ は、質問のページのサイトとは別のサイトのページですよね。 でも、'X-Frame-Options'で同一サイトじゃないとで表示しないと設定されているので、表示されないのです。 <解決策> http://www.アドレス名.jp/ を表示できるように設定を変えましょう! X-Frame-Options: sameorigin を X-...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります