次のタグが付いている新しい回答:

0

class MainApplication implements Application.ActivityLifecycleCallbacks ということで、その MainApplication は、Application.ActivityLifecycleCallbacks というインターフェースを継承しています。つまり、立派な Application.ActivityLifecycleCallbacks の一種です。 registerActivityLifecycleCallbacks は、Application.ActivityLifecycleCallbacks を引数に取るので、この MainApplication 自体(this)を渡すことが Application....


0

呼出先_SDP.CallOptions.TargetSize = CallTargetSize.Large の部分を下記のようにサイズ指定にしてはどうでしょう。 呼出先_SDP.CallOptions.TargetWidth = !'100%' 呼出先_SDP.CallOptions.TargetHeight = !'100%'


1

zipして、計算。 $ kotlinc >>> val array1 = floatArrayOf(10.toFloat(), 8.toFloat(), 5.toFloat()) >>> val array2 = floatArrayOf(4.toFloat(), 3.toFloat(), 2.toFloat()) >>> array1.zip(array2).map{(a, b) -> a - b} res12: kotlin.collections.List<kotlin.Float> = [6.0, 5.0, 3.0]


2

そのまま引き算のように記述すると というのがどの言語を念頭に置いているのかわかりませんが、配列同士の引き算ということ自体が、例えば Java では元々やらない発想ですね。あと、.toFloat() については、値に f を付ければいいのは Java と同じかと。 var array1 = floatArrayOf(10f, 8f, 5f) var array2 = floatArrayOf(4f, 3f, 2f) var array3 = Array(3){array1[it] - array2[it]} array3.forEach{f -> println(f)} for ループ的にやってみましたが、想定されているもの(配列同士の引き算)とは違うかもしれません。


上位 50 件の最近の回答が含まれています