次のタグが付いている話題の回答:

2

こちらSQLの実行エンジンはHiveということでよいでしょうか。 このクエリをサブクエリとして使うのでなければ下記のように書けば動くと思います。 Select * , Cast(Concat(Substr(timestamp, 1, 4), '-', Substr(timestamp, 5, 2), '-', Substr(timestamp, 7, 2), ' ', Substr(timestamp, 9, 2), ':', Substr(timestamp, 11, 2), ':', Substr(timestamp, 13, 2)) As timestamp) As fcd_timestamp From test Where st='${env:20151001}' And '${env:...


1

こんにちは、はじめまして。 ご質問の件ですが音声は常に監視しています。ですのでオフにすることで、端末によってはバッテリー消費をおさえられます。低電力でそうしたことをする専門のハードウェアが存在するものと考えてください。(キーワード:Low Power Audio,SOC) ウェイクアップワードは単にマッチしているかを端末で判別しています(インターネット接続を切ったスマホでもウェイクアップワードに応答するはずです)。大雑把に言えば音の波形を解析して、サンプルと類似してるか比較すればことたります。(キーワード:音声認識) 任意に入力された発話の解析やそれに対する応答の仕組みはより大がかりで、大抵の場合はインターネット上にあるコンピューターで行っています。音声入力に関しては古くからあり、...


1

PostgreSQLをPostgreSQLのリポジトリからインストールしたのであれば、関連するパッケージもそれに対応するものをインストールする必要があります。 postgresql96-develをインストールしてください。


1

ItemLookupでResponseGroupにItemAttributes,Offers,Reviewsを設定したら帰ってくると思いますよ。 多くイメージが欲しい場合はImagesも追加します。 プログラムを作って試してみるのも手ですが アカウントを持っているなら以下のページの左側にあるLookup-itemLookupを選択し、必要情報(Marketplace,associate Tagなど)を記載後に実際のデータを見ることができます。 http://webservices.amazon.co.jp/scratchpad/index.html


1

公式のドキュメントをみると、「ItemLookup」で商品名、メーカーは取得できますね。 「CartAdd」で一回カートに入れれば、値段も取得できそうです。 ただ、さくっと見た感じだと商品説明文と商品画像は取得できなさそうなので、いっそ「ItemLookup」で取得できるDetailPageURLからスクレイピングして直接全部取ってくるのが良いんじゃないでしょうか。 Product Advertising API


1

Amazonギフト券の転売は利用規約で禁止されていますので、もしAPIがあったとしても質問のような用途で使用することはできないでしょう。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります