次のタグが付いている話題の回答:

3

大まかには以下の認識で良さそうです。 Amazon Linux 1 = RHEL6 / CentOS6 Amazon Linux 2 = RHEL7 / CentOS7 ただし厳密にはアップデートポリシー等に違いがあるようなので、Amazon Linux 1はRHEL5, RHEL6の混成という記事もありました。 (RHEL/CentOSでは基本的にパッケージのメジャーバージョンはアップデートされないが、Amazon Linuxでは常に最新版へとアップデートされるという違いがある) 参考: What Linux distribution is the Amazon Linux AMI based on? - Server Fault Amazon Linux AMI - what distro is ...


1

AWSについては詳しくありませんが、マウント時にデバイス名が変わってしまう場合の一般的な対応としては/etc/fstabでUUIDを指定してマウントする方法があります。 関連しそうなAWSのマニュアル EBS デバイスの特定 再起動後に接続ボリュームを自動的にマウントする


1

cronジョブの登録時に、実行するコマンド出力を適当なファイルにリダイレクトする。 # 標準出力とエラー出力の両方をログファイルにリダイレクト /path/to/cronjob.sh > /path/to/cronjob.log 2>&1 cronジョブの登録時にMAILTOでメールアドレスを指定しておく。指定がなければcronを実行したユーザのローカルメールボックスに保存される(mailコマンドで確認)。 (※成功時も含めて実行結果がメールで送信される) MAILTO=hoge@example.com 0 1 * * 1-5 /path/to/cronjob.sh エラー時のみメール通知するcronlogというツールもあるようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります