Webブラウザ・サーバー間の非同期通信を用いてインタラクティブなWebサイトを作る手法。Asynchronous Javascript and XMLの略称。

Ajax という名前は Asynchronous の略称。

特定の技術を指しているわけではなく、XMLHttpRequestオブジェクトを利用した非同期通信や DOM を始めとする既存技術を組み合わせたもの。 Jesse James Garrett によって2005年に提唱された。

XMLHttpRequestを使うことでJavascript上から非同期HTTP通信が行えるため、ページ遷移なしに画面の一部だけを更新したり、データ受信を待つ間にもJavascriptでユーザーと対話する、といったことが可能になる。

元々は名前の通りJavascriptでデータをやり取りするものだったが、現在では形式も多く使われるほか、APIの拡張によりバイナリデータの送受信もできるようになっている。このため今日では、このようなブラウザ/サーバー間でのインタラクションを広く指す言葉になっていると言える。

サーバーとの双方向通信を行う際にはXHRだと不便な面もあり、これを重視したというプロトコルも登場している。

参考リンク

履歴 | 抜粋履歴