次のタグが付いている話題の回答:

5

Apache HTTP Serverの RewriteRule は .htaccess で使用できますね。(Contextの項を参照) RewriteRule の前に RewriteCond を置いて、特定の書き換えルールに対して条件を指定できます。このとき Query String の値は %{QUERY_STRING} で参照できます。


4

サーバーの設定に関係なく、ユーザーが https://example.com にアクセスした時点で https://example.com の正しい証明書が存在しないようなので、ユーザーから見ればそれは「安全ではない接続」になります。 SNI などを使い証明書が example.com に対して有効である状態にしない限り、安全にリダイレクトさせることは SSL の仕組み上できません。


4

さくらのレンタルサーバーでSNI SSLを使う場合、 ドメインの設定を「マルチドメインとして使用する(推奨)」で設定してしまうと、 httpsでの接続時、「wwwなし」「wwwあり」どちらでアクセスしても ヘッダーのHTTP_HOSTは、両方とも 「sample.com」を返してきますので、 これがループの原因となります。 これを回避するには、「wwwなし」「wwwあり」を別のドメインとして登録し、 それぞれのドメインを「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する(上級者向け)」に設定して、 別々のフォルダを指定します。 SSL証明書は1つの証明書で「wwwなし」「wwwあり」どちらでも有効ですので、両方に設定します。 ※片方に登録してから「秘密鍵のバックアップ」をクリックして秘密鍵をダウンロードし、...


3

HTMLを書き換えたくないだけで、DOMはいじっていいのならこんな感じでしょうか。 // 注: jQueryを使った例 $(function() { $('a[href^="/hoge/"]').each(function() { $this = $(this); $this.attr('href', "http://example.com" + $this.attr('href')); }); }); <script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script> <a href="http://google.com/"...


3

この件はいろいろと難しい問題をはらんでいます。 そもそも論として Web閲覧者 を識別してよいのか、あたりから議論を始めないといけません。 悪意あるユーザーを一意に識別できるのであれば、悪意のないユーザーも同上ということで、 それは (悪意のない) ユーザーを「個人ターゲットできる」つまりプライバシー侵害につながりかねません。 原則、識別をすべきではない、に1票を投じておきます。 それでもどうしても識別したい、ということなら 当該悪意あるユーザが cookie を知らない技量なら cookie を配っておけばよいでしょうし Web 指紋 とか ブラウザ指紋 とか呼ばれる識別技術を使うのもあり、でしょう。 https://panopticlick.eff.org/ こっちのほうがわかりやすいかも? https:...


3

あくまで簡易なアクセス制限で十分、という前提での回答です アクセス元のIPアドレスを取り出す。 そのIPアドレスを埋め込んだ.htaccessファイルを作成する。 というwebから呼び出せるスクリプトをサーバにおき、変更したいタイミングで人力でブラウザからアクセスするか、ブラウザで開きっぱなしにしておいてmeta refreshで自動リロードさせるか、タスクスケジューラやcronなんかを使って自動でアクセスすればよいでしょう。 1はPHPであれば$_SERVER変数から取り出せます。 2はプログラミングの練習課題みたいな処理ですのでどんな参考書にでも載ってるでしょう。 まじめにセキュリティ機能として実現するのであれば、上記では全く不十分です。どの程度のセキュリティレベルが必要かもわかりませんし、...


3

クエリストリング「amp」は %{REQUEST_URI} ではなく、%{QUERY_STRING} にセットされています。


2

共有サーバーなどでしょうか? 使いたいファイルやライブラリを全て自分で管理できるディレクトリに配置してください。 Htaccessなどで設定できる内容とそうでない内容はphpのマニュアルに掲載されています。 該当の項目は管理者がシステム単位でしか設定できないSystemレベルかと思います。 スクリプト、フレームワーク、ライブラリなど扱う全てのファイルが権限チェックの対象になっています。 共用のディレクトリのファイルを読み込まないように設定やプログラムを変更してください。


2

php_value ではなく php_admin_value を使用してみてください。 php_admin_value open_basedir /usr/share/php/ ご参考: PHP: コア php.ini ディレクティブに関する説明 - Manual http://php.net/manual/ja/ini.core.php#ini.open-basedir


2

※既に解決していますが、コメントの指摘を反映しつつ 質問を「レンタルサーバー上のエリアスの設定方法について」と推測して回答を整理します。 最初にサーバーの仕様をレンタルサーバーのサポートに確認して下さい。 レンタルサーバー各社で仕様が異なります。 場合によってはユーザー側で自由に設定できなくても レンタルサーバー会社に作業依頼してエリアスを設定出来る事もあるかもしれません。 mod_rewrite、mod_proxyが使用可能な場合は foo.com上の.htaccessに記述する事でエリアスを設定できます。 RewriteRule ^/xxx/(.*)$ http://xxx.foo.com/$1 [P,QSA] ProxyPassReverse / http://...


2

先に /note/*/blog をWordPressへルーティングすればよいでしょう。 # /note/*/blog を WordPressへルーティング RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/note/(.+)/blog(/|$) RewriteRule ^ wordpress/index.php [L] # /wordpressを除外してCakePHPへルーティング RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/wordpress(/|$) RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteRule ^ index.php [L]


2

設定は合っていると思います。 デバッグログを出すには、httpd.conf に下記例のように設定ください。 (httpd-2.2) RewriteLog /var/log/httpd/rewrite.log RewriteLogLevel 4 # 0 - 9 (httpd-2.4) LogLevel warn rewrite:trace4 # trace1 - trace8, error_log に出力される


2

単純に記述順が間違っています。 各RewriteRuleには L フラグがついているため、条件にマッチした場合そこで書換を終了します。 RewriteRule Flags - Apache HTTP Server Version 2.4 http://httpd.apache.org/docs/current/rewrite/flags.html#flag_l つまり、例示の.htaccessでは、ファイル/ディレクトリが存在しない場合はCakePHPのルールに該当するため、以降のルールは無視されることになります。 順序を変えて以下のようにするとよいでしょう。 # index.php無しに統一 RewriteCond %{REQUEST_URI} /index\.(html|htm|php)$ ...


2

名前が.(ドット)で始まるファイルは通常「隠しファイル」と呼ばれ、例えばWindowsであれば「すべてのファイルを表示」など設定しない限り、通常はファイル一覧に表示されないようになっています。 質問の画面がどこで表示されているものか分かりませんが、半透明になっているのはこの隠しファイルの状態を表しているものと思われます。


1

.htaccess は .conf のあるディレクトリではなくて、htmlなどのコンテンツのある場所に保存してください。例えば /var/www/html が ルートの場合は、/var/www/html/.htaccess に保存します。


1

ドメインが分かれているのであれば、htaccessでアクセスしたドメイン名を元にアクセスを切り分けるのではなくて、VirtualHostの設定でルートディレクトリを分けてしまうのがいいと思います。 どうしてもhtaccessで切り分けなければならない場合、以下の設定を追加したhtaccessを配置すればいいと思います。 <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} !www.■■■■.jp RewriteRule ^.*$ - [R=404,L] </IfModule> 環境がなく、試せてはいないですが、参考になれば。 ...


1

コードが合っているかは不明ですが、模索するうちに自己解決いたしました。 もっとスマートな方法があるかもしれませんが、希望の挙動をしたコードは以下です。 RewriteEngine On #contactページにhttpでアクセスした場合 RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/contact/$ RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$ RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301] #トップページ以外にhttpsでアクセスした場合 RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/contact/$ RewriteCond %{HTTP:X-...


1

合ってそうに見えますね。 当てずっぽうで書くと ^ を括弧で挟むのは 違和感があるので次のようにすると動作変わったりしませんか? RewriteCond %{REQUEST_URI} !^(/test1/) もしくは RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/test1/


1

/test1/以下のURIを対象外にするのであれば、RewriteCondの2行目はこうではないでしょうか? (質問の記載だと、URIが/test1/の場合のみ対象外になるように見えます) RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/test1/.*$) ちなみに、httpアクセスを表すのであれば、ポート番号よりも、参考サイト( http://qiita.com/gotohiro55/items/7daa988db23a5a8355c1 )にあるように、%{HTTPS}で判定した方が厳密かと思います。 RewriteCond %{HTTPS} off


1

リライトかリダイレクトをするのかによって変わってきます。 リライト 書き換えるだけでアクセスした人のブラウザにはもとのアドレスが表示されています。 リダイレクト 書き換えつつURLが変わったことをアクセスした人に伝えブラウザには書き換え後のアドレスが表示されています。 その中でも301リダイレクトはアクセスしてきたものに対してもとのアドレスは書き換え後のアドレスに変わったのでこっちを使ってくださいといった感じのものです。 302リダイレクトは何らかの理由でとりあえず書き換え後のアドレスを使っておいてくださいといった感じのものです。 mod_rewriteを使います。 RewriteEngineがonの状態で RewriteCond 条件で絞り込む RewriteRule 書き換え前 書き換え後 フラグ(...


1

http.confでhttps://example.com/ の docroot に対応する定義で「AllowOverride」の設定は .htaccess が有効になるように設定されていますか? Apache チュートリアル: .htaccess ファイル


1

「httpsアクセスの場合は変数が代わるようでfalseが返る」のであれば、X-Sakura-Forwarded-For が空じゃない、かつ、HTTP_HOST が www.sample.com ではない場合にリダイレクトするルールセットを追加すればいいと思います。 RewriteEngine On RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$ RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$ RewriteRule ^(.*)$ https://www.sample.com/$1 [R=301,L] # RewriteCond %{ENV:HTTPS} ^on$ # %{ENV:HTTPS} は不要? RewriteCond %{HTTP:X-...


1

「URLを保持したままリダイレクト」の意味は、HTTPレスポンスの 301,302リダイレクトではなく、mod_rewrite で言うところの内部サブリクエストとか、内部リダイレクトと呼ばれるものではないでしょうか。 もし、そうれあれば、R=301 は必要なく、以下のように設定するといいと思います。 RewriteEngine On RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/test/ RewriteRule ^(.*)$ /test/$1 [L]


1

http://example.comでサイトを運用していることと思います。このルートディレクトリに.htaccessファイルを配置(つまりhttp://example.com/.htaccessとなるように)します。spディレクトリは一般に必要ないと思われます。 (1)~(3)までを(4)にリダイレクトするならば、内容は RewriteRule ^sp/(?:index\.php|2015/01\.php)?$ / [L,R=301] などとします。また、質問の趣旨を取り違えていなければ、/sp/以下へのアクセスを禁止してサイトのトップページに戻す動作をさせたい、ということでしょう。この場合は正規表現を改め RewriteRule ^sp/.*?$ / [L,R=301] などとします。ここで、R=...


1

荒らしがどのように IP アドレスを変更してくるかを考察してそっちから対策を考えます。 まあ考えるまでも無くかつて 2ch.net がたどった道なわけですが。 方策はユーザ側が行う、対策はサーバ側で行う、のを想定してます。 方策1. xDSL モデム/家庭用ルータの電源を入り切りし DHCP の再リースを行う 対策1. 当該 ISP の IP アドレス全部(ドメイン単位)をアクセス禁止にする 方策2. オープン (匿名) プロキシを使う 対策2. 既知のオープンプロキシからのアクセスを禁止にする 方策3. 異 ISP を使う (PC の xDSL 接続とガラケーでは違う IP アドレスでしょう) 対策3. ガラケーはアクセス禁止にするとか、ガラケーのみアクセス許可にするとか。 ...


1

Webサーバが端末を識別する手段としては、 IPアドレス ブラウザが送ってくるHTTPリクエストヘッダ(Cookie含む) Javascript経由で取得できるハードウェアやソフトウェア、閲覧履歴に関する情報 などがあります。 広告業界なんかではこれらの情報で比較的精度の高いユーザー追跡を実現しているので、頑張ればアクセス制限に使えないこともありません。 ただし、広告用とアクセス制限では「利用者が故意に自分の身元を隠す」という点で正反対なので、格段に精度は落ちるでしょう。CookieとJavascript 無効にされるだけでもほとんどの情報が取得できません。 現実的な対策としては、Wikipedia なんかを見てもわかるように、IPアドレスによる制限(個別→ブロックごと)とユーザー認証(ログインの強制)...


1

L|last フラグは httpd.conf で設定した場合はそこで停止しますが、.htaccess で設定した場合は書き換え後の URL がもう一度、最初のルールから解析されるようです。 RewriteRule Flags:L|last Apache httpd 2.4 の場合は [L] の代わりに [END] を利用することができます。 RewriteRule Flags:END Apache httpd 2.2 以前の場合は httpd.conf に設定するしかないと思います。


1

※動作は未確認です htaccessの詳細な設定方法は別途お調べ頂くとして、恒久的なリダイレクトは下記です。 Redirect permanent http://xxxx.jp/book/vol1/#!6 http://xxxx.jp/sp/book/vol1/index.html#present 一時的にリダイレクトする場合はpermanent部をtempとしてください。


1

もう解決しているかもしれませんが、恒久的に新規ドメイン(独自ドメイン)への転送を行いつつ、特定のディレクトリだけ「転送しない」ということであれば、簡単ですが下記のようなルールを書いた.htaccessをドキュメントルート(/)に配置してみてはいかがでしょうか。 (@suzukisさんのとほぼ同じですが…) RewriteEngine On RewriteBase / RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/shoki2/wp-admin/) RewriteRule ^$ http://example.com/ [R=301,L] また、一旦ルールを終わらせてから書く、というのは RewriteRule の末尾に付与するオプション [ ] で L を指定してあげることだと思います。 ...


1

RewriteEngine on RewriteCond %{HTTP_HOST} ^abcd\.sakura\.ne\.jp(:80)?$ RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !^/shoki2/wp-admin/ RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L] で良いでしょう。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります