次のタグが付いている話題の回答:

9

ソケットの通信の効率化をネットワークカードレベルで考える の回答にある、 scatter/gather I/Oまたはvectored I/Oと呼ばれる機構 これがまさにその、まとめて実行するものです。 Linuxのstruct iovec や、Winsockの WSABuf は 簡単に言えば (*buf, len) の構造体で、sendmsgやWSASendではその配列を含む引数を渡すことにより、複数の(*buf, len)を一度に処理します。 性能が変わるかどうかはアプリケーションによるので、実測比較してくださいとしか言えません。


8

awaitの時点でその操作の完了を待ってしまいます。 並列にダウンロードしたい場合は、1つ1つのダウンロードを行うTaskを用意しそれをTask.WhenAll()で待つ必要があります。 static async Task DownloadImage(HttpClient httpClient, string uri, string path) { using (var res = await httpClient.GetAsync(uri, HttpCompletionOption.ResponseHeadersRead)) using (var fileStream = File.Create(path)) using (var httpStream = await res....


4

ここで想定されている技術は非同期通信ではなく双方向通信、特にサーバからクライアントへのPushが適切なようです。また、通信の方法全体に渡って記述すると範囲が広く、IPマスカレードなどの低レイヤの話も含む必要が出てくるので、TCP/IPより上の技術にのみ絞って回答します。また、双方向通信においてもサーバ-クライアント間のみならず、クライアント-クライアントのようなP2P通信なども話題がありますが、これらは質問から外れるため割愛します(これらの話が必要であれば別途新しく質問をしてください)。 Push技術 - Wikipedia ポーリング さて、チャットなどのサービスにおいて新しい情報がないか取得するための方法は昔から試行錯誤されており、最初はポーリングと呼ばれる手法が一般的でした。これは、クライアント側が「...


3

Task.Delayは This method depends on the system clock. This means that the time delay will approximately equal the resolution of the system clock if the millisecondsDelay argument is less than the resolution of the system clock, which is approximately 15 milliseconds on Windows systems. と説明されているように、分解能依存であり、小さな値を指定したからと言って希望通りの動作をするわけではないことが明言されています。...


3

非同期SRAMと同期SRAMのアクセス手順の違い 非同期SRAM マスタはマスタのクロックでアドレスバスにアドレスを指定 マスタはマスタのクロックでチップセレクト(CE:ChipSelect)を有効にする SRAMはSRAMのクロックでチップセレクトの変化を検出 SRAMはSRAMのクロックでアドレスを読み取る SRAMはSRAMのクロックでアドレスのデータを取り出す SRAMのSRAMのクロックでデータバスに出力 SRAMはSRAMのクロックで出力有効信号(OE:OutputEnable)を変化させる マスタはマスタのクロックで出力有効信号の変化を検出 マスタはマスタのクロックでデータバスからデータを読み取る マスタはマスタのクロックでチップセレクトを無効にする   同期SRAM ...


2

あまり自信が無いのですが... 非同期とバーストモードの違いですね。 バーストモードを持っているメモリは、アクセスの手順が簡略化することが可能です。 任意のメモリアドレスにアクセスする場合は、このアドレスの値ちょうだいってメモリにお願いします。このお願いが都度発生します。が、バーストモードはこっからここまでの値ちょうだいってお願いする方法です。 次にアクセスしたいメモリアドレスもメモリ内で生成されるため、手順が減る分早くなってるんじゃないかと思います。 http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/whitepaper/wp034_050501/p01.html


2

Unityに詳しくないので普通のRxの話になるのですが、 Merge が Subscribe された時点で obs1, obs2 共に Subscribe されます。 そして a, b が発火すれば Task が開始されます。 obs の Select のラムダ式の中で Task を開始していることに注意してください。 ToObservable は開始済みのタスクを、タスク終了時に一つだけ値を送出して終了するストリームに変換するものです。 Concat によって直列化されるのはこの Task の結果のみです。 解決法ですが、そもそもの目的によって違ってくるのですが、 単にその順序でロギング部分の処理を行いたいのであれば、処理に必要なパラメータ ("Task1: waited 3 sec") もしくは処理自身 ...


2

コントローラーのどこを探しても間違いはないと踏んでいましたが、 結局 message_controllerのcreateアクションのrespond_toのendが抜けていただけでした。 協力してくれた方、ありがとうございました!


2

C++だと勝手が違うかもしれませんが、Cなら普通に SSL_set_fd() に渡すファイルディスクリプタを、 ioctl() か fcntl() で ノンブロッキングに設定するだけです。 // fd = accept(soc, null, null); int opt = 1; ioctl(fd, FIONBIO, &opt); // SSL_set_fd(ssl, fd); // SSL_accept(ssl);


1

scripts/fetch_catch.jsの13行目において、messageをmessgaeと打ち間違えています。 想定されるものの代わりにundefinedが得られる場合は、このようにプロパティ名(message)を打ち間違えている(存在しないプロパティ名を指定したのでundefinedが返されている)ことがよくありますので、重点的に確認されるとよいと思います。


1

@sayuriさん指摘原因により問題があるので、チェックにはCancellationTokenを使用しましょう。この辺の記事を参照してみてください。 非同期で複数処理を実行し、対話式で制御する 方法: タスクとその子を取り消す .NET FrameworkのCancellationTokenを利用してタスクをキャンセルすると振る舞いが2種類ある問題


1

「asyncFuncA >asyncFuncB >asyncFuncCの順に、前回の非同期通信完了を待ってから実行する」というのは、もう少し詳しく書くと、「asyncFuncA >asyncFuncB >asyncFuncCの順に、asyncFuncAの非同期通信完了を待ってからasyncFuncBを実行し、asyncFuncBの非同期通信完了を待ってからasyncFuncCを実行する」という意味だと思います。 実際に動作する非同期関数のサンプルをXMLHttpRequestを使って書いてみます。 function asyncFunc(url, callback, error) { var xmlHttp = new XMLHttpRequest(); xmlHttp.onload = ...


1

開示していない情報でしたが、コンソールアプリケーション側ではConvertAsyncを呼び出した後、Console.ReadLine()で待機していました。 しかし、下記のように返り値をTaskに変更し、コンソールアプリケーション側でTask.Wait()で待機した所、正常終了するようになりました。原因は未だに不明です。 public Task ConvertAsync<T>(object obj,string[] files,Listener listener){ var cancellation = new CancellationTokenSource(); var task = new Task( ()=>{ try{ ...


1

おそらく同時に非同期処理を行うものが複数あり、どのメソッドのcallbackで完了すればよいか分からないパターンかと推測しました。 複数の非同期処理を同時に動かして、その完了を待つには$.Deferred、$.whenを使います。 一応例を示しますが、何をどうしているのか分からないのでとりあえず完了時間の違う複数のanimateの一番時間がかかるアニメーションが完了するまで待つような処理にしています。 例のような処理をしたい場合、keydownとkeyupで分けるよりkeyupだけを取ってkeydown相当の処理とkeyup相当の処理をメソッド化してkeyupイベントの発火時に処理すれば良いと思います。 $(document).ready(function() { $(document)...


1

良い記事があったので紹介します。 JavaScriptの同期、非同期、コールバック、プロミス辺りを整理してみる - Qiita 大前提として、JavaScriptはシングルスレッドで動いています。 これはつまり、JavaScriptは並行処理はできないということです。 よって、keydownの重い処理が、終わるまで、keyup の処理は走らないものと思います。(setTimeout などを使い、割り込みを許しているなら別なのですが) var c = 0 $(document).bind("keydown keyup", function(e) { $console = $("#console") c += 1 if (e.type === "keydown") { ...


1

APIの一般論としては、リクエストをきちんと完結させたり不要なリクエストをキャンセルすることを提供側が求めているのであれば、キャンセルする仕組みがあるはずです。一方で、キャンセルする仕組みが無ければそもそも利用者にはどうしようもありません。 単純なリクエスト/レスポンスを繰り返すweb APIはまず間違いなく後者でしょうが、重い処理をする(レスポンスに時間がかかる)処理とか、状態を持っているものであればキャンセルする仕組みがある場合もあります。 ということで、コスト云々よりもまずはAPIの仕様を確認すべきです。


1

例で挙げていらっしゃるものですと、結局実装次第になるかと思います。 サーバと通信するタイミングは、おそらくKey関連イベントで即時にやっているわけではなく、1秒単位等でやっていると思います(そうでなければ無駄な負荷が多すぎるので) また、サーバ側でも受け取ったデータの処理は1秒単位等で丸めてやっていると思うので、放置でもキャンセルでも大差ありません。 ただ、サーバ側の処理が一瞬で終わるようなものに限定し、且つあえて仰る様な実装を行う場合には、「2」の放置がより良いと思います。 理由としては、HTTPのAPI通信で最も重い処理は、HTTPリクエスト自体の処理なので、キャンセルリクエストを送ることでより処理負荷が高くなってしまう場合の方が多いはずだからです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります