次のタグが付いている話題の回答:

8

一番大きな理由は、WebサーバとAPサーバでは求められる特性に正反対の部分があると言うことです。 Webサーバ 接続数 多い~極めて多い 一接続で消費されるリソース 少ない スケールアウト 容易 セキュリティリスク 低い APサーバ 接続数 1~多くても数100 一接続で消費されるリソース 多い スケールアウト 容易ではない セキュリティリスク 極めて高い 特に問題なのは、ネットワークの接続数です。これはCPUやメモリなど容易に増やせるリソースとは違うところで上限が出てきます。いわゆるC10K問題というやつです。接続数が極めて多い場合、サーバを複数にしないとさばききれません。 一方、APサーバはそれに合わせて複数台構成にする、というわけには簡単にはいきません。...


5

WebサーバとAPサーバを分離する目的としては、挙げられているようなハードウェアリソースの分散化目的以外に、セキュリティ対策を目的として実施されることが多いです。 Webサーバ(外部から接続される)とAPサーバの間にファイアウォールを敷いてネットワークを分離することで、外部からAPサーバへのアクセスを制限できるようにするわけです。 公的/準公的なドキュメントでわかりやすそうなのが見つからなかったのですが、IPAのこちらのPDFの図の「公開Webサーバ」と「CMS用機材」のような形でWebサーバ/APサーバをそれぞれ配置することになります(実際にはAPサーバが処理する情報の性質によって配置する場所は変わりますが、典型例として)。 "APサーバ", "Webサーバ"に加えて"DMZ"や"ファイアウォール"...


5

要件定義と要求定義の違い、ご存知ですか?のページはご覧になったことがありますか? 要件定義と要求定義について判りやすく説明してあるので、まだなら一読されることをお勧めします。 要件定義と要求定義という言葉は、英語の文章の意訳から生まれたものだと思います。 英語と日本語は、生い立ちの異なる言語ですから、単語と単語が1対1に対応する(対応する翻訳語が必ず存在する)と考えるのは正しくないと思いますよ。


4

ピッタリと当てはまるものを示すのは難しいですが、C言語を使って少し具体的な例を挙げてみます。 データ結合 atan(0.0); データのやりとりのみを行うので結合度は低くなります。 スタンプ結合 struct Address { char* country; char* prefecture; char* city; }; struct User { char* name; int age; struct Address addr; }; int GetUserPostalCode(struct User user) { } ...


4

Web3層アーキテクチャで調べると色々出てくると思いますが、サーバーを機能で分割することで、システムより柔軟性を得られ、それにより幾つかメリット享受できます。 性能の向上 静的コンテンツと動的コンテンツの負荷が分散される ハードウェアリソースの最適化 (WebとAPだと必要なリソースが違ったりする) セキュリティ施策が取れる ネットワーク分離 (※) 不正アクセスによる被害のリスクが下がる(無くなるわけじゃない) 拡張性や保守性、耐障害性の向上 AP が落ちても かろうじてWebだけは動く(ソーリーページを表示させるなどできる) Web と AP それぞれ単独にメンテナンスできる デメリット 台数が増えるのでライセンスや保守のコストが増える。 ネットワークトラフィックが増える ...


3

1台のサーバで両方を稼働させている時に、(1)メモリの不足、(2)CPUの高負荷、(3)実行プロセス数増大、といった原因でレスポンスが悪くなる兆しがみられるのであれば、複数のサーバを検討すべき時だと思います。  サーバを増やして期待されるのは性能(レスポンス)の良さです。1台構成でレスポンスが悪いのなら複数化のメリットが大きく、1台でもレスポンスが悪くないのなら複数化のメリットが感じられないという事になります。  こうした事から「1台でレスポンスが悪くなった時」に複数台化の検討を始めるのが良いと考えられます。


3

非常に奥の深いテーマですね。 見積は経験がものを言うと思いますが、初めての構成だとそうも行きませんので計算材料を揃えて求めます。 (1アクセスに必要な容量×最大同時接続数+最低でも必要になる容量)×将来性係数 最大同時接続数 : ある瞬間に同時に接続しているユーザ数(セッション数) 最低でも必要になる容量 : OS、ミドル、アプリを動かす為に必要な最低容量 1アクセスに必要な容量:クライアントからのアクセス毎に使用される容量 将来性係数:計算した容量に将来性を加味した係数をかけます。1.5倍とか2倍とかざっくりとですが…。 参考になる情報としては、「ソフトウェアの名前 メモリ チューニング」で調べて、動かすソフトウェアの特性を理解するのが良いと思います。 例えば、 Apache の場合は使用する ...


3

正式なとかこれがルールとかはないんじゃないでしょうか?自分なりの方法を模索すれば良いと思います。 私は仕事でアプリの受託開発をしていますが、デザインはデザイン会社さんに発注して細かく決めてもらうことがあったり、こちらから提案するような形でガッと実装してみたり、デザイン会社さんの人に来てもらって一緒に試行錯誤したり、いろいろです。 個人でやる時には、Sketchを使ったり、Keynoteを使ったりします。最近の体験では、Sketchで先にレイアウトを固めてしまうのが手戻りがなく効率が良かったです。ボタンなどそのまま画像としてExportできたりしてとても便利でした。 プロトタイピングツールについては、よくまとまっている記事を見つけました。ご存知かもしれませんが一応。 http://qiita.com/...


2

rubyのタグもついているので、まずRuby on Railsならの話を。  もしRailsを利用していたら、Articleはモデルになるパターンと思われます。その場合、クラスメソッドでArticleのArrayを返すように実装するのが普通で、それだけで足りる場合も多かったりするので、このパターンで悩むことはなかったりします。また、Article自体が基本的なDB操作も実装したクラスのサブクラスになっているので、 # 記事全部 all = Article.all # writerのidを指定 articles = Article.find_by(writer: id) # 未読だけ unreads = Article.unread # unreadはArticleクラスでwhere(unread: ...


2

クライアントの都合もありますので、あらゆるケースで対応可能なAPI設計にすることは難しいですが、一例を述べます。 簡単に述べると、「HTTPリクエストヘッダーにクライアントからトランザクションIDを付与し、レスポンスが返ってこない場合にはリトライする」です。 以下、詳細を述べます。 どのような値でも良いのですが、クライアント側が更新APIの個々のリクエストに対して識別できるようなIDをHTTPリクエストヘッダーに付与します。 サーバー側の更新APIでは、正常処理が終了後、渡されたトランザクションIDをキーとして、返すべきレスポンスをキャッシュしておきます。 クライアント側がサーバーからのレスポンスを受け取る事ができなかった場合、同じトランザクションIDで同じ更新APIをリクエストします。 サーバー側は、...


2

AndroidでWebViewを使用しているのであればaddJavascriptInterfaceで JavaScriptからをJava側のオブジェクトのメソッドを実行できます。 ですので、ログアウトの処理が行われる部分でJavaScript経由でネイティブに通知すればよいと思います。 なお、セキュリティのリスクがあるのでリファレンスマニュアル等を参照してください。


1

WriteExceptionToLogFileがエラーを発生させると、そこでプログラムが止まる 「エラー」と言っているのは「例外(Exception)」のことだと思いますが、WriteExceptionToLogFile内で例外がスローされる可能性があるようでしたら、それをcatchして、処理を継続すればプログラムは停止しません。 WriteExceptionToLogFile自身のエラーを知ることができないうえにWriteExceptionToLogFileにより書き込まれるはずだった例外もわからなくなる WriteExceptionToLogFile内でスローされた例外をcatchして、その例外ともともとの例外を別のファイルなどに出力すればいいです。ただし、...


1

サーバ機のスペックがあまりよくない場合は、ミドルウェアで役割をわけることができるので、その分複数台にわけることで負荷を軽減できるメリットが一番大きいでしょうか。機器の増設や更新・停止のしやすさもメリットになります。 もちろん物理的・論理的にマシンがわかれてしまうのでネットワークのオーバーヘッドが発生しますから、ネットワーク構成によってはパフォーマンスに問題が出ます。 また、複数台の機器にわけることで保守・運用費用も増えるかも知れませんが、自動監視やアプリケーション搭載の自動化などができればコスト改善やトラブル緩和もできるかも知れません。 対して、超絶ハイスペックのサーバ機1台にてVMを複数立ち上げて行う方法もありますね。 ただしこれは構築や運用面で恐ろしく高価になってしまうでしょうから、...


1

開発規模にもよると思いますが、複数人で開発する際などは各担当箇所ごとにばらばらな構成になるよりは、多少冗長でもご質問のようにルール化して進めた方があとあと開発メンバの入れ替えなどが発生した場合混乱が少なくて済むことが多いです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります