次のタグが付いている話題の回答:

5

警告の通りです。MatrixVector関数にはvector<double>型の戻り値が存在すると宣言されていますが、return文が書かれていません。


2

以下はサンプル実装です。参考にして下さい。 class Vector: def __init__(self, *args): self.vector = args def out(self): print(self.vector) class Matrix: def __init__(self, *args): self.matrix = args def __mul__(self, tensor): if isinstance(tensor, Vector): return Vector( *[sum(col*tensor.vector[i] for i, col in enumerate(row)) for ...


2

https://github.com/xianyi/OpenBLAS/wiki/faq#multi-threaded によると No です。 正確に言うと、並列化 (=マルチスレッド) を OpenMP のみで利用している場合に限り Yes (OpenBLAS の専用ビルドが必要) 自前でマルチスレッド機能を実装しているプログラムから OpenBLAS を使う場合はダメ。 GPU 実装だったりするとそもそもマルチスレッドにする意味がないですしね (GPU 資源は1つしかないので)


2

d=1:21 に対して、 reshape(d,[],7) ans = 1 4 7 10 13 16 19 2 5 8 11 14 17 20 3 6 9 12 15 18 21 ではなく ans = 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 という形に成形したいと言うことで良いでしょうか。 一度、reshape(d,7,[]) ...


2

sin90°は1でcos90°は0ですので、 該当の式は、 |xR-3/2| |0 -1| |x-3/2| | | = | | | | |yR-3/2| |1 0| |y-3/2| ところで2✕2行列と2✕1行列の掛け算は |a b| | A | | aA + bB | | | | | = | | |c d| | B | | cA + dB | になりますので、 |xR-3/2| |-1(y-3/2)| | -y+3/2 | | | = | | = | | |yR-3/2| | 1(x-3/2)| | x+3/2 | 0を掛けた項は消える ...


2

row_insertでlistを挿入しようとするとエラーが発生します。 下記のように2か所を書き換えるとうまく行くはずです。 from sympy import * var('myMatrix') mylist=[[0]*3]*3 # FIX mylist[0]=[-4, 1, 9] mylist[1]=[1, 2, -4] mylist[2]=[2, -3, 6] myMatrix=Matrix() for i in range(len(mylist)): print(mylist[i]) myMatrix = myMatrix.row_insert(i, Matrix([mylist[i]])) # FIX print("# ",myMatrix)


1

JuliaのSparseArrays - rowvalと同等で、Pythonの相当する物は、scipy.sparse.csc_matrix - indicesでしょう。 その上で、JuliaとPythonのインデックス値に関する言語仕様の違いにより、それぞれの言語に従った普通の処理のままでは取得出来るのは同じ数値(のリスト)になり得ないと考えられます。 Julia インデックス値 = 1から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置 Python インデックス値 = 0から始まる スライス範囲指定= 開始位置:終了位置+1 質問の最初にあるJuliaの以下の行は: Au = A.rowval[A.colptr[u]:A.colptr[u+1]-1] uの値の考え方がJuliaのまま1オリジンであるならば、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります