次のタグが付いている話題の回答:

6

信用度足りずコメントできないので曖昧ですが回答欄に失礼。 TreeTaggerという形態素解析ツールで得られたlemma(基本形…?)を使って分類すれば目標は達成できそうです。


5

Pythonで数値をバイナリに吐き出す方法を2つ説明したいと思います。 まず、何らかの方法でデータを得て、以下のような形でfloatのリストで持っているとします。 data = [0.1, 0.2, 0.3] struct.pack を使う方法 import struct with open('binaryVec.bin', 'wb') as f: for x in data: four_bytes = struct.pack('f', x) f.write(four_bytes) packのformat characterの種類と意味 numpy arrray の tofile メソッドを使う方法 上記の方法はforループを使うので、...


4

たしかに全探索を行っているように見えますね。 手元のマシン(MacBook Pro, core i5 2.6GHz)で、200次元ベクトルの類似度を20万個計算して上位を求めるコードを試してみました。 $ gcc -std=c99 hoge.c && time ./a.out real 0m0.549s user 0m0.495s sys 0m0.044s ……というわけで、「最近のマシンだとベタに書いても余裕」ということではないでしょうか。 ベンチマークコードは以下です。 #include <stdio.h> #include <stdlib.h> const long long N = 40; // ...


4

「なぜ速いのか」と言われると、「研究の成果です」とも回答できてしまいます。 「どういった工夫がされているのか」といった質問の方が良さそうです。 以下のページがわかりやすく説明されていると思いました。 http://business.nikkeibp.co.jp/article/bigdata/20141110/273649/ リンク先がみれる場合はそちらを参照してください。 以下は将来リンク先が見れなくなった場合に備えて速度に関する部分を要約してみました。 人工ニューラルネットワークの研究で提唱された「分散表現」という考え方を使い、「同じ文脈の中にある単語はお互いに近い意味を持っている」という前提のもとに人工ニューラルネットワークに学習させるようです。 ...


4

まだ完璧とは言えませんが、一定の進歩はありましたので、追記部分をこちらに移すとともに、再編集します。 UniDicにはIPADICにない素性があります。「語彙素・語形・書字形・発音形の階層構造を持ち,表記の揺れや語形の変異にかかわらず同一の見出しを与えることができます」とのことです。 辞書のCSVファイルを見てみると すし屋,5142,5142,9609,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,すし屋,スシヤ,すし屋,スシヤ,和,*,*,*,* 寿司屋,5142,5142,10432,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,寿司屋,スシヤ,寿司屋,スシヤ,和,*,*,*,* 鮨屋,5142,5142,8402,名詞,普通名詞,一般,*,*,*,スシヤ,寿司屋,鮨屋,スシヤ,鮨屋,スシヤ,...


4

2が正しいです。1は距離の公理を満たさない場合があります。 距離は,遠回りをすると大きな値になります。 d(X, Y) ≦ d(X, Z) + d(Z, Y) 追加コスト=1,削除コスト=1,置換コスト=3 として,1の方法で次の編集距離を計算してみます。 d("ABCDEFG", "ABCXEFG") = 3 d("ABCDEFG", "ABCEFG") = 1 d("ABCEFG", "ABCXEFG") = 1 d("ABCDEFG", "ABCEFG") + d("ABCEFG", "ABCXEFG") = 2 遠回りをしているのにスコアが小さくなってしまいました。 2の方法で計算した場合は,このようなことは起こりません。


3

「何ををくっつけて何を分解するかという基準」を記述したものが辞書なので、そこに介入したいなら辞書をいじるしかないです。 「外国人」はipadicにもnaist-jdicにもjumandicにもないですね。 ipadic-neologd にはそのあたりの複合語のエントリが多く入っているので(実際「外国人」はあります)、ipadic-neologd を使うという手はありかと思います。 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd あと、本筋ではないですがまったく固有名詞ではありませんよ。


3

[用語について] バッグ(bag)というのは集合論の用語で、多重集合(multiset)とも呼ばれます。 集合(set)が、ある要素が含まれるか否か(1か0か)なのに比べて、バッグは同じ要素を複数個含むことができます。 1. 次元というのは、互いに独立な(他の値が変化しても、自分の値に影響がない)軸のことです。 この質問の「bag of words」では、個々の単語が別々の軸になっていて、その単語が元の文章に何回使われているかが、その値になります。 2. "book","pen","this","is","that","apple","orange","note","a","an"の10単語に注目した時、"book"という単語が一つ目なので一つ目の次元(1の次元)、"an"...


3

いくつかのツールやライブラリの使用を検討しましたが、最終的に @user10685 さんからご紹介いただいた TreeTagger で前処理を行うことにしました。 以下に実行手順を示します。実行は Linux (Fedora22) 環境です。 1. tree-tagger のインストール 上記リンク先の Download に記載の手順をそのまま行います。 今回は処理対象が英語であるため、パラメータファイルには English parameter file を利用しました。 2. tree-tagger の実行結果をsedスクリプトに変換する $ cat input.txt | ./cmd/tree-tagger-english | sort | uniq | awk '$3 != "@card@" { ...


3

word2vecは次のような性質を持ちます ・単語を1of-Kベクトルで表現 ・ニューラルネットで学習 ・ニューラルネットの入力と出力は単語 その際に中間層としてn個(nはユーザーが決める任意の数)のノードを介しています。 注目している単語と周囲に出現(共起)する単語を入力と出力(正解データ)として各ノードを少しずつ学習します。 学習が終わった際の中間層のn個のノードがword2vecの各単語のもつベクトルです。 この中間層のn個のノードがまさかベクトルの各次元になっているとは思いませんでした。 この方法でできたベクトルが上記のような性質を持っているなんて不思議ですね。 以下の参考文献のお陰で理解出来ました。もしよければ読んでみて下さい。 参考文献:word2vecによる自然言語処理


2

for i in range(1,271): inpro = queryVec[i] *tlist[i] ここ、inproの値が毎回書き換わってますが、内積計算ということなので、加算していかないといけない気がしました。 for i in range(1,271): inpro += queryVec[i] *tlist[i] またソートについては max = N for k,v in sorted(cos.items(), key=lambda x:x[1], reverse=True): if max == 0: break if query == v: continue print '%50s\t\t%f' % ...


2

前半部分 質問も大分体裁が変わったので前半は削除しました。 日本語出力部分について追記 文字コードが不明なのでそこは気がかりですが、以下の様にすれば出力できると思います。 ライブラリの利用は @ywat さんがこちらで示しておられるので、私はベタな形で。 import struct def write(out_filename, word, float_strings): with open(out_filename, "ab") as fp: fp.write(word) fp.write(struct.pack('b',0x20)) for x in float_strings: fp.write(struct.pack(...


2

Asuka さんが質問文で例に挙げている「アイテムベース」の例は、むしろユーザーベースの例だと思います。 ユーザーベース vs アイテムベース ユーザーベース協調フィルタリングでは、どのユーザーがどのアイテムを買ったかを元に、ユーザー×アイテムの表をデータベースとして持っています。そして新しいユーザー A が商品を買ったとき、どのアイテムを推薦するべきかを A さんと似た購入履歴を持つ ユーザー を探すことで決めます。ユーザー間の関係性をもとに推薦アイテムを決めているので、ユーザーベースです。 対してアイテムベース協調フィルタリングでは、どのユーザーがどのアイテムを買ったかを元に、アイテム間の類似性を示すアイテム×アイテムの表をデータベースとして持っています。そして新しいユーザーが商品 X を買ったとき、...


2

gensimの場合なら以下のようにして古いモデルを読み込んだ後に新しいデータを与えれば学習できるはずですよ。 model = word2vec.Word2Vec.load("old_model") model.train(sentences)


2

コスト自体の定義は行いたいことに合わせて変えればよいのでどちらの定義でも良いとは思いますが、通常 weighted edit distance と言うと 2 の方の定義が使われます。簡単に検索してみたところ、たとえば Stanford の "Introduction to Information Retrieval" では 2 の定義が使われています。また WikiBooks の "Algorithm Implementation/Strings/Levenshtein distance" にある実装も 2 の定義に従ったものになっています。 たとえば 2 つの DNA の "類似度" のようなものを比べたくて編集距離を使うことになったとしましょう。時間発展に従って DNA が変化していく中で、挿入・削除・...


1

原因がはっきりしないのですがsliceがうまくいっていなかったようで、以下で解決できました。 ありがとうございました。 words_list = [] t = MeCab.Tagger('-d /usr/lib/x86_64-linux-gnu/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd') for s in readtextlist: s_parsed = t.parse(s[0]) words_s = [] for line in s_parsed.splitlines()[:-1]: word = line.split("\t")[0] if word == 'EOS': break ...


1

ローカルではなくWeb環境で実行したところ問題なくできました。ありがとうございました。


1

node = node.next のインデントの高さが elif node.feature.split(",")[0] == u"動詞":文の内部になってしまっているので、ほぼ無限ループに近い形になってしまっているのではないでしょうか。


1

リストで作成して最後にデータフレームに変換するのが簡単では? datas = [] for unseen_doc, raw_train_text in zip(test_corpus, raw_test_texts): # print(raw_train_text, end='\t') for topic, score in lda[unseen_doc]: score_by_topic[int(topic)] = float(score) entry = [raw_train_text] for i in range(NUM_TOPICS): # print('{:.2f}'.format(score_by_topic[i]), end='\t'...


1

MeCabをpythonから使う場合、mecab-python3を入れて使うことができます。nattoを使う代わりにmecab-python3を使って修正したスクリプトは以下です。 import MeCab from sklearn.feature_extraction.text import TfidfVectorizer import numpy as np mecab = MeCab.Tagger('-d /usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd') corpus = [] with open("tfidf_test.txt") as f: targets = {} rm_list = ["RT", "https", "co"] ...


1

今回お使いのライブラリの API ドキュメントによると、most_similar() はコサイン尺度から類似度を判定するようです。コサイン尺度は 2 つのベクトルの内積と符号が同じであり、距離とは異なりマイナスにも成り得ます。特に 2 つのベクトルの成す角が鈍角のときに負値となります。


1

64bit版のMeCabをインストールしていませんか? 私も同じ症状が出たのですが、32bit版のMeCabを追加でインストールし解決しました。 32bit版は公式サイトのBinary package for MS-Windowsからダウンロードできます。 インストーラーの指示通りにインストールしてください。 (参考) 公式サイト - http://taku910.github.io/mecab/


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります