次のタグが付いている話題の回答:

8

シェル ユーザからのコマンド入力を受け取りコマンドを実行するためのプログラムです。 LinuxにCUIの画面では「コマンドプロンプト」が表示されますが、それを表示しているのがシェルです。 また、コマンド入力をテキストファイルに保存することで、保存された一連の操作を実行させることもできます。テキストに書かれたコマンド群を「シェルスクリプト」と呼びます。 シェルスクリプトはデーモンプロセスの起動や停止などでも使われてますし独自のシェルスクリプトを作成して 新しいコマンドとして使用するのもよくある使い方です。 bash, tsch, ksh, zsh など色んな種類のシェルがあります。 ターミナル 日本語だと端末といいます。...


6

data component/presentation component は bi-directional text のサポートの為にECMA TR/53を元に導入された概念です。 data component は入力されたデータがそのまま保存される領域で、 presentation component は実際に画面に表示される形式になります。 例えばABC<SRS 1>def<SRS 0>GHIという入力があった場合、(<SRS>は書字方向の反転の制御シーケンス) data component 内のデータは ABCdefGHI となりますが presentation component では ABCfedGHI となります。(...


3

Shell; シェル 入力を得てプロセスを立ち上げる役目を担います。入力はスクリプトファイルだったり、ターミナルだったりします。 Terminal; ターミナル、端末 現在ではモニタやキーボードなどがのパソコンに直結された構成が一般的ですが、UNIXが登場した時代にはそのような装置は存在せず、端末をシリアル接続していました。VT100なんかが有名です。 このような端末を利用するプログラムが数多くあるため、現在では、既にあるモニタ、キーボードを利用して端末をエミューレートして使います。このため端末エミュレータ・仮想ターミナルなどとも呼ばれます。 コマンドプロンプト Windowsのコマンドプロンプトを想像してしまいますが、...


2

ファイル(やフォルダ)の種類やアクセス権限によって ls 実行時の色が変わるのですが、見えにくくなってしまったフォルダは共有フォルダとして設定した際に「他のユーザに許可する」にチェックをいれたためアクセス権限も変更されており、注意が必要なため背景色が設定された状態です。 共有フォルダの設定を解除した後も上記のアクセス権限はそのままなので、必要に応じて手動で元に戻してください。 方法1 (ターミナルからコマンドで実行) $ chmod 755 Desktop 方法2 (GUIでファイラから実行) 対象のフォルダを右クリックして「プロパティ」を開き、「パーミッション」タブを選択。 2つ目と3つ目の「フォルダのアクセス権」を「ファイルにアクセスのみ」に変更。 (以下の画像は Ubuntu Mint ...


1

ターミナル (gnome-terminal等)が シェル (bash等)を呼び出して コマンドプロンプト (PS1等)が表示され、そこにユーザーがコマンドを入力できる、という関係です


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります