次のタグが付いている新しい回答:

-1

user36828さんの回答ですでに決着していますが、整数を渡した場合と小数を渡した場合で具体的にどのような違いが出るのか興味が出てきましたので調べてみました。 ケース1 numerical_gradient(f2, np.array([3.0, 4.0])) と ケース2 numerical_gradient(f2, np.array([3, 4])) で、次の計算結果が変わりました。 x[idx] = tmp_val - h ケース1のとき、x[idx]はtmp_valよりhだけ小さい小数になりますが、 ケース2のときはtmp_val - hの計算結果の小数部が切り捨てられた整数がx[idx]に格納されます。 私も少し前「ゼロから作るDeep Learning」...


4

ndarrayは内部に「型」をもちます。 print(np.array([3.0, 4.0]).dtype) # float64 print(np.array([3, 4]).dtype) # int32 今回のような浮動小数点数の計算をしたい場合に、int系の型のndarrayを渡すと、結果がintに丸められてしまいます。 x = np.array([3, 4]) x[0] += 0.1 print(x) # [3 4] 次のようにすれば、[3.0,4.0]と同じ結果を得るはずです: numerical_gradient(f2, np.array([3, 4]).astype(np.float)) 参考: https://docs.scipy.org/doc/numpy/reference/...


上位 50 件の最近の回答が含まれています