次のタグが付いている話題の回答:

4

現在普通に手に入るコンピュータでは、組み込み用マイコンからスーパーコンピューターまでのほぼ全てで IEEE754 (ISO/IEC/IEEE 60559) を採用しているので、よほど古いないしは特殊な機械を除き同じ処理をさせれば同じ結果を得ます。「キャッシュ」は文字通り「隠されている代物」なので、あってもなくても同じ結果が出なければなりません。キャッシュの有無によって結果が異なるのであれば、それは「隠されていない」のでキャッシュと呼んではいけないっす。 IEEE754 で内部表現できる数値は正確ですので、それら同士の演算結果は正確で、つまり必ず同じ結果が出ます。丸めモードが違うと結果が異なることはありますが、それは丸めモードを指定していない(機器固有の初期状態に依存している)プログラムの不備です。 ...


3

演算精度のせいで、sqrt(n * n - l * l)に与えられる引数の値とsqrt(n * n - d * d)に与えられる引数の値が異なるためです。 (なお、longの表す桁数は処理系によって異なりますが、ここでは出力例から、longは64ビット整数型を表すものとします。) n * n - l * lを引数とする場合、nおよびlは共にlong型であり、また、途中計算のn * nとl * lの結果もlong型の範囲に収まるため、計算結果は正確にlong型の986074550526975となり、その値が暗黙の型変換でdoubleに変換された後にsqrtが呼ばれます。 それに対して、n * n - d * dを引数とする場合、n * nは一旦longで計算され、...


1

sqrt ではなく、その前段の n * n - d * d の時点で丸め誤差が生まれています。 printf("%.10f\n", double(n * n - l * l)); printf("%.10f\n", n * n - d * d); を実行すると 986074550526975.0000000000 986074550526976.0000000000 と出力され、下 1 桁が異なります。 IEEE 754 の倍精度では、2 進数で 53 桁まで情報を保持することができます(一番上の整数部分の桁を含む)。これは 10 進数だと約 15.95 桁で、今 17 桁 ひく 16 桁の計算をしようとしているのでどこかで丸めが起きる可能性があります。 では、...


1

浮動小数点演算はランダムに誤差が乗るわけではありません。1 + 1が常に2であるのと同じように0.1 + 0.1の結果は(同一プロセッサーであれば)常に同じ値となります。その上で、 volatile double result = 0.0; や result += 0.1; のように演算に関わる数はすべて定数であることから、これらの演算の結果は全て一致します。 なお、なぜ誤差が生じるかというと、0.1という定数が正確ではなく、double型で表現できる最も近い値とされ、この時点で誤差が生じています。その上で10回加算することでその誤差が10倍に広がっているだけです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります