次のタグが付いている話題の回答:

6

結論だけでよければ、Wikipedia(その引用元はIEEE-754規格そのもの)に書いてあります。 IEEE-754 6 文字列表現 二進形式の値を十進の外部文字列形式に変換する場合、以下の桁数にすれば元の値を完全に保持できる[11]。 binary16 の場合、5桁 binary32 の場合、9桁 binary64 の場合、17桁 binary128 の場合、36桁 IEEE形式倍精度の仮数部は53bit、よくある有効桁数の計算53×log_10(2)≒15.9545から16桁と言う数字を出すことがありますが、それでは完全に元の値を再現できない場合があると言うことですね。 数学的な解説が欲しいのか、結論だけわかればいいのか不明なので、とりあえずはここで置きます。 ...


5

IEEE 754 の倍精度で、最近接偶数丸めを使った場合を考えます。 このとき、10 進表記で 17 桁が最適です。ただし注意点があるのでこの投稿を最後まで読んでください。 IEEE 754 文字列表現 IEEE 754 には、浮動小数点数のビット列を文字列形式に変換する機能の仕様があります。特に 10 進表記の文字列とは相互変換のアルゴリズムが定められており、このアルゴリズムにしたがうと倍精度では 17 桁の有効数字が最適です。 IEEE 754 には更に、17 桁よりある程度多すぎても駄目だと書かれています。文字列への変換の実装によっては有効数字を 17 より 3 以上増やしてしまうと逆変換で元に戻らない場合があるそうです。 (具体的にどのような実装だとそうなるのか私は把握していません。) 16 ...


5

(SQLServerにデータを投入するという情報から、“他のシステム”がWindows系だと仮定して回答します。また、NTPで戻された=OSの時刻を採用していることも前提になります。) Windows Time サービスは下記の情報の通り、ご質問で期待されているような時間の精度を持っていません。ソースにされている情報が、要件をそもそも満たしていないことになるので、“差分”の安定性について再検討する必要があると考えられます。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2722681 Windows Time サービスの精度 Windows Time サービスは、Kerberos 認証が正常に動作する範囲で NTP Client と NTP Server ...


2

a を辞書型に格納して検索した場合に上手くいかないのは、bを四捨五入すると最初の四捨五入と両方で切り上げ又は切り捨てになってしまって1回の四捨五入であるaと同じ数字にならないためです。例えば、0.0000014996は、aでは0.000001になりますが、bでは0.000001500になりそれを四捨五入すると0.000002になります。 こういうケースが発生するのは、bで小数点7桁以下が500になる場合です。そのケースだけ、切り捨てになる場合と切り上げになる場合の両方で辞書を検索してやれば、どちらかで検索が一致するはずです。それで次のような式で計算できます。 def func(a, b): delta = np.array([-0.0000000001, 0.0000000001]) ...


1

倍精度小数をテキスト形式で保存する場合には、10進数の有効桁数N桁表示で表すのが妥当だと考えています。 数値をテキスト形式で保存する目的がわからないので妥当性の判断ができません。 そのテキストデータをどのように使用するのでしょうか? もし同じ(CPUアーキテクチャの)マシンでプログラムが読み込んで その値を演算等に使用するだけであればテキストでなく バイナリ形式で保存すれば完全に値が保持されます。 テキスト形式で保存する必要があるでしょうか? 倍精度浮動小数を10進数の有効数値表示で保存する場合、元々の数字に必ず戻ってこれるような有効桁数のうち、最小のものはいくつですか? そのマシンのCPUがどの規格に従うかで変わってきます。 現在の多くのパソコンはIEEE 754 形式です。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります