次のタグが付いている話題の回答:

4

ざっくり「product-card__image-linkクラスと、data-indexとhref属性を持ったaタグ」を検索する正規表現を意図したのでしょうが、そうでない文字列も検索対象になってしまいます。以下理由を示します。 おそらく[\s\S]はスペースの事を指していると思われる。 ... classの中身が追加されて、先ほどと同様にスペースが入ってdata-index属性に入る文字列が検索対象となる。同様にスペースでhref属性に入る文字列が何でも検索対象となる。 \sは空白文字(スペース、タブ、改行)にマッチします。\Sは空白文字以外すべての文字にマッチします。したがって、その両方を組み合わせた[\s\S]は、すべての文字にマッチするということになります。大文字小文字が紛らわしいですね。 .と違って、...


3

/o フラグは再帰するかどうかではなくて、正規表現のリテラル表記を評価する度に展開するかどうか(新しい正規表現オブジェクトを作るかどうか)です。 3.times do |i| re1 = /#{i}/ re2 = /#{i}/o p [re1, re2] end 出力 [/0/, /0/] [/1/, /0/] [/2/, /0/]


2

https://docs.python.org/ja/3/library/re.html#re.split セパレータ中にキャプチャグループがあり、それが文字列の先頭にマッチするなら、結果は空文字列で始まります。同じことが文字列の末尾にも言えます。 メソッドの説明に書いてあるとおりです。 >>> re.split('(a|b)', 'cac') ['c', 'a', 'c'] >>> re.split('(a|c)', 'cac') ['', 'c', '', 'a', '', 'c', ''] この差を考えればいいでしょう。


1

re.split() は正規表現を区切りとして、区切り以外の部分を抽出してリスト化する関数です。street_addressは区切り文字列で始まっているので、空文字列が抽出されます。特殊な動作として、区切り文字正規表現にキャプチャがあるとキャプチャされた文字列も結果に入ります。 例示されているような用途にre.split()を使うのはとても奇妙で、re.search()かre.match()を使うのが適切ではないでしょうか。 match = re.search(pat, street_address) # 都道府県、市区町村、その他を表示 print(match.group(1), match.group(2), match.group(3))


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります