次のタグが付いている新しい回答:

0

同じ主張「ネットワークにおけるパラメータの数の10倍の学習データを用意しろ(=the rule of 10)」についてソースコードつきで解説しているページがありましたので、それを元に回答します。 How much training data do you need? Tensorflow-Projects / training_data_exploration.py リンク先で筆者はロジスティック回帰を複数のパラメータで実施し、その結果からだいたい正確なモデルにするにはパラメータの数の10倍の学習データが必要と結論付けています。 当該部分のソースコード # Construct a logistic regression model. Alternatively, one can also use # ...


1

強化学習は、問題設定の話です。世界を、(状態, 行動) -> (報酬, 状態) な関数であるとみたてて、過去と現在の状態たちとこれまでの報酬から、 next action を決定する関数をどう定めると良いか、で定式化される問題です。 ベイズ最適化は、端的に言えば、「ベイズの確率論で最適化しましょう」という最適化技法の話です。 遺伝的アルゴリズムは、「最適化対象物をデータ構造化し、評価の良い個体は、そのデータ構造を少し変異させるか(mutation)、他の良い個体のデータ構造の適当なパーツを自分のパーツと交換することで(交差)、さらに評価が高くなる可能性が高い。」という仮定の下、適者(評価値の高い個体)生存と変異・交差を交互に繰り返すことで、最適化を行う手法です。 個人的には、...


3

強化学習は累積報酬を最適化する まず、強化学習は他のふたつとは最適化しようとしているものが異なります。ラフに書くと、状態の評価関数 f に対し、強化学習は行動を何回もした後の累積報酬 f(x₁) + f(x₂) + ... + f(xₙ) を最大化するための手法であるのに対し、他のふたつは 1 回の報酬を最大にするような値 argmaxₓ f(x) を求めるための手法です。 このため、強化学習では「状態 → 行動」の関数(policy)を求めますが、ベイズ最適化や遺伝的アルゴリズムでは最適な設定値など最大点を求めます。 遺伝的アルゴリズムはヒューリスティクス ベイズ最適化と遺伝的アルゴリズムは、どちらもブラックボックス最適化であるという意味で、同じフレームワークに属する似た手法です。 ...


1

以下のコマンドでインストールしてみてください。 conda install pytorch torchvision cpuonly -c pytorch こちらの環境でも同様の現象が発生しました。 >python -c "import torch; print( torch.__version__ )" Traceback (most recent call last): File "<string>", line 1, in <module> File "C:\Users\XXXX\Anaconda3\lib\site-packages\torch\__init__.py", line 81, in <...


上位 50 件の最近の回答が含まれています