職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている新しい回答:

0

層を増やすのも一つですが、特徴(CNNの出力)を増やすというのも一つです。この辺は「ハイパーパラメータ」と言って、今のところ試行錯誤するしかありません。OPUTUNAという、自動調整ツールもありますが、これがやることは「実際に学習して、どの組み合わせが一番学習が進むかを試す」と言うことです。自動化されていますが、やってみることに変わりはありません。


-1


1

今の実装の方針で直近20回のデータから回帰で予測する場合の出力の教師データは次のような形じゃないかと思います。 // 正解が上昇の場合 floatArrayOf(0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 1F) // 正解が変わらずの場合 floatArrayOf(0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F) // 正解が下落場合 floatArrayOf(0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, 0F, ...


5

modelConfig.layer(layer, OutputLayer.Builder() .nIn(beforeOutputCount) .nOut(1) .activation(Activation.SIGMOID) .weightInit(WeightInit.XAVIER) .build()) 最後の層の出力にSIGMOID関数がかかるので、必ず0~1になります。 データセットの具体例がないので正確にはわかりませんが、売り上げ個数ということで実際は自然数になるはずですが、0~1の範囲で最も近い0.999…になっているのではないでしょうか。 val middleLayerLength = 100 ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています