次のタグが付いている新しい回答:

1

点での回答で申し訳ないですが、Trainable Parameter(訓練可能パラメタ)は学習パラメータですよね。 訓練データでこれらのパラメータを決定していきます。たとえば、各ノード間の「重み」だったり、アルゴリズムによっては定則化項のパラメータだったりです。 まず、なぜGPUを使うと速くなるのかを考えれば、もとの文脈は理解できるかと。。 もとの記事の文脈では、学習させなくてはいけないパラメータが少なすぎるため、GPUでの処理も、CPUでの処理も大差ない状態になったと考えました(計算量がすくなすぎる)。そこで、パラメータの数をふやしてみたら、ようやくCPU単体の処理での限界を超えて、GPUの効果がみとめられるようになりました。 という意味だと思います。


上位 50 件の最近の回答が含まれています