次のタグが付いている話題の回答:

3

強化学習は累積報酬を最適化する まず、強化学習は他のふたつとは最適化しようとしているものが異なります。ラフに書くと、状態の評価関数 f に対し、強化学習は行動を何回もした後の累積報酬 f(x₁) + f(x₂) + ... + f(xₙ) を最大化するための手法であるのに対し、他のふたつは 1 回の報酬を最大にするような値 argmaxₓ f(x) を求めるための手法です。 このため、強化学習では「状態 → 行動」の関数(policy)を求めますが、ベイズ最適化や遺伝的アルゴリズムでは最適な設定値など最大点を求めます。 遺伝的アルゴリズムはヒューリスティクス ベイズ最適化と遺伝的アルゴリズムは、どちらもブラックボックス最適化であるという意味で、同じフレームワークに属する似た手法です。 ...


2

先の質問 バギングした決定木を可視化したいのにエラーが出る にもコメントしましたが、RandomForestClassifier も同様です。 # データを可視化 model = clf.estimators_[num] model = model.fit(X_train,y_train) for i, t in enumerate(model.estimators_): dot_data = tree.export_graphviz( t, feature_names=["Tol"], class_names=["C1","good","C5,D5"], filled=True, rounded=True ) pydotplus.graph_from_dot_data(...


1

以下のコマンドでインストールしてみてください。 conda install pytorch torchvision cpuonly -c pytorch こちらの環境でも同様の現象が発生しました。 >python -c "import torch; print( torch.__version__ )" Traceback (most recent call last): File "<string>", line 1, in <module> File "C:\Users\XXXX\Anaconda3\lib\site-packages\torch\__init__.py", line 81, in <...


1

強化学習は、問題設定の話です。世界を、(状態, 行動) -> (報酬, 状態) な関数であるとみたてて、過去と現在の状態たちとこれまでの報酬から、 next action を決定する関数をどう定めると良いか、で定式化される問題です。 ベイズ最適化は、端的に言えば、「ベイズの確率論で最適化しましょう」という最適化技法の話です。 遺伝的アルゴリズムは、「最適化対象物をデータ構造化し、評価の良い個体は、そのデータ構造を少し変異させるか(mutation)、他の良い個体のデータ構造の適当なパーツを自分のパーツと交換することで(交差)、さらに評価が高くなる可能性が高い。」という仮定の下、適者(評価値の高い個体)生存と変異・交差を交互に繰り返すことで、最適化を行う手法です。 個人的には、...


1

TensorFlow 1のコードをTensorFlow 2で動かしてエラーになっているので、以下のいずれかで解決すると思います。 TensorFlow 2の文法で書き直す TensorFlow 1互換モードで動かす TensorFlow 1にダウングレードする 参考) https://www.tensorflow.org/guide/migrate 簡単そうなところで、 import tensorflow as tf を import tensorflow.compat.v1 as tf tf.disable_v2_behavior() に変えてみたら、動作しませんかね?


1

この記事が該当すると思われます。 エラーメッセージのように、モデルデータが無いことが原因なのでしょう。 spacy.load('en')が実行できない Q: Jupyter notebookで下記のコードを実行すると、次のようなエラーがでます。 import spacy en_nlp = spacy.load('en') OSError: [E050] Can't find model 'en'. It doesn't seem to be a shortcut link, a Python package or a valid path to a data directory. A: モデルのダウンロードが済んでないことが原因のエラーですね。 ...


1

点での回答で申し訳ないですが、Trainable Parameter(訓練可能パラメタ)は学習パラメータですよね。 訓練データでこれらのパラメータを決定していきます。たとえば、各ノード間の「重み」だったり、アルゴリズムによっては定則化項のパラメータだったりです。 まず、なぜGPUを使うと速くなるのかを考えれば、もとの文脈は理解できるかと。。 もとの記事の文脈では、学習させなくてはいけないパラメータが少なすぎるため、GPUでの処理も、CPUでの処理も大差ない状態になったと考えました(計算量がすくなすぎる)。そこで、パラメータの数をふやしてみたら、ようやくCPU単体の処理での限界を超えて、GPUの効果がみとめられるようになりました。 という意味だと思います。


1

array = np.vstack(df.vec) により解決できました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります