次のタグが付いている話題の回答:

46

gitでお客さん毎にブランチを作ったこともありますが、10顧客の時点でギブアップでした。 結論としては顧客ごとの管理は実は管理ではなく問題の先送りをしているだけで、技術的負債を積み上げるだけなのでやらない。ソースは一本だけで、顧客固有の機能はプラグインなどで実装する、となりました。 コアのブランチ、カスタム機能のブランチ、さらにお客さん毎のブランチなどとしていれば、理論的には管理可能なのです。 でも、そのうち「取り急ぎ」のコミットが顧客ブランチにされるし、バグが見つかれば、他のお客さんの稼働中のコード全部の開発ブランチを作って、テスト&マージになり、その間に先の「取り急ぎコミット」がコンフリクトを起こしたりします。マージも毎回数百のコミットの検証をしないといけない。 仮にうまく管理できていたとしても、...


4

YAMLにおいて、行頭の-はリスト(配列)を表します。リストは、複数のものを並べるための記法です。 質問者さんのYAMLドキュメントを正しくインデントすると以下のようになります。これは全体として、vmware_guestモジュールを実行するタスクCreate a virtual machine on given ESXi hostnameを定義するものであることが分かります。 - name: Create a virtual machine on given ESXi hostname vmware_guest: hostname: "{{ vcenter_ip }}" username: "{{ vcenter_username }}" password: "{{ ...


4

一番最初にしなければいけないのは、テスト戦略を練ることだと思います。 つまり、ここはバージョンアップのためには毎回確認しなければいけない箇所としなくて良い箇所を明確にすれば自ずと作業工数は減ります。 さらには、毎回確認しなければいけない箇所を減らすにはUnitテスト・E2Eテストを拡充していくのが王道のやり方ではないでしょうか。 銀の弾丸というのはなく普段からの設計・テストをしっかり行うのがよいと思います。 お金があればテスト会社に依頼…というやり方もあります。 バージョンアップ時に工数が減るようなシステムの設計・管理方法 バージョンアップのための特別な設計方法を探すよりも、普段からキレイな設計(ドメイン駆動設計など)をここがけていればよいかと思います。


1

ホスト毎(ターゲット毎)に変わる値は、host_vars が利用できます。 inventory に書いたホスト名と同じファイル名の yaml ファイルを host_vars ディレクトリに置いておくことで、対象のホストをターゲットにした時のタスクは、host_vars の yaml ファイルの設定を使います。 ホスト毎(ターゲット毎)に変わる値は、この様に対処はできると思いますが、質問にあるような接続しているホストのIPアドレスを変更するようなタスクは、また別の問題があると思います。 ./inventory [servers] client01 ansible_host=192.168.56.30 ansible_user=ansible client02 ansible_host=192.168.56....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります