次のタグが付いている新しい回答:

4

RSA 暗号を用いて、暗号化と復号化を行った場合、 法として用いる自然数Nが、平方因子をもたない整数であること N のすべての素因数 p_i に対して、 p_i - 1 が ed - 1 を割り切る (e は公開鍵の指数部、 d は秘密鍵。) の2つが、すべての 0 <= M < N に対して RSA の暗号化と復号化を行った際に、元のメッセージ M を取得できる必要十分条件。 また、用いた(擬)素数 p, q が、互いに素であって、かつそれぞれが素数であるかカーマイケル数である時に、任意のメッセージ M は RSA の暗号化と復号化の処理で元に戻る。( M ≡ M^{ed} mod N が成立する) https://blog.yukii.work/posts/2021-12-30-...


上位 50 件の最近の回答が含まれています