次のタグが付いている話題の回答:

7

いまどきの CPU では2の補数系が使われているものがほとんど(というより全て)です。 オイラは両手で足りない種類の CPU を使った経験がありますが、 その全てが2の補数系を採用していました。 (H8/H8S/H8SX/RX/8080/Z80/8086/80186/80286/x86/x64/68000/V850/MN101/MN103/RL/78K/78K0R) 21世紀現在、2の補数でない CPU を使うことはまず絶対にないと考えて差し支えないです。 1の補数な CPU を使うことがあったら貴重な経験がつめてラッキーと思ってください。 2の補数系を使うメリットはご理解のとおりです。


2

例えばC言語でintの変数に負数を設定してその内部表現(ビット列)を表示することで 2の補数が使われているか1の補数が使われているかは、判断できると思います。 それで、C言語自体で表現の変換がされていることを疑う場合は、 アセンブラ出力を見てそのような変換が行われているかどうかを調べるか、 CPU(その他)のマニュアルを調べる。


1

対象の論理演算の値の16進数と認識していなかった、数字の後のh意味を考えていなかったのが原因でした。


1

よくわかりませんがSourceForgeを検索すると色々ヒットしました。 http://sourceforge.net/directory/os:windows/?q=blackboard+ これ↓とかそれっぽいので試して見てはいかがでしょう。 OpenBBS is an open and extensible blackboard system for the development of flexible workflows. The flexibility is achieved through adoption of the blackboard pattern. OpenBBS is modular and embeddable which makes it a lightwheight ...


1

平均符号長L=エントロピーs(H)という風に考えていいということですか ある情報源Sに対して、“最短の”平均符号長L は エントロピーH(S)に等しい、という解釈が正確かと思います。 引用元サイトに H(S) ≦ L <H(S)+ε(εは任意の正数)とある通り、情報源符号化定理は「どのようなアルゴリズムをもってしても、平均符号長LをエントロピーH(S)より短くすることは原理的に不可能」なことを示しています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります