次のタグが付いている話題の回答:

2

Android の場合は単純に タスクの切り替え かなと思います。(より細かく表現するならアクティビティ?) タスクとバックスタック  |  Android Developers この時点で、ユーザーはホームに移動してタスク B を開始したアプリケーションを選択して (またはオーバービュー画面でアプリのタスクを選択して) タスク B に切り替えることもできます。 これは、Android のマルチタスク操作の一例です。


2

「APIは」とか API「だけ」ではなく、昔からいろんなものが「叩かれ」ているのだと思われます。 コンピュータ関連で言えば、初期の入力装置がキーボードを使う「パンチカード」や「テレタイプ端末」で、以後も現在までずっとキーボードを使っており、また同時期に普及した電卓でキーを操作する様子が、共に「叩く」と表現されるからでしょう。 ただし「叩く」APIと「呼ぶ」APIの区別があるかもしれません。 APIに限らず色々なものが「叩かれ」ますが、その時に前置きとして付くことが多いのが、「直接」(あるいは少ないですが「低レベル」)です。 普段はライブラリ/フレームワーク/サービス/システムに覆われていて間接的に使われている「低レベルな」ものを、「直接」使うから「叩く」で表現する感じです。 ...


1

iOSはタスクスイッチャーやAppスイッチャーなどを使います。 公式サポートのページに書かれている用語ではAppスイッチャーと書かれているので、最近はAppスイッチャーというのではないでしょうか。 画面下部の中央から上にスワイプし、そのまましばらく指を放さず、App スイッチャーが表示されたら放します。 https://support.apple.com/ja-jp/HT202070


1

叩く/敲く(タタク)とは - コトバンク 8 (「門をたたく」などの形で)教えを請うためにたずねる。「師の門を―・く」 日本語の意味の「教えを請うためにたずねる」が近いのではないかと考えます。 個人的には 実装が完了したばかりで動作確認をしたい場合は、「動くことを確認したいので、APIを叩いてみてください」 テストもおわり、実務で使うようになった場合では「APIを呼んで(callして)いただければ値が返ります」 というようにどちらかというと「確認」という意味合いを含みたい場合に「叩く」を使って表現する傾向があるように思います。 冒頭に記載した辞書の別の箇所を引用しますが、 この「確認を含んだ意味」をやはり叩くはもっているようです(ようすを探ったりするの部分)。 叩く/敲く(タタク)とは - ...


1

この場合の「叩く」は、こちらからの呼びかけに応じてなにか返事があることを期待しての『叩く』で、個人的には「中に誰か入っているか確認するためドアを叩く」が一番イメージが近いです。 「ポートノッキング」などの用語/手法もありますが、APIに対して英語では call や callback が一般的かと思います。 他の方の回答と同じく、これらの"口語"は知ってる人には伝わるけど書き言葉としては不適切だと感じています ("エラーを吐く" 等)。


1

英語圏のエンジニアが使うhit apiの和訳だと思います。 個人的には、APIをたたいたことはないです。コマンドを「たたく」ことはありますが、APIは「呼ぶ(call)」ことが多いです。 「たたかれる」ものはコマンドのように新たにプロセスが生成されるイメージがあり、APIに使うのはなじみません(あくまも個人の感想です)。コマンド名をキー入力し、リターンキー(今はENTERキー?)をたたくのが由来だと勝手に思っています。 なお、pingは「たたく」のではなく。「打ちます」。「撃つ」のかもしれません。 不思議の国のSE用語を見つけました。けっこう面白いですが、あまり一般的ではないと思いました。 【追記】 「WebAPIを叩く」という表現をみつけました。こちらはあまり違和感がありません。「背後に重い処理が動くから」...


1

iota(イオタ)はギリシャ文字 ι を指す単語です。iota によって「ひとつずつ増える整数値の列」を示すプログラミング言語は Go 以外にも C++ の std::iota や Scheme の iota、そして APL の ⍳ などがあります。 Go の iota は APL に由来していると言って良さそうです。というのも Go の設計者の 1 人である Rob Pike 氏の話によると、まず同じく設計者である Ken Thompson 氏が iota という名前を提案したところ設計者 3 人(Ken、Robert、Rob)全員が APL のインタプリタを実装したことがあったため合意に至った、と書いているからです。 では APL の ⍳ はどういう由来なのでしょうか。APL の作者 Kenneth ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります