We changed our privacy policy. Read more.

次のタグが付いている話題の回答:

4

一般的かと思います。 歴史的には、1990年代には、UNIXのファイルシステムは、ファイル名に複数のドットが含まれているのをサポートしていましたし、その派生(?)であるLinuxのファイルシステムも同様でした。WindowsでもFAT32ファイルシステムでサポートしていたと記憶してます。(1998年くらいから) #HDFSはよくわかりませんが、現在はサポートしてます。 使い方は人それぞれと思いますが、名称の単語間を区切る文字として利用するのをよく見かけます。(質問の例だと「foo」「class」を区切っている) 特別メリットがあるわけではないですが、Windows、MacOS、Linuxのどこでも利用できるので、ファイル名中の単語の区切りとしては都合がよいと思います。 危険性も特にないと思います。


3

「クラス名(ClassName)が決まった時、それに対応するファイル名をどのように決めているのか」に関しては、グーグルのjavaコーディング規約に見られるようなものが一般的ではないでしょうか。 http://google-styleguide.googlecode.com/svn/trunk/javaguide.html これは言語依存でもあるのですが、この方式が一番わかりやすいように思います(私の場合、メインの言語がjavaだからかもしれませんが)。何をもって「名付けがうまい」かというのは難しい問題ですが、それが「どの程度標準的な(よく使われる)ものか」というのは指標の一つになるのではないかと考えています。ですので、例えばgithabで名付けが上手いプロジェクトを1つ探すというよりは、...


3

よくある UNIX 系カーネルソースやツールソース、すなわち c の話として 初期の c いわゆる ANSI-C より古いものにおいて enum はありませんでした。よってエラーコード一覧のようなものに英単語列を与えるには #define しか手はありません。よく知られている通り #define はソースコードテキストレベルでの置換で、濫用はご法度です。特に、短い名前を使うのは論外。 #define OK 0 /* alice.h */ #define OK 1 /* bob.h */ /* redeclaration */ /* I am charlie, how I can use BOTH `OK` ? */ enum は c89 で付け加えられたものですが、テキスト置換こそしないまでも、複数の ...


2

.も英数字と同じくファイル名を構成する記号のひとつに過ぎないので、「複数含めてはいけない」というルールは特にありません。 質問文での例に挙げられたものと考え方は少し違いますが、Linuxでは.tar.gzのような二重拡張子も一般的に使われています。 ファイル名の末尾にいわゆる拡張子として*.txtの形式で名前付けを行うのは元々「ファイルの種類を判別しやすいように」というだけで、プログラムの関連付けまで意味を持たせているのはWindowsのみです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります