次のタグが付いている話題の回答:

10

GPLの "ASP loophole(抜け穴)" 問題として認識されていることもあり、質問にある解釈が一般的かと思います。このようなGPL解釈に対して、別ライセンス Affero General Public License(AGPL) が準備されています。 下記記事も参考になります。 さよならコピーレフト GPLとサービスとしてのソフトウェア (原題"The GPL and Software as a Service")


9

Qiitaの利用規約には不明確な点があるので、Qiitaに問いあわせる必要があります。少なくとも「制限無く利用できる」という解釈は誤りです。 第9条(ユーザーによる投稿内容の取扱い) 2 ユーザーは、当社に対し、投稿内容について、無償にて利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む。)する権利を許諾するものとします。本項に基づく、ユーザーの当社への利用許諾の範囲には、本サービスを通じて、当社が他のユーザーに対して投稿内容の利用を再許諾することも含むものとします。特に、ユーザーは本サイトに投稿したコード、スニペットなどプログラムに類するものは他のユーザーが商用私用問わず使用することを許諾し、他のユーザーはこれを使用できるものとします。これにより、ユーザーは、...


8

利用者に2つのライセンスのどちらかを選ばせることは一般的に行われていて、デュアルライセンスと呼ばれています。ですがMITライセンスは負わせる責務が著作権表示のみですので、商用利用を禁じることはできません。 MITではなくより強いライセンス、例えばソースコードを開示する義務が発生するGPLやAGPLをオープンソース側に採用すれば有償ライセンスを選ぶインセンティブが生まれます。GPLとのデュアルライセンスの例としてはMySQLなどがあります。


8

その技術文書、およびソースコードに適切なライセンスを明記すれば良いと思います。次はGo言語の例ですが、ウェブサイトの内容(文章と図表)はCC3.0、ソースコードはBSDライセンスであることが明記されています。 Except as noted, the content of this page is licensed under the Creative Commons Attribution 3.0 License, and code is licensed under a BSD license. https://golang.org/ (フッターに記述があります) https://go.googlesource.com/go/+/master/LICENSE (...


8

Creative Commons — 表示 3.0 アメリカ合衆国 — CC BY 3.0 USを読んで、ご自身で判断されてください。厳密な法解釈はこのサイトではオフトピックとなります。 あくまで個人の見解としては、トップページの画像で各著者の肖像権を侵害している可能性はあるのかなと思いました。しかし、O'ReillyのCommonsにご丁寧にも各著者の画像も公開されているので、適法のようにも見えます。 尚、英語版はかなり以前から公開されています。


6

GPL v2であれば、ソースコード中に下記の文面を記載する必要があります。 ※フリーソフトウェア財団の住所は時々変わるので注意してください。 Copyright (C) yyyy name of author This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later version. This ...


6

自身の著作物であれば、次バージョンからライセンスを変更するのは問題ないと思います。 (すでにリリース済みのバージョンのプログラムのライセンスを変更するのは、いろいろと問題になると思いますが) #自身がライセンサであり一次配布元であるので、GPLの条項適用前という解釈です。 #もちろん、自身のプログラムがGPLなソースコードを流用、リンクしていれば、MITライセンスへの変更は許可されないでしょう。


5

まず、質問を拝見した感想を記載します: Qt社のサポートに問い合わせた方が適切な回答が得られるかと思います。Qt社にとってはFAQだと思いますので妥当な回答は用意済みなのではないでしょうか。 About Us/Contact Usを見る限り日本にも営業拠点はあるようですので日本語の問い合わせ対応も期待できます。 ここスタックオーバーフローのような技術者向けQ&Aサイトは、ソフトウェア(等)エンジニアリングについてのスペシャリストは多く集まっているかもしれませんが、法律についてのスペシャリストは居たとしてもごく少数だと思います。そのような状況下で、たとえそれらしい回答が得られたとしても、その回答が法律的に見て正しいのかどうか判断できないのではないかと危惧します。 ...


5

商用ライセンスとは あなたのプログラムの実行ライセンスは作者= Haru さんが決めるものであって好きに決めればよいのです。あなたの決めたライセンスがあなたの「商用ライセンス」です。現地の法律に反しない限りどんな不合理なライセンスを提示してもかまいません(お客様が1人もつかないかもしれませんけど)。ゆるゆるなライセンスを提示してもかまいません。世の中に「商用ライセンス」という名前の統一されたライセンスがあるわけでありません。 GPL 感染に関して プログラムの部品として GPL なソースを使うと、あなたのプログラムも GPL に縛られてしまう( GPL 汚染とか呼ばれてます)わけです。そのため GPL が課している義務を果たす必要があります。(プログラムの部品として LGPL ...


5

@pgrho さんの書かれているように、MITライセンスでは制限無く商用利用は可能です。(なお、GPL/AGPLでもライセンスの範囲で商用利用は許可されています。たとえば、商用Webサービスの内部でMySQLを使うような場合、GPLライセンスで利用できますし、ソースコードに変更を加えても公開義務はありません。) 非商用の場合はMIT、商用の場合は有料ライセンス このようにしたい場合には、MITライセンスを改変して「非商用に限って許可する」という条項を付け加えたライセンスと、商用ライセンスの二者択一にするのが良いでしょう。オープンソースでは無くなりますが、フリーソフトウェアを名乗ることはできます。


5

はい、Bootstrapを利用したLESSをCSSにコンパイルして配布することは、ライセンス上問題ありません。このライブラリはMITライセンスを採用しており、加工と再配布、派生作品に別のライセンスを採用することなどを許しています。 再配布する方法はいくつかあります。例えば、再配布するあなたの作品に以下のファイルを同梱する方法はいかがでしょうか。 ライセンス表記を含めたBootstrapのソースコード あなたの作品のライセンスを表記したLICENSEファイル 別の方法が良いですか?別の方法の例を挙げると、Rubyはライセンス表記が必要なソースコードを使用しており、その表記を以下のように別ファイル(LEGAL)として記述しています。 https://github.com/ruby/ruby/blob/...


4

Ruby 本体の再配布の話であれば、バージョンによって二種類あります。 Ruby 1.9.2 以前のものは GPLv2 + Ruby's のデュアルライセンス(GPLv3 非互換なので注意が必要のようです)、現在のものは BSDL + Ruby's のデュアルライセンスです。 また、どちらにも、 You may modify and include the part of the software into any other software (possibly commercial). But some files in the distribution are not written by the author, so that they are not under these ...


4

Ruby自体を改造するという話ではなく、あくまで実行時にRubyに渡して利用するソースコードの話と仮定します。そうした場合にアプリケーションのソースコードだけを別途独自のライセンスで配布することは問題ありません。(配布したいアプリケーションのソースコード内でRubyのソースコードを含めている場合などは話は変わります。) ですので、配布の際にはアプリケーションソースコードとRubyのバイナリをそれぞれ別のライセンスで配布されれば良いのではないでしょうか。 ちなみにRubyはRuby Licenseで管理されています。 Ruby公式サイトにあるlicense.txtを見ると、2-clause BSDLとしてバイナリの配布が可能とあります。(あるいは前文より下に書かれている独自条項に従うことでも配布可能だそうです。...


4

フォーク、改変しても大本のライセンス保持者は変わりません 自身が、フォーク、改変した部分を記載して追記するのは構わないですが、元の記載を削除するのは違反となるはずです


4

技術的というより法的な内容なので、詳しい判断は知的財産権の専門家に相談したほうがいいと思います。ただし、そこまでシビアな内容ではなさそうなので、わかる範囲で回答しておきます。 元のソースコードとの共通部分がたった10行であっても著作権が無効になるわけではないので、元のソースコードのライセンスに従って表示を行う必要があるでしょう。それに、現在のソースコードが元のソースコードを改変した結果なのであれば、多くの改変の結果元のソースコードの痕跡がなくなってしまっていたとしても、それは元のソースコードの派生物だと考えるべきでしょう。 「どのように実装しているかを見て参考にした」の方についてはケースバイケースとしか言いようがありませんし、人によって判断がわかれるでしょうが、...


4

すでに引用がある箇所を解釈すると 投稿者Aの投稿した記事のうち Qiitaで認められているライセンスの明示がある場合=>それに従う 記事中に含まれるソースコードの類=>商用私用問わず使用することを許諾 ソースコード類ではない記事部分(解説文章等)=>Qiitaの編集リクエスト機能のように編集、改変、複製できる となります。 @suzukis 氏は 少なくとも「制限無く利用できる」という解釈は誤りです。 と書かれていますが特に投稿者がQiitaで認められているライセンスを明示していない場合制限なく利用できる、と解するべきでしょう。ただ気になるのはCCで言うところのBYの部分ですね。SAとNCとNDは否定されていますが・・・。 @user20098 氏は ...


4

ちょうど今日、Qtブログにサポート関連の記事が投稿されました。 Qt Premium Support: Learning and Experiences 一度読まれることをお勧めします。 なお、GPL / LGPLが議論されていますが、GPL /LGPLを適用したアプリケーション と GPL /LGPLを適用したライブラリにリンクした非GPL /LGPLアプリケーション とでは全く状況が異なります。商用を検討されているとのことですので、後者が前提にあると理解しました。 LGPLに対する動的リンクの誤解が参考になります。 LGPL版Qtを使用した場合、作成されたアプリケーションはGPL / LGPLを適用する必要はありません。ソースコードの非公開、アプリケーションの複製不可等の制限を加えることができます。...


3

もしかして:import文などでモジュールを読み込む場合で、そのモジュールがあなたのアプリケーションに付属していない場合は、そのモジュールのライセンスはあなたのアプリケーションに影響を与えません。 3つのライセンスを共存させる場合 互換性はありますが、100%とはいえません。 In general, lax permissive licenses (modified BSD, X11, Expat, Apache, Python, etc.) are compatible with each other. 出典 ライセンス表記 MITライセンスを表記するときは、規定のライセンス文を使用しないといけません。もしMITライセンスで公開された既存のモジュールなどを使用する場合は、...


3

GPL2では動的リンクについて明確に記載がありません。ただ、FSFは「メモリを共有してリンクされている場合には、それらは一つのプログラムと見なす」と解釈・主張しています。 このFSFの主張はそれなりに支持されていますが、確定したものでは無く、判例等も無いはずです。


3

本家での質問を発見しました。 License question: GPL copyright header そこでの回答は 例えば次のような copyright 文なら見たことがある。 GPL が、改変されたものを配布する場合には、その旨を明示しなければならないと定めているからこのような記述を行っている(のだろう) でした。 /* * Copyright (C) 200?-200? Project * based on code by ForkedProjectCopyrightHolder copyright (C) 200?-200? ForkedProject * License: http://www.gnu.org/licenses/gpl.html GPL version 2 or ...


3

コメントにリンクが貼られていますが、Google APIs Terms of Serviceに準拠する限り無料で利用できます。 またPHPのクライアントライブラリ自体のバージョンはv1.1.2となっていますが、エンドポイントはv2のものになっているので、reCAPTCHA V2対応しています。 https://github.com/google/recaptcha/blob/master/src/ReCaptcha/RequestMethod/SocketPost.php#L48


3

Wikipedia の記事「Wikipedia:ウィキペディアを二次利用する」が非常に参考になります。 ライセンスに従って二次利用する場合、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについての理解が必要です。 Wikipedia のページの一番下には、2018 年 9 月現在以下のように書かれています。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 ここに書かれているように、Wikipedia のテキスト部分を利用するためには、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのうち「表示 - 継承」という種類のライセンスを守る必要があります。 大雑把に言うと、Wikipedia のテキストを使うためには「表示:...


2

Rubyに対するライセンスは 「2条項BSDライセンス (BSDL)」 と 「Rubyのライセンス(日本語訳)」のデュアルライセンシングです。Rubyのライセンスは、MIT ライセンスのように緩やかなライセンスで、いくつかの制限を守れば好き勝手できるものと考えてよいです。(Ruby は、ソースコードで配布されるものです。実行ファイルを別のサイトから入手しそれを配布したい場合(例)は、その配布元のライセンスも確認してください。その実行ファイルには、別のライセンスを付加するライブラリが組み込まれている可能性があります。) いくつかの制限により、「ruby を改変したならバイナリを ruby 以外の名前にする」などとしなければなりませんが、ほとんどの場合、Ruby の実行環境を使用したことおよび、ruby-lang....


2

LGPL2.1 の対象であるならば、第 6 節の規定に従わなければならないでしょう。 LGPL2.1 のライブラリ「だけ」を使うかどうかということは関係がなく、第 5 節の規定によって、対象外かどうかが決まってくると思います。「だけ」を使っていても、第 5 節の規定により、対象外となる場合は、第 6 節の規定に従う必要はないわけです。 Mozila/FireFox も LibraOffice も、そのライセンス一覧に glibc がありません。 Firefox も LibreOffice も LGPL2.1 の適用対象外である(と作者が判断している)ものだからでしょう。 本当のところは、Mozilla Foundation や、The Document Foundation ...


2

オープンソースのコードを取り込んだ時のライセンス表記について - 30歳からのブラウザづくり で面白い表記が紹介されていたので、参考までに。 The sock_readline() function is: Copyright (c) 1999 Eric S. Raymond Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation (略) ちょっと調べてみると、 WebDAV のクライアントライブラリである Neon の src/socket.c に書かれていた著作権表記のようです。...


2

※ 注意: 私は法律の専門家ではないので、この回答の厳密な正確性は保証できません。内容は必ずご自身でも確認するようにしてください。 まず OSI-approved License とは Open Source Initiative (OSI) という団体によって承認されたライセンスの集合を示す言葉であり、特定のライセンスひとつを指しているものではありません (参考1、2、3)。 さて、では feedparser はどのようなライセンスを持っているのでしょうか? pip が表示する情報だけだと分からないので、feedparser のソースコード・リポジトリを見てみます。LICENSE というファイルに詳しいライセンス情報が書かれています。2018 年 9 月現在、...


2

別段禁止がされているわけではなく、 リンクをした場合は同一のプログラムとみなしGPLを適用する → GPLと互換のないライセンスを採用するプログラムとリンクをするとライセンス上の矛盾が生じる → リンクを避けたい だと思います。


2

#「資料をプログラムに入れて使用する場合」の意味は、「資料データをプログラムソースに埋め込んで使用する場合」と解釈して回答します。 ライセンスの条件のうち「継承」(ShareAlike)を指定している資料であれば、埋め込んだプログラムも元資料のライセンス(CC-BY-SA, CC-BY-NC-SA)にする必要があると解釈するのが妥当と考えます。 CC-BY-SAの説明(日本語サイト) 原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを主な条件に、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンス。 #NCが加わると商用利用不可になる。 「継承」を指定していないCCライセンスの資料であれば、...


2

参考ページには、アイコンはCC BY 4.0のライセンスが付与されていると明記されていますから、これに従えば問題ありません。 CC BY 4.0は著作権表記が必要なライセンスですから、原則として著作権表記は必要です。 ただ、質問者さんが引用されているように、フォントファイルやJSファイル等には予め必要な著作権表記が含まれているためそのまま使用すればOKということになります。 png画像としてアイコンを使用する場合は、それ単体だと著作権表記がされていませんから、別途に著作権表記をする必要があります。 著作権表記の方法はCC BY 4.0に従えばOKです。一番簡単な方法は、著作権者(Font Awesome)を明記し、Font Awesomeへのライセンスページへのリンクを貼り、さらにCC BY 4....


1

正直この手のライセンスの話は提供者に直接聞くしかないのですが(第三者の説明は誤っているかもしれないし、そもそも責任も義務もないし) https://www.sra.co.jp/qt/licence/index.html によると Qt の商用版ライセンスを購入すると Q2. 中にある 1.-5. の理解であってそうです。 Q1. のほうですが、要するによくわからないところを教えてくれ、というサポートですよね? Microsoft においては「サポートは受けられるが有償」です。あなたのプログラムが動かない原因がマイクロソフトの側にある(要するに Windows のバグ)場合には結果的に無料となりますが、そもそもそのような問い合わせをするには有料のサポート契約が必要です。 Qt でどうだかは SRA ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります