職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

12

(一般的な話を書いたら長文になってしまいました。) プログラムが実行時にどうメモリを使うか、については色々なやり方があって、実際に色々試されて来たのですが、その中で定番になったのが、データを寿命によって次のとおり分類する方法です。 プログラムを実行する前からどのくらい必要か決まっていて、実行開始時から終了時まで存在し続けるもの 関数/サブルーチンの実行中のみ必要で、サブルーチンを抜けたら不要になるもの 実行してみないとどのくらい必要になるかわからないけれど、一つの関数やサブルーチンの実行を越えて存在し続ける必要があるもの Cの仕様では寿命をstorage durationと呼び、上の分類はそれぞれstatic、automatic、allocatedと呼んでいます。...


11

構造体はスタック領域を使う は正確ではありません。 構造体は置かれた場所をそのまま使うと言えばいいでしょうか。ローカル変数として構造体を宣言した場合、ローカル変数はスタックを使うため構造体はスタックを使うと言えます。しかし、クラスメンバーとした場合、そのクラス内に存在するだけで、クラスがどこに配置されたかに依存します。(そしてクラスはヒープを使うため構造体もヒープ上に存在することになります。)


8

一番大きな理由は、WebサーバとAPサーバでは求められる特性に正反対の部分があると言うことです。 Webサーバ 接続数 多い~極めて多い 一接続で消費されるリソース 少ない スケールアウト 容易 セキュリティリスク 低い APサーバ 接続数 1~多くても数100 一接続で消費されるリソース 多い スケールアウト 容易ではない セキュリティリスク 極めて高い 特に問題なのは、ネットワークの接続数です。これはCPUやメモリなど容易に増やせるリソースとは違うところで上限が出てきます。いわゆるC10K問題というやつです。接続数が極めて多い場合、サーバを複数にしないとさばききれません。 一方、APサーバはそれに合わせて複数台構成にする、というわけには簡単にはいきません。...


7

1つだけ答えてみます スタック領域のデータ構造はどのようなものなのか スタックです


7

メジャーなOSの1つとしてWindowsであればVMMapというツールが提供されています。もしWindowsをお使いでしたらご自身で確認してみてはどうでしょうか? Windowsであれば後方はシステム領域です。その手前にはImage(実行ファイル・DLL)が配置されていました。スタックもヒープも複数存在します。 スタックが複数存在する理由は、スレッド毎にスタックが必要になるためです。そのため「前の方」ではありますが「先頭」ではありません。 ヒープが複数存在する理由は、ヒープ確保の際にスレッド間ロックを排除するため、つまりパフォーマンスのためです。複数存在するため「後方」に配置する理由はなく、メモリー空間内に自由に点在していました。 これらはWindows以外にも当てはまる部分もあるかと思います。 ...


6

静的型付け/動的型付けの分類とメモリ管理手法との間に、強い関係はありません。型をいつ検査するかと、メモリ領域をどのように確保・解放するかは、ある程度独立に決めることができます。たとえば、自動的なメモリ管理の仕組みを備えた静的型付き言語は存在します。 いくつか簡単に具体例を見てみましょう。全てを理解する必要はありません。まずは色々な組み合わせがあることを確認してください。 C 言語は静的型付きであり、malloc 関数や free 関数などを使うことでプログラマが自分でメモリ領域の動的確保・解放を行います。 Go は静的型付きであり、ガベージ・コレクション (GC) によって、使わなくなったメモリ領域が自動的に解放されます。メモリ領域の動的確保については new や make ...


6

ヒープ領域とスタック領域の違いについて教えてください メモリ領域にはテキスト領域、静的領域、ヒープ領域、スタック領域の4つの領域がある。 テキストはプログラム、静的はグローバル変数やstatic変数、スタックは装飾しのないローカル変数、ヒープは動的に確保できる ここでプログラムやグローバル変数は利用する数や処理が確定すれば、プログラム中でサイズが変化することはない、スタックはOSやコンパイラがサイズを指定しているため定まったサイズが与えられる、ヒープはプログラム中で確保や廃棄されるため可変となる。 いつ確保されるのか スタックではプログラムの変数の宣言の直後に、確保し}に到達すると廃棄される、これは関数を多く呼び出す構造をもたせた時、変数はスタックと同じ動作になる。正確にはブロックや関数毎に管理される。 ...


5

スタックとヒープの違いを、使い方とデータ構造から説明します。 スタックは手続きの呼び出しで利用されます。手続きが呼び出されると、呼び出された手続きのローカル変数を格納するためのフレームがスタック上に生成されます。手続きからリターンすると、そのフレームも不要になります。メモリ領域の確保と解放のタイミングは、後から呼び出された手続きのフレームほど先に解放されます。 従って、スタックを実装するデータ構造としては、先入れ後出し(FILO)のデータ構造である「スタック(同じ名前なのでややこしいかもしれませんが)」がスタックを実装するのに利用されます。 これに対して、ヒープに確保されるメモリ領域は、確保と解放にこのような一定の順序がありません。先に確保したメモリ領域が先に解放されることもあります。そのため、...


5

質問がズレてきてしまっているのかもしれないので、最初の質問文「ヒープ領域とスタック領域の違いについて教えてください」に答えてみようと思います。 メモリ領域は元々は1つですがそれでは扱い辛いため、任意サイズ・ブロックに切り出し、使用・未使用を管理することで便利になります。この管理自体や切り出されたブロックのことをheapと呼びます。このメモリブロックをどのように使うかは利用者側の自由です。 グローバル変数(この用語自体、言語毎に定義されるもので一般化し辛いところですが)などはheapに内容を格納したりもします。 一方、プログラムは一般に呼び出し、戻りの繰り返しであり、グローバル変数のように常に特定のメモリを参照するわけにはいきません。例えば再起呼び出しなら呼び出し毎にそれぞれ異なるローカル変数が必要なはずです。...


5

WebサーバとAPサーバを分離する目的としては、挙げられているようなハードウェアリソースの分散化目的以外に、セキュリティ対策を目的として実施されることが多いです。 Webサーバ(外部から接続される)とAPサーバの間にファイアウォールを敷いてネットワークを分離することで、外部からAPサーバへのアクセスを制限できるようにするわけです。 公的/準公的なドキュメントでわかりやすそうなのが見つからなかったのですが、IPAのこちらのPDFの図の「公開Webサーバ」と「CMS用機材」のような形でWebサーバ/APサーバをそれぞれ配置することになります(実際にはAPサーバが処理する情報の性質によって配置する場所は変わりますが、典型例として)。 "APサーバ", "Webサーバ"に加えて"DMZ"や"ファイアウォール"...


4

メモリを含むほとんどのリソースはプロセス単位で管理されており、プロセスの終了方法に依らず、それらリソースは自動的に解放されます。 例外的に、Mutexなどプロセスを跨いで使われるリソースは明示的に解放する必要があります。 これら挙動はWindowsに限らず、現代のOSの基本的な機能ですので、他のOSでも同じことが言えます。


4

List<T>を含めて多くのコレクション型はデータの格納に配列を利用していますが、C#の配列は特に明示しない限りローカル変数であってもヒープに配置されます。


4

Web3層アーキテクチャで調べると色々出てくると思いますが、サーバーを機能で分割することで、システムより柔軟性を得られ、それにより幾つかメリット享受できます。 性能の向上 静的コンテンツと動的コンテンツの負荷が分散される ハードウェアリソースの最適化 (WebとAPだと必要なリソースが違ったりする) セキュリティ施策が取れる ネットワーク分離 (※) 不正アクセスによる被害のリスクが下がる(無くなるわけじゃない) 拡張性や保守性、耐障害性の向上 AP が落ちても かろうじてWebだけは動く(ソーリーページを表示させるなどできる) Web と AP それぞれ単独にメンテナンスできる デメリット 台数が増えるのでライセンスや保守のコストが増える。 ネットワークトラフィックが増える ...


4

1次元のデータの分割方法です. 1次元配列を分割する例で示します. 長さNの配列aをMブロックに分割するとき m番目のブロックの要素が, a[i+N/M*m]で指定されるのがブロック分割, a[N/M*i+m]なのがサイクリック分割です. ここでiはどちらも0~N/M-1をとります.また簡単のためにNはMでわりきれると仮定しています. 図がわかりやすいのでのせます [0,0,0,0,0,1,1,1,1,1,2,2,2,2,2,3,3,3,3,3,4,4,4,4,4] //ブロック [0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4] //サイクリック N=30,M=6の場合をのせました. 上がブロック分割,下がサイクリック分割です....


3

1台のサーバで両方を稼働させている時に、(1)メモリの不足、(2)CPUの高負荷、(3)実行プロセス数増大、といった原因でレスポンスが悪くなる兆しがみられるのであれば、複数のサーバを検討すべき時だと思います。  サーバを増やして期待されるのは性能(レスポンス)の良さです。1台構成でレスポンスが悪いのなら複数化のメリットが大きく、1台でもレスポンスが悪くないのなら複数化のメリットが感じられないという事になります。  こうした事から「1台でレスポンスが悪くなった時」に複数台化の検討を始めるのが良いと考えられます。


3

UnityのC#ではヒープ領域がガベージコレクションで解放されないため、 1度ヒープ領域が更新されるとアプリを落とすまでヒープを確保し続け アプリの確保メモリが非常に大きくなるため、スタックに移行できるものが あればスタックに移行したいと思い、このような質問をしました。 とのことですが、これは正しくないと思います。 構造体(より正確には値型)のListを生成した場合、他の方が回答なさっているように、 ヒープ領域(マネージヒープ)にその実体は存在することになります。 ただ、このマネージヒープ領域はガーベージコレクタの管理対象であり、参照が完全に無くなったListはどこかのタイミングで、ガーベジコレクトされます。 ただし、値型の内部にネイティブリソースへの参照などを保持している場合は、 ...


3

データ(通常、2次元以上の配列)を複数の計算機(複数のプロセス、複数のスレッド等の場合もある)で処理する際、データをいくつかの塊に分けて、個々の計算機がそれらを並列に処理していくのがデータ並列処理です。  ブロック分割とサイクリック分割は、塊に分ける方法の種類です。  ブロック分割は、一定の大きさの領域(ブロック)に分けていく方法です。  サイクリック分割は、1行(もしくは1列)の領域に分けていく方法です。  例として、1024x1024画素の画像を処理する場合を考えましょう。 [ブロック分割]  32x32画素をブロックとすると、元の画像は32x32個(1024個)のブロックに分けられます。 この1024個のデータブロックを個々の計算機に割り当てて並列に処理をしてゆきます。 [サイクリック分割]  ...


3

静的/動的型付けと、静的/動的メモリ割り当ては異なる概念なので一緒くたにすると余計に理解ができなくなります。動的型付けを行いたいとき、動的メモリ割り当てがあると楽になるかもしれませんが、動的メモリ割り当てが無くても動的型付けは可能でしょう。 例えば c の共用体なんてのは動的型付けに使うことができます。 union dynamic_content_type { int64_t IntegralValue; double FloatingValue; }; union dynamic_content_type u; この変数 u には整数型の値を格納したり浮動小数点数型の値を格納したりできます。任意の型(の値)...


2

100MB超のデータというのがどういうものなのか、どこで何をやってる時に Kill されているのかがわからないので、大量データをループで処理している最中に Kill されるというケースについてのお話です。 大量のデータをループで処理されるような場合、ループ内の処理を「autoreleasepool ブロックで囲む」のが定石かと思います。 使用言語が ObjCなのかSwiftなのかわからないのですが、ObjCなら while true { @autoreleasepool { // 処理 } } Swift なら while true { autoreleasepool { // 処理 } } です。


2

コード末尾の箇所を以下のようにかえてみれば実際に循環参照しているのか、いないのか確認できます。 weak var weakParent:Parent? = nil do { let parent = Parent() parent.didLoad() weakParent = parent } if let _ = weakParent { print("parentは解放されませんでした!!!") } else { print("parentは解放されました") } 答えを言ってしまうと、child.callback = hoge は循環参照になり、parentは解放されません。 循環参照をさけるには横着せずに、 child.callback = { [...


2

Jupyter Notebookは、変数以外にもキャッシュしているものがあります。出力(Out)は間違いなくキャッシュしています。変数を出力した場合、その変数をキャシュしていると思われ、サイズの大きなものを出力した場合はそれがキャッシュに残ってしまうので、メモリ不足になりやすいと思われます。 例をあげると、Jupyter Notebookでは、memory_profilerというパッケージを使うとメモリの消費量を測定できます。memory_profilerをインストールできていない場合は、まずインストールしておきます。 pip install memory_profiler 次のようなコードを実行させると、メモリーは回収できます。 %load_ext memory_profiler import ...


2

[weak self]を付けていない場合に、付けていないにも関わらず、クロージャ内に記載したselfは解放されており、コールバックなどでselfが参照された時点では、使用していたメモリ空間が別のものとして使用され、アプリ自体が落ちる場合があるか? ありません。 [weak self]を付けない場合、selfはクロージャーに強参照で保持されています。クロージャー自身が生きている限り、selfの参照先が解放されてしまい、他の用途に使われることはありません。 もしくは不正なメモリをアクセスしてしまうというところまではいかず、単純にnil参照で落ちるだけでしょうか? 上記したように、[weak self]を付けない場合、selfの参照先がクロージャーの実行中に解放されることはないので、「nil参照で落ちる」...


1

linux のメモリのスワップアウト・スワップインの単位 ページ単位です。 sar -W というコマンドにより、1秒辺りのスワップイン・スワップアウトの数が計測できるので、参考になるかと存じます。


1

回答にはなりません。アドバイス的な発言です。あしからず。 小さな組み込み系のプログラムをやっている方には当たり前の事なのですが、 CPUやメモリー等のハードウエア上には「型」の概念はありません。あるのは 1.メモリーのアドレス 2.CPUが前提とするバイト並び(エンディアン) 3.バイト数 の概念だけです。 スタックの概念がCPUのレジスタとして物理的に存在するCPUがほとんどですが、 これを使わない実行コードも作成可能で実行も可能なので必須の概念ではないかもしれません。 従って、OSや言語が前提とする「型」の概念は、 CPU上での実行時には「開始アドレス」とそこからの「バイト数」に還元されて取り扱われます。 まずはコンピューターの原理について調べてみてはどうでしょう。 そうすると、...


1

コードのこの部分を落ち着いてよく見てみてください. MatToBytes(mat, &pBuf ); std::string sName; ... sName(pBuf) ... sNameは関数ではなくstd::string型のオブジェクトです.エラーメッセージの言うようにstd::stringクラスにはoperator()(uchar*)が定義されていないのでsName(pBuf)という風に関数呼び出しのような形で用いることはできません. 子プロセスのイテレータの問題についても落ち着いてよく見てみてください, cv::Mat mat; ... std::memcpy(mat, pBuf, it->size()); ... エラーメッセージの言うようにstd::...


1

数値の目安はないと思いますが、メモリが逼迫してくるといくつかの通知がなされます。 最近(たしかiOS6以降)ではアプリのメモリが不足してくると UIViewControllerのdidReceiveMemoryWarningが呼ばれる AppDelegateのapplicationDidReceiveMemoryWarningが呼ばれる UIApplicationDidReceiveMemoryWarningNotification通知が飛ぶ などの兆候が現れます。その場合に不要なビューの開放やキャッシュなどたくさんメモリを使用していて、あとで再構築できるものを開放する処理を記述していれば問題ないと思います。 参考: https://developer.apple.com/jp/...


1

swiftでは特に処理を書く必要はないのでしょうか? 提示されたような定型的なreleaseはSwiftでは書く必要はありません。releaseが不要なので、多くの場合でdeallocを書くことさえ必要なくなります。 この辺りは、Objective-CでもARCを使っていれば比較的受け入れやすいと思います。まだ試したことがなければXcodeのEditメニューにConvert>To Objective-C ARC...と言うのがありますので、簡単なObjective-Cプロジェクトに適用してみてください。releaseが片っ端から削除されてしまうのがわかると思います。  ARCというのは簡単に言うと「コンパイラーがrelease, retainが必要だと思ったら自動的にその場所にそのコードを生成しちゃいます」...


1

質問者です。 質問後、いろんな文献を当たったところ、どうやら、使用中か否かはまずフリーリストにつながっているかどうかで判断し、各要素の属性(flagsや_count)は、先頭のページ情報で管理されているようだと理解しました。 従って、直にページ情報を見ても、意味が無いことがわかりました。 と言うことで、本件はクローズとします。 ありがとうございました。


1

サーバ機のスペックがあまりよくない場合は、ミドルウェアで役割をわけることができるので、その分複数台にわけることで負荷を軽減できるメリットが一番大きいでしょうか。機器の増設や更新・停止のしやすさもメリットになります。 もちろん物理的・論理的にマシンがわかれてしまうのでネットワークのオーバーヘッドが発生しますから、ネットワーク構成によってはパフォーマンスに問題が出ます。 また、複数台の機器にわけることで保守・運用費用も増えるかも知れませんが、自動監視やアプリケーション搭載の自動化などができればコスト改善やトラブル緩和もできるかも知れません。 対して、超絶ハイスペックのサーバ機1台にてVMを複数立ち上げて行う方法もありますね。 ただしこれは構築や運用面で恐ろしく高価になってしまうでしょうから、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります