次のタグが付いている話題の回答:

6

DispatchQueue.main.async { print("A") } は、 print("A") という処理をメインキューに登録します。 メインキューはメインスレッドで実行されます。 メインキューとメインスレッドは一つしかありません。 キューに登録された処理は登録された順に順番に処理されます。 ところで、メインキューにはすでにひとつ処理が入っています。 それは、 import Foundation DispatchQueue.main.async { print("A") } print("B") ですね。 つまり、 print("B") が終わるまでは、後からメインキューに追加された print("A") は実行されません。 forで10回やる場合も同じですね。 ...


5

Taskは結果を得るための一連の処理を表す概念です。例えばStream.ReadAsync()はread結果を得るためのタスクを返します。そしてTaskの実行方法については規定されておらず、.NETランタイムが効率が良いと考える方法で実行されます。 その際、基本的にはTaskは短時間で完了すると仮定し、不用意に多数のTaskを並列実行しません。もし、長時間実行するTaskなのであれば作成時にTaskCreationOptions.LongRunningを指定することでランタイムにTaskの性質を通知すべきです。 コードが提示されたので // 10個スレッドを生成する箇所 TaskWork taskWork = new TaskWork(); for (int i = 0; i < 10; i++) { ...


3

Cレベルではrb_thread_call_without_gvlまたはrb_thread_call_without_gvl2(違いはinterruptのありなし)を呼び出すことでGVLを外したスレッドで実行されることになります。逆に言うとこの二つの関数を呼び出しているところでは一時的にGVLが外れた処理がされていると言うことです。 2.6系のソースを軽く見た程度ですが、次のような所で上の関数が呼ばれていました。 Bignumの商・剰余 Dir.new/Dir.open Dir.chdir Dir.rmdir Dir.empty? Dir.glob File.chown Fileのstatといったファイルの状態を見に行く多くのメソッド File.rename File.truncate File.mkfifo ...


3

タスクで実行している内容に問題があります。 端的に言えばCPUコア数と同じ4タスクを開始した時点でCPUを100%使ってしまい、他の処理が行われる余地が非常に少ないためにタスクの起動が非常に遅くなっています。(まったく実行されないわけではありません) ですのでTaskWork.Workの中で他のスレッドに実行機会を譲るためにThread.Sleepを指定してやる必要があります。 while (true) { // taskで繰り返す処理 Thread.Sleep(1000); // 1秒間スリープする } スリープ時間はミリ秒で指定します。出来るだけCPU時間を譲りたくない場合は0とすると必要時のみスリープが行われます。


3

デバッガーであればスレッドウィンドウに情報がまとめられています。 プログラムからはネイティブのスレッドIDは意識するべきではありません。.NETのThreadと1:1対応するとは保証されていないからです。Thread.NameプロパティでThreadに名前を付けられるので、これで管理するべきです。 なお、Visual Studio 2008はすでにサポート終了済みですので、適切なバージョンに移行するべきです。開発環境と作成されるプログラムの実行環境は別です。古い開発環境を維持する意味はないでしょう。


3

frame = cv::imdecode(tmp, cv::IMREAD_COLOR); この行でcv::Mat::operator=()が呼ばれます。 Before assigning new data, the old data is de-referenced via Mat::release. と説明されている通り、frameの保持していたデータは解放されます。別スレッドでframe.clone()により読み出していればエラーになるのも当然です。 排他処理を挿入することで解決できますが、ロック範囲をどうするか、またframe変数以外にも排他すべき項目がないか、検討することをお勧めします。 <画像を取得しているスレッド> cv::Mat frame; cv::Mutex mutex; ...


3

Task.Delayは This method depends on the system clock. This means that the time delay will approximately equal the resolution of the system clock if the millisecondsDelay argument is less than the resolution of the system clock, which is approximately 15 milliseconds on Windows systems. と説明されているように、分解能依存であり、小さな値を指定したからと言って希望通りの動作をするわけではないことが明言されています。...


3

危険というのは、正しく理解して使わないと、計算結果が間違ったり予期しないエラーが発生する事があるという事を注意喚起だと思います。 ここに数字を+1 する 関数 add() と 数字を -1 する sub() 関数があるとします。 順番に add() を 100回 実行し sub() を 100回 実行すると 元の数字に戻りますが マルチスレッドで add() 100回 と sub() 100回を マルチスレッドで並列して動作させると 違う値になる可能性があります。 int i = 5; void add() { i = i + 1; } void sub() { i = i - 1; } こんな なんでもない処理でも、マルチスレッドでは動作させることができないのです。 危険だと思いませんか? ...


2

MultiThread is evil みたいな英語文章を見たことがあります。端的に言うと、正しいプログラミングが恐ろしく難しくって(あるメモリ上の値が複数スレッドから読み書きされた場合の挙動とか、とても難解で何度読んでも忘れます)、かつ、原因不明のバグの温床に、とても簡単になってしまうし、デバッグも極めて困難だ、みたいな文章だったような気がしてます。 まず、マルチスレッドではなくて、マルチプロセスで対応できるなら基本的にそっちで行なう方が大体正しい設計だと思います。どうしてもマルチスレッドしたいのでしたら、ライブラリを注意深く使いましょう。自前で mutex とかそれより下のレイヤーを触り出したら、それは多分マルチスレッドライブラリを書くのと同じぐらいの注意を割くことに、結果的になると考えていて、...


2

vector<thread> threads; // 複数スレッドを格納 ... // スレッド実行 for (i = 0; i < dataNum; ++i) { thread threads(Count_SpecifyInterval, threadData[i]); } vector<thread> threadsとthread threadsと同名別変数を定義しています。 threadを作成しvector<thread>に格納するには threads.emplace_back(Count_SpecifyInterval, threadData[i]); と記述します。


2

「すべてのシステムコール、ライブラリ関数が、シグナルハンドラ内で安全に実行できる訳ではありません。その理由を理解するには、リエントラントな関数、および非同期シグナルセーフな関数という 2 つの概念が必要になります。(p.444) システムによって「非同期シグナルセーフな関数(システムコール)」は具体的に定められており、シグナルハンドラ中ではこれ以外の関数(システムコール)を呼んではいけないことになっています。スレッドセーフとは異なります。 https://docs.oracle.com/cd/E19683-01/816-3976/gen-24356/index.html https://www.jpcert.or.jp/sc-rules/c-sig30-c.html ...


1

@sayuriさん指摘原因により問題があるので、チェックにはCancellationTokenを使用しましょう。この辺の記事を参照してみてください。 非同期で複数処理を実行し、対話式で制御する 方法: タスクとその子を取り消す .NET FrameworkのCancellationTokenを利用してタスクをキャンセルすると振る舞いが2種類ある問題


1

Visual Studio 2017、.NET Framework 4.5のFormアプリケーションで検証してみました。 まずPS4.WriteMemory抜きで同様のコードを動かしてみた感じでは、チェックボックスを3つ入れても動作が重くなる現象は再現しませんでした。 async、await、Taskの使い方は問題ないようです。 念の為PS4.WriteMemoryが呼ばれている箇所でThread.CurrentThread.ManagedThreadIdを呼び出してスレッドIDも確認しましたが、すべて"1"だったのでメインスレッドでした。 同一スレッド上の実行であれば、PS4.WriteMemoryがスレッドセーフで無かったとしても問題ないでしょう。 考えられる可能性は、単純にPS4....


1

エラーの通りでbind()で指定するaddress : portのペアはシステム内で一意の必要があります。fork()でうまくいったのはよくわかりません。 またlisten()は sockfd が参照するソケットを接続待ちソケット (passive socket) として印をつける。 だけです。実際に待ち受けるにはaccept()を使います。つまり、socket()、bind()、listen()までの処理はスレッドを作成する前に完了させておく必要があります。その上で各スレッドでaccept()を実行すればよいでしょう。


1

oid ThreadController::Process_Thread(){ vector<ThreadSet> threadData; // 各スレッドのデータを格納 ThreadSet oneData; // 1つのスレッドのデータを格納 vector<thread> threads; // 複数スレッドを格納 thread oneThread; int dataNum = 0; // スレッド数を格納 int i = 0; // ループ用変数 // スレッド数の入力 cout << "...


1

Async および Await を使用した非同期プログラミングを参照してほしいのですが、C#は言語仕様として非同期プログラミングをサポートしています。 これを使用しますと、ネットワークの送受信処理などの実行指示を行い、その完了を待つ間に別の処理を続行できます。この方式の利点は、複数のスレッドを使用してはいますが、実行の流れは1つしかないため、質問にあるようなスレッド間で情報を共有する必要がなくなることです。 というわけでマルチスレッドについて悩まれているのでしたら、非同期プログラミングをお勧めします。


1

マルチコアCPUが当たり前になって居ることも有り、今時マルチスレッドにする事は珍しくありません。危険とまで表現するのはオーバーと思います。もちろんマルチスレッドにする上で気をつけるべき事はあります。 アトミックではない操作は、途中で別スレッドが実行される可能性が常にあります。 k systemさんも書かれているので割愛しますね。 ループアンローリングによって他スレッドで変更した値が反映されなくなる事があります。 int a = 0; void thread1() { a = 1; } void thread2() { while(a==0) { … } } このような記述をした場合、コンパイラの最適化によりa==...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります