次のタグが付いている話題の回答:

15

いろいろ調べてコーディングが一番シンプルなのは uintptr_t address = 0; int *p = (int *) address; でした(Could I ever want to access the address zero?)。 ただコード上わかりにくい気はします。コメントを書いておく位しかないかもしれません。


15

文字列がどのようなメモリに配置されるかが異なってきます。 char* a = "AAA";は、コンパイラが静的記憶期間の(プログラムの実行開始から終了までずっと存在する)メモリ領域に文字列を配置し、それへのポインタをaに代入するというものです。 一方、char b[] = "BBB";はchar b[] = { 'B', 'B', 'B', '\0' };の別表記です。配列の初期化においてのみ""の文字列リテラルはこのようにほかと違う取り扱いになります。 そのため、以下のように、変数の寿命を越えると差が出ます。 まず、const char*の変数の場合、returnしても文字列本体は有効です。 #include <cstdio> const char* f() { const ...


13

char* a はポインタ char b[] は配列です。 ポインタと配列はまったく違うものですが、一見同じようにプログラムが組めてしまうのが c c++ の悪いところです。 配列 b には 'B', 'B', 'B', '\0' という4つの要素が格納されています。 ソースコード上に変数名 b を書くと (例外パターンを除き) &b[0] なる [ポインタ右辺値] と扱われます。 ポインタ変数 a にはポインタの値が格納されます。ポインタは端的にはメモリアドレスだから - 32bit マシンなら 32bit の値 - 64bit マシンなら 64bit の値 です (16bit や 20bit であるような機械もあります) ここでは、そのポインタ変数 a だけでなくて、もうひとつ、...


10

c で関数の引数は値渡し(複写渡し)であるため、です。 提示コード main 側は push(stack_root, 3); で stack_root が変更されて帰ってくることを期待している構造になっています。 が c の文法規則上、この呼び出しでは stack_root は変更されないのです。 push で行っている stack_root = new_stack; は main の stack_root とは異なる局所変数 stack_root を書き換えるだけです。 結果的に main の stack_root は変化しないままです。 大域変数だったら両者が同一なのでうまくいくわけです。 ではどうするか・・・なんですが、やりかたはいくつもあります。 策1 push pop には &...


10

ポインタと配列の違いであることは他の方の回答のとおり。 最も大きな違いはその変数や要素を書き換えようとしたときに現れると思います。 char* a = "AAA"; char b[] = "BBB"; // 変数への代入 a = "CCC"; // OK。文字列"AAA"と変数aは切り離され、新たに"CCC"へのポインタがaに代入される。 b = "DDD"; // NG。コンパイルエラー。配列変数に何かを代入することはできない。 // 要素の書き換え a[1] = 'X'; // NG。文字列定数の書き換えであり、 // コンパイルエラーにはならないが実行時の挙動は未定義。 b[1] = 'Y'; // OK。配列bの中身は 'B', 'Y', 'B', '\0' ...


9

既に回答があるとおり「コンパイル時に既知な型の範囲で」コンパイラは情報を引き出せます。 コンパイル時にわからない内容は別途、実行時の処理が必要です。たとえば、 struct base { virtual void ~base(); }; // 他にも polymorphic な関数があるとします struct derived1 : public base { ... }; // polymorphic な関数を実装してるつもり struct derived2 : public base { ... }; // derived1 とは内容が異なるつもり extern void func(base* p); void tester() { derived1 d1; func(&d1); ...


8

型情報があるからです。 int aだとすると&aが示すアドレスからsizeof(int)バイトの領域までを値として扱います。


6

大雑把に言うと・・・ T x = {...}; という文は配列(や構造体)に対して有効な初期化構文であり、ポインタの初期化には使えません。勝手に右辺を配列化してそのポインタを左辺の初期値とする、という機能はありません。 細かく言うと・・・ (gccの前提です) まず2つ目の警告について。 p2.c:9:26: warning: excess elements in scalar initializer char **p3 = {"XXXX", "DDDD"}; ^~~~~~ これは int a = {1, 2}; と書いたときにも同様の警告が出ます。つまりスカラー変数に複数の初期値が指定されているという旨の警告です。 ...


6

ポインタの指すものがどんな型なのか判明していれば、その長さもわかります。 int a = 10; auto b = &a; cout << *b; この場合、コンパイル時に &a は int 型へのポインタ int* であることがわかるため、b も同様に int* 型と推論できます。それにより b の示す先は sizeof(int) バイトだということがコンパイル時に確定し、ポインタの先から適切に値を取り出せるのです。 逆に、型が不明なポインタ void* や、配列へのポインタではデータの長さはわかりません。例えば文字列を char の配列で渡す際には長さがわかりませんから、終端にヌル文字を入れることで文字列の終端がわかるようにしているのです。


6

他の回答で説明は十分だと思われますが、混乱してしまう原因の一つに関数の引数の場合があります。これだけはポインタで書こうが配列で書こうがどちらもポインタの型として認識されます。ただし配列の方は明示的に要素数を指定することも可能です。 void foo(int *a) と void foo(int a[]) はどちらも同じ意味です。 さらに補足というか蛇足ですが、これが二次元以上の配列を関数に渡すときは少し事情が違ってきます。 詳しくは次のリンクを参考にしてください。 http://www.nurs.or.jp/~sug/soft/tora/tora10.htm あと、関数とは別の話で、ローカル変数として配列で宣言時に文字列を代入できるのに、一旦何も代入せずに配列で宣言した場合はstrcpy()...


6

前者はポインターですが、後者は参照; reference と呼ばれます。 ポインターの場合はNULLやnullptrを渡すことができてしまいバグの温床となり得ますが、参照の場合は構文上、NULLを渡し辛くなっているためポインターよりも安全性が増します。 またポインターの場合、単一の値を指すのか配列の先頭を指すのか不明確になりますが、参照の場合は明確に区別できる点も安全な記述と言えます。 void f(int* a); // 単一もしくは配列の先頭を指すポインター void f(int& a); // 単一の参照 void f(int (&a)[10]); // 配列の参照 ポインターはC言語・C++言語の両方に存在しますが、参照はC++...


6

char型配列aを操作するのになぜchar *ではなく、int *を使うのか意図がよくわからないんですが…。 ここではchar a[12];と宣言しているところからして、int型が4バイト(32ビット)のシステムで試されているものと仮定します。 +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +10+11 a: |??|??|??|??|??|??|??|??|??|??|??|??| int型の定数65は16進表現すると、0x00000041となりますが、それをint *型のポインタを通じて操作するとint型全体、つまり4バイトの領域に値がセットされ、リトルエンディアンのシステムなら、結果は以下のようになります。 *pi = 65; +0 +1 +2 +3 +4 +5 +...


5

そのコンパイラが ANSI (ISO/JIS) C に準拠しているという前提であれば、ポインタの文脈で 0 を与えると必ずナルポインタを得ることが出来ます。(キャストしていないので、警告は出るかもしれませんが。) ですので、そのコンパイラは 0x3FFFFFFF をナルポインタとして利用する珍しいコンパイラなのだと思います。(値が 0x3FFFFFFF であったとしても、nullp == 0 は真になりますし、nullp 自体は偽と見なされます。) ただし、組み込み用のコンパイラは ANSI C に準拠していないことも多いようなので、正確なところはドキュメントを参照するのが良いかと思います。


5

char *argv[] は、char * の配列を意味します(関数の引数の場合実際はポインタ(char**argv))。「char 配列の配列」ではありません。 char **argv は、char * へのポインタを意味します。「charの連想配列」ではありません。 argvがchar *の配列の最初を要素を指している時、 配列のそれぞれの要素(つまりchar へのポインタ)をargv[インデックス]でアクセスできるという意味で同じです。 ポインタは単純に最初の要素を指していて[ ]演算によって配列と同じようにアクセスできます。 もちろんその場合要素は並びになっている必要があります。


5

「文字列リテラル」の説明を補足しておきます。 C++ ソースコード中で文字列リテラルを使うと、実行時にはこの文字列は書き換えが禁止された静的な領域に配置されます。 ポインタに文字列リテラルを代入した場合は、この静的領域にある文字列の先頭アドレスが直接代入されるので、この文字列を変更することは出来ません。 配列に文字列リテラルを代入した場合はその文字列のコピーが配列に格納されるため変更が可能です。 つまり、文字列リテラルで受けた文字列をあとで変更する必要があれば配列で受けなければなりません。


4

unionを使うとか。 union { int *nullp; int i; } hoge; hoge.i = 0; ただし、sizeof(int) == sizeof(int *)を仮定している悪いコードです。 あるいはmemsetをつかうとか。 int *nullp; memset((void *)&nullp, 0, sizeof(nullp));


4

char* aは"AAA"という領域の先頭アドレスを格納しているポインタ変数です。 char b[]は"BBB"という領域を格納している配列です。 使う側はあまり気にしなくても使えますが、厳密には異なるものです。


4

p->mem は (*p).mem と同義です。って既に自分で書かれていますよね。 擬似コードでどう書けばよい? ってことだとしょせん擬似コードですから自分(や第三者)にわかるように書けばそれでいいんです。コンパイラに通すわけでもなし。 擬似コードを実際に c コンパイラに通すのであれば c の文法に合うように書かざるを得ませんし、そのときはドットとアローは使い分けます。


3

ObdCaptureクラスのコンストラクタでelcom(138)となっていますが,これだとメンバ変数elcomにはpushbackする前にすでに不定値のcodeを含んだelmComオブジェクトが先頭から138個含まれることになります. この不定値のcodeを文字列として読み出そうとする(すなわちcout << elcom.at(0).code << endl;などとする)と高確率でcodeの不定値は無効なメモリ領域を指しているので,プログラムがクラッシュします. elcom(138)の部分をelcom()にしたら直るはずです. 質問とは直接関係ありませんが,アドバイスさせてください. コードについてそれなりの量を書けるようですし,必要なライブラリ等を調べる能力もあると見受けました....


3

std::vector<float> と指定されていますが、デフォルトテンプレート引数により正確には std::vector< float, std::allocator<float> > となっています。 これの意味するところは、vectorの管理領域(size情報など)は共有メモリに確保されますが実データ(float配列)はstd::allocatorから確保されるため共有メモリとはなりません。 Boost.Interprocessが提供するAllocatorを指定する必要があります。boost/interprocess/containers/vector.hppを使ってはいますが、Creating vectors in shared ...


3

最終的に生成される機械語は高い強度の最適化をかけ非デバッグモードのとき、 参照とポインタで同じものになる処理系がほとんどだと思われます。 (違う機械語が生成される必然がある状況が思いつかない) よって「動作速度面での優劣」は一切無いと考えてさしつかえありません。 「ソースコード記述面での優劣」は状況次第でしょうか。 新しいぶんだけ参照のほうが安全に使えることが多いでしょう。 昔からあるぶんだけポインタのほうが(c言語ユーザには)親しまれているでしょう。 ポインタなら nullptr を渡せますが、これは欠点でもあり利点でもあります。 ポインタなら「配列の先頭」を渡して配列丸ごとを扱えますが、これも欠点でもあり利点でもあります。 c には参照はありませんのでポインタを使わざるを得ません。 c++ ...


3

ソートそのものは質問文のコードで正しいです。ソート結果の値の確認方法に問題があるのだと思います。


2

ポインタは、アドレスを入れるための「変数」です。 参照は、ある変数の別名(エイリアス)と考えるとわかりやすいです。 ダブルポインタ(foo_t**)とは、ポインタ変数のアドレスを入れるための変数です。 char**は、char*型の変数のアドレスを格納するための変数です。 char* argv[]は、char*型の変数の配列です。 ポインタ変数で配列を保持できることを思い出すと、両者が同じように使えることが理解できます。 (この使い方では同じ用に使えますが、実際のメモリ上にどのようにデータが置かれるかを考えると、まったく異なるものであることも理解できるでしょう) list* array; は、list型変数のアドレスを入れるための変数です。 なので、list型配列を宣言して、...


2

c 言語規格書 ISO/IEC 9899 c++ 言語規格書 ISO/IEC 14882 に通じていない人のために話の整理から ISO/IEC 14882:1998 5.7 加減演算子 および ISO/IEC 9899:1999 6.5.6 加減演算子 P が配列オブジェクトの最後の要素を指すとき (P)+1 は最後の要素を1つ越えたところを指す Q が配列オブジェクトの最後の要素を1つ越えたところを指すとき (Q)-1 は最後の要素を指す Q を * の評価の対象としてはならない ISO/IEC 14882:1998 5.9 関係演算子 その他のポインタ比較は未規定とする ISO/IEC 9899:1999 6.5.8 関係演算子 その他のすべての場合動作は未定義とする なので T array[N]...


2

実は*(p + i)は、p[i]と全く同じ意味なのです。例えば、*(p + 1)を*(1 + p)と書けるように、p[1]も1[p]と書けます (あくまで文法的な話で、現実的には、このように書くメリットはないと思いますが)。 では、配列はどうなのかというと、例えば int a[10]; a[1] = 10; // (1) (1)のところで使われているaは、配列の先頭の要素のアドレス、つまりintのデータを指すアドレスを返すことになっています。一方、ポインタの場合は int *p = new int[10]; *(p + 1) = 10; // (2) pはintのポインタですので、当然intを指すアドレスが入っています。つまり(1)も(2)も、intデータを指すアドレスに 1 ...


2

6.5.2.1 Array subscripting ... 2 A postfix expression followed by an expression in square brackets [] is a subscripted designation of an element of an array object. The definition of the subscript operator [] is that E1[E2] is identical to (*((E1)+(E2))). Because of the conversion rules that apply to the binary + operator, if E1 is an array object (...


2

for (IHoge* obj : objList) { //呼ばれない obj->HogeFunc(); } Range-based forを使う前に従来型のforで記述すれば矛盾点に気づくかもしれません。 for (IHoge* obj = objList.begin(); obj != objList.end(); ++obj) { obj->HogeFunc(); } 何が問題かというと++objとされてしまう点です。インクリメントされるのはListItemではなく、格納しているT*です。 STLでも生のポインターを返すのではなくイテレーターを返すのもここに理由があります。 実用的な双方向リストを実現するためには、操作中に作成したListItemや受け取ったT*...


2

C/C++では、単純な型(intやdoubleなど)以外の型はポインタで確保、受け渡ししたほうが省メモリかつ高速にできることを知りました。 どこで得た情報でしょうか? 正確にはケースバイケースです。 自作クラスや構造体などは基本すべてポインタ(スマートポインタ)で宣言するべきなのでしょうか? もちろんケースバイケースで一般論はありません。強いて言えば必要な場面でのみポインタを選択されるべきです。例えば呼び出し元と呼び出し先とで値を共有したくない場面ではポインタを使うべきではありません。またC++言語であれば、ポインタに代わる参照も提供されておりそちらの方が適切な場面も多いです。


2

この辺をちゃんと説明しようと思うとC言語のABI(Application-Binary Interface、よく聞く用語の「API」とかとは別物)を理解してもらわないといけないのですが、できるだけ一般論でまとめてみます。 まず、この解釈: formatはポインタなので第一引数に指定する変換指定子は、第二引数に指定した値のアドレスを持っている は、おかしいですね。実際にprintfを呼ぶ場合の式は、 printf("%s(%d)\n", buf, n); みたいな形になることはご存知だと思いますが、引数formatがポインタとして渡される値は、文字列"%s(%d)\n"の先頭アドレスになります。第二引数以降はformatには全然関わりません。 従って、「4byte記憶域を使用…」...


2

呼出規約と言って、関数の呼び出す側がどのように引数を渡すのか=呼び出された関数が渡された引数をどのように解釈するのか、ということがプラットフォーム毎に定められています。 通常、プロトタイプ宣言が存在すれば、双方はその宣言に従って引数の受け渡しをすれば問題ありません。実はC言語ではプロトタイプ宣言を行っていない関数の呼び出しが認められています。そのような場合にもどのように引数を受け渡しするのかが呼出規約に定められています。同様に質問のケース、可変引数関数の場合においても可変引数部分についての引数の受け渡し方法が呼出規約に定められています。 詳しくは前述のようにプラットフォーム毎に異なるわけですが、多くの場合、int以下のサイズの引数は呼び出し側によってintに拡張されてから渡されます。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります