次のタグが付いている話題の回答:

3

wc コマンドは ファイル の情報を取得するコマンドです。 find . で実行すると、ファイルと ディレクトリ の一覧が表示されます。 今回の場合であれば、以下の様に find で ファイルのみ を検索するようオプション指定するのが一つの方法かと思います。 find . -type f | xargs wc -c > file.txt


3

write はファイルを新規にオープンして書き込む(既存ファイルがあった場合は空にしてから書き込み) append は既存のファイルに追記 test.txt の内容が以下のようだったとして、 あいうえお これに write モードで「かきくけこ」と書き込んだ場合、 かきくけこ になります。 一方、append モードで「かきくけこ」と書き込んだ場合、 あいうえおかきくけこ になります。 違いがないと思うのは、新規ファイルをオープンする場合のみを想定した場合です。その場合、write でも append でも違いは生じません。


2

物理的な紙のノートを想像してみてください。文字を書き進めるうち、行やページもどんどん移動していきますが、いったん作業を終えてノートを閉じた後、また別のタイミングで開き直した時には、最後に書いたのはどこかとページをペラペラ探すことが多いと思います。 プログラムでテキストファイルを扱う際にも、開いていたファイルを一旦閉じた場合・既存のファイルを開き直した場合には、読み取り・書き取り位置がファイルの先頭にリセットされています。 紙のページをめくるように、テキストファイル中での位置を移動する seek などの関数もありますが、 末尾に追記するような場合に "Append" のモードでファイルを開くことが多いです。


2

入力する JSON ファイルを変更しない場合は以下の様になります。ここで、「allergies.json の"商品名"の値と menu.json の名前が一致したら、『素材』の項目を取得する処理」は products = ... 以降の部分になります。 import json from copy import deepcopy # menu with open('menu.json', 'r') as f: menu = json.load(f) # new dict for update updated_menu = deepcopy(menu) if 'メニュー' in menu: menu = menu['メニュー'] # allergie with ...


1

まず、allergies.jsonデータの方を以下のように素材内容が同じでも別々のデータとして配列化します。 { "アレルギー":{ "サラダ":[ { "素材":{ "乳製品":"チーズ", "ナッツ":"くるみ" }, "商品名":{ "名前":"シーザーサラダ&...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります