次のタグが付いている話題の回答:

3

標準のバリデータでは機能が不足する場合、バリデータを自分で実装することができます。 簡単には、 class なんとか < ApplicationRecord belongs_to :user validate :check_balance private def check_balance errors.add(:amount, "残高が不足しています") if amount > user.bank_account.balance end end こんな感じです。 詳しくはリファレンスやRailsガイドを見てください。


2

標準のバリデータでは検証できないと思うので、カスタムバリデータを実装することになります。 class Model < ActiveRecord::Base validate :custom_validate def custom_validate # 検証に失敗した場合 errors.add(:column_name, "メッセージ") end が、この例であれば、Applicantにevent_idを持たせたほうが良いと思います。 関連先の値で検証を行う場合、カスタムバリデータの実装と関連先のモデルの作り方や作る順番に注意しないと、意図せず検証を通過してしまうことがあります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります