次のタグが付いている話題の回答:

2

入力する JSON ファイルを変更しない場合は以下の様になります。ここで、「allergies.json の"商品名"の値と menu.json の名前が一致したら、『素材』の項目を取得する処理」は products = ... 以降の部分になります。 import json from copy import deepcopy # menu with open('menu.json', 'r') as f: menu = json.load(f) # new dict for update updated_menu = deepcopy(menu) if 'メニュー' in menu: menu = menu['メニュー'] # allergie with ...


2

おそらく u|v の部分が分からないのだと思いますが、今回頂点は自然数なので u や v も自然数で、自然数に対する u|v という書き方だと約数を表す記号として使われているのだと思います。Wikipedia の約数のページなどを参考にしてください。 ただしもちろん、プログラミングで関数を自由に定義できるように、数学でも定義さえすれば記号の意味は変わりうるので、何かしらの教科書などに書いてあったのだとすればその教科書での定義を確認してください。


1

おそらくNativeTreeと言われるものかと思います。 インデックスで別次元にデータを保持していますが、インデックスをやめて直接データをNodeに保持すれば最もシンプルなツリー構造と言えるでしょう。 それがNativeTreeともいわれている形になります。 今回の場合はデータを別の次元に保持しているだけで、実際はNativetreeから離れていないように思えます。 以下、蛇足ですが、 探索に対してはハッシュテーブルに[Hash:Node]という形式でデータを保存し、キーを渡されると定数時間で取り出せるように試みました 探索とは経路探索(Aにたどり着くためにはどの経路がいいのか?)や深さ探索(Bの子どもたちの最大の深さは?)がメインになります。...


1

O(h)(hはツリーの高さ)ではないです。 一旦通りがけ順に要素を列挙した後、その要素を二つの二分探索木に分割してるのでO(N)(Nはツリーのサイズ)です。 一般的な分割の方法では、それぞれの部分木に対して右か左の一方の子を再帰的に分割して、それを定数時間でマージするのでO(h)(hはツリーの高さ)になります。ただしバランスはとれません。


1

まず、allergies.jsonデータの方を以下のように素材内容が同じでも別々のデータとして配列化します。 { "アレルギー":{ "サラダ":[ { "素材":{ "乳製品":"チーズ", "ナッツ":"くるみ" }, "商品名":{ "名前":"シーザーサラダ&...


1

この前と違ってvalue部分が"で囲まれて文字列となっているので、いったんstd::stringでgetしてstodとかstrtodで変換すれば良いでしょう。 以下のようになります。 for (unsigned int i = 0; i < feat.size(); i++) { picojson::object& featN = feat[i].get<picojson::object>(); double pointA = std::stod(featN["PointA"].get<std::string>()); double pointB = std::stod(featN["PointB"]...


1

回答の前に、直接は関係無いですが JSON Pretty Linter Ver3とかBest JSON Formatter and JSON Validator: Online JSON Validatorに掛けるとParse error on line 60:と出てくるのですが、その行の},のカンマを削除して}だけにしたらチェックは通ったようです。 JSONの中身がオブジェクトや配列になっているので、以下のように地道に構造に従って段階的に内部にアクセスする必要があるでしょう。 もっと上手にやる方法(配列はインデックスでは無く別の方法で回すとか)はあるでしょうが、とりあえずはこんな感じで出来ます。 以下を修正: 「一番欲しいデータは"paths"のarrayにある複数の2次元配列で、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります