次のタグが付いている話題の回答:

9

巨大なシステムでは重要≒普通のシステムでは知らなくてよい、とお考えのようですがとんでもない話です。資源の少ないマイコンでは RAM も貴重 ROM も貴重、電池も貴重で、最適なアルゴリズムやデータ構造を使わないと1つ1つの処理に余計な時間がかかります。電池機器(まあ端的にはスマホっすけど)では無駄な処理は一切許されません。ほぼ同じような処理をして A 社のスマホは電池が10時間保つけど B 社のスマホは20時間保つ、とかなればお客様は B 社に流れてしまいます。この辺の事情はPCでも同じことですよ。 データ構造、アルゴリズムの 詳しい実装までは知らなくてもよい(たいていは既にライブラリ化されているので、ありがたく使わせていただくだけで良い)のですが 本質的に何がどう違ってどういうメリット・デメリットがあるか、...


7

すでにあるコメントだけで十分だと言う気もしますが。 struct MyStruct { int a; int b; } なんて宣言があると、コンパイラはMyStruct型に「int2個分」の領域を割り当てます。 struct AnotherStruct { int key; MyStruct subStruct; } だと、AnotherStructの大きさは、keyの「int1個分」とsubStructの「int2個分」を合わせて「int3個分」なります。 もし、こんな宣言が可能だとしたら、LinkedListの大きさはどうなりますか? (二分木ではなく、単方向リストにして単純化しておきます。) struct LinkedList { int key; ...


7

簡単に言えば、「CPUのキャッシュ効率を重視した木構造」です。 質問は、機能としてのレイヤと実装としてのレイヤが混ざっているようなので、分けて説明します。 機能レイヤ キーを与えられて、それに関連付けられた値を取り出せるデータ構造は一般的にマップと呼びます。マップには様々な実装があり得ます。単に機能としての「マップ」の話をしている場合は、操作(値の検索、挿入、削除等)の処理時間やメモリ効率のことはあまり考えません。言語やライブラリによっては、マップのことを(実装に関わらず)「配列」と呼んでいる場合もあります。 機能としての意味では、実装がリストだろうが配列だろうが木だろうが、マップとして使うことができるので、「十分に足りる」と言えます。しかし例えば100万要素のマップがO(n)では実用に難があります。...


6

回答となると、この英文を訳すしかないので、解釈に必須の部分だけ書きますね。 この問題は二分ヒープを対象としていて、最深部以外は完全二分木になることが前提。上から各段のノードを数えると1,2,4,8...となりますが、最後の段は2の累乗になっているとは限りません。また"at most"はつまり取りうる最大の数という意味なので、1からn/2^(h+1)の間の数ならOKです。 ある関数f(k)があったとして、k=0,1,2,3...とします。f(k+1)をf(k)で表すことができるとき、初期条件f(0)が決まれば、あとは再帰的に答えが正しいことが証明できます。それがh=0の証明から始める理由です。これを数学的帰納法(mathematical induction)と言います。 説明中に出てくる変数 n: ...


4

うまく説明できる自身がないので回答になっているか不安ですが・・・。 フォルダとファイルの構造が B-Tree なのではなく、ディレクトリ内のファイルのブロックを探索するときに B-Tree (HTree) 探索を行います。 ext3はdir_indexを有効にするとディレクトリ内のファイル探索にhashed b-tree (HTreeとも言います) を使いますので、無効な場合の線形探索に比べると、ファイルが多くなるほど探索結果がでるまでの時間が短くなります。 tune2fs のManページでは次のように説明されています。 dir_index Use hashed b-trees to speed up lookups in large ...


4

双方向リストの削除という場合キーや位置を指定しての削除と、ノードそのものを指定しての削除とで考え方が違います。 キーや位置を指定して削除する場合、そのノードを見つけるために順にたどっていく必要があるので、単方向リストで prev を発見するのと変わりません。おそらくAkiyama Naoさんが想定してるのはこちら。 一方ノードそのものを指定する場合、双方向リストではそのノード自身や prev, next をリストを辿って見つける必要がないので単方向リストより高速です。 別の言い方をすれば、 Delete(Hash, Key) であれば単方向でも双方向でも大差ありませんが、 Delete(Hash, Node) であれば双方向のほうが早くなります。 ...


4

計測のために関数を用意しました。 グローバル変数アクセスコストの影響を避けるために、必要な値は引数で渡します。 >>> def f1(n, nums): ... for i in range(n): ... if len(nums) > 0: ... pass ... >>> def f2(n, nums): ... for i in range(n): ... if nums: ... pass これを測定すると以下のような結果になりました。 >>> import timeit >>> _nums = [1,2,3,4,5] &...


3

もし質問の意図が、+演算子が、不定個数の被演算子を取れるようにできるか、ということだったら無理です。スタックから+演算子を取り出した時にどんな処理をすればいいのか、決定できないからです。 たとえば、乗算も加算も不定個数の被演算子を取れるようにしてみたとします。つまり2 * 3 * 4なら2 3 4 *、5 + 3なら5 3 +と書けるようにします。 ここで普通の式2 + 3 + 4 * 5を、逆ボーランドで記述してみます。とりあえず乗算は後回しにして 2 3 (4 * 5) + さらに乗算も変換すると最終的に 2 3 4 5 * + になります。 では次は2 + 3 * 4 * 5を変換してみます。上と同じ手順で 2 (3 * 4 * 5) + 2 3 4 5 * + この通り、2 + 3 + ...


3

私が書いた方法で実装するのはとてつもない欠点があるのでしょうか? ご自分のコメントでもう気付いておられるようですが、計算量の問題です。 (ついでに言うとLinked Listはデータ本体の他にリンクのための領域が必要になるので、その部分で避けたいと思う人があるかも知れませんが、この回答では触れません。) 挿入の計算量はlogH (Hは完全二分木の高さ)だ この部分に書き間違いがあるので、余計混乱したのかも知れませんが、ヒープの挿入の計算量は、総ノード数nに対して、(ワーストケースで)O(log n)です。高さHもlog nで表されるので、混同されたのでしょうか。(この辺り全部単純二分ヒープを想定しています。) 挿入もO(n)でできて速い 前者のほうがlogHなので高さと要素数の兼ね合いでは速いかも ...


3

レーベンシュタイン距離は各編集操作それぞれに別々のコストを割り当てることが可能です。ライブラリが出力したものは、挿入・削除・置換にコスト1を割り当てた場合のレーベンシュタイン距離だと思われます。グラフで求めているものは、挿入・削除にコスト1、置換にコスト2が割り振った場合(あるいは置換操作がなく、削除と挿入にした場合)のレーベンシュタイン距離となります。


3

次のような配列numsがあったときに、配列の要素数が0かそれ以外かを判定する方法で、 実装方法によってパフォーマンスに後述のような差がありました。どういう理由でこのような差が生まれてくるのかを教えてほしいです。 こちらだけ。 cpython限定ですが、試しにCでループ内処理を書いてみました。 /* Py_DECREF忘れてるよっ!というのはご愛嬌 */ void exec1(PyObject *obj) { if (PyObject_IsTrue(PyObject_RichCompare(PyObject_Size(obj), PyLong_FromLong(0l), Py_GT))) { exec(); } } void exec2(PyObject *obj) { ...


3

中間記法「3 + 4 + 5」は逆ポーランド記法ではどのように書けばよいのでしょうか? ご質問中にあるように、3 4 + 5 +でも構いませんし、3 4 5 + +でも構いません。 「3 4 5 +」のように書くことはできないのでしょうか? +がどのような演算として定義されているかによるわけですが、他の箇所に合わせて2数の加算と考えると、3 4 5 +だと、最後の4 5だけが加算されて、3 9と書いたのと同じ状態になってしまいます。 もし「スタック上から3つの数を取り出して全部を足し合わせる演算」、なんてものが定義できれば、3 4 5 add3なんて書き方もありになります。 逆ポーランド記法を基礎に置いた言語(と言うよりスタック操作を基礎、と言った方が良いかもしれませんが)Forthだとこんな感じ。(\...


3

一意に特定できないため不可能です。たとえば 3, 2, 1 という帰りがけ順に対応する二分木は次のふたつが考えられます。 1 | 2 | 3 1 / \ 3 2 一般に、n 個の要素からなる帰りがけ順の配列と n 個ノードがある(ノードに名前がついていない)二分木が与えられると、その帰りがけ順に対応するようにノードに名前をつけていくことができます。普通に深さ優先探索をしつつ、帰るときに名前をつけていけば良いです。つまりあるひとつの帰りがけ順に対応する二分木は少なくとも木の形の数だけ存在します。


2

個人的なやり方になりますが、大雑把でいいなら定休日は 大体同じパターンに収束するのでパターン部分を別テーブルにします。 テーブル1 close_id 定休日パターンに紐付けるIDカラム テーブル2 close_id close_pattern 定休日のパターン(計算式) 予想される休日のパターン数がある程度の数に収束するならこれで、 極端に多くなる(数千パターンとか)になるなら更に分解して作りこみますね。 例えば「第二火曜日と第三月曜日は休み」は 「第二火曜日」と「第三月曜日」の定休日を合わせたものです。 他に完全ランダムな場合のやり方としてはカレンダーテーブルを用意して 全日ON/OFF設定してしまうとかですね。 shop_holiday -テーブル例 id,...


2

他の回答者さんがおっしゃってるように、数学的帰納法を使っています。 文章の流れとしては(付番は本文のものとは無関係です) basis = 高さ0の場合の証明 高さ0のノードの個数<=葉の数より、葉の数<=ceil(n/2)を証明すれば十分 葉の数=ceil(n/2)の証明 (これが原文の大部分を占めています) inductive step = 高さh-1での成立を仮定して、高さhの場合の証明 というふうになっています。


2

現在のコードを実行するときは、2分探索木(以下の例)を入力としていますが、深さ優先探索と幅優先探索の入力は2分探索木でなければならないのでしょうか。 いいえ。一般に、様々な探索問題に対して深さ優先探索や幅優先探索、及びこれらを改善した探索アルゴリズムが使われており、分かりやすい例ではグラフなどのデータ構造に対して用いられています。 現在のコードで返す結果は探索順序となっていますが、実際に仕事や競技プログラミングなどで使われる時はどのように使用されるアルゴリズムなのでしょうか。 問題によります。また、下で紹介している本に様々な利用例が掲載されています。 検索してみましたが、大学等の教育機関の資料が主でした。初心者にもわかりやすい「深さ優先探索」と「幅優先探索」...


2

回答の前に用語を整理しておきます。 ZIPファイル = ZIPコンテナ仕様に従って、複数ファイルをデータ圧縮・格納したファイル。 ZIPコンテナ = 複数の圧縮データを単一ファイルとして表現する仕様。具体的なデータ圧縮アルゴリズムは選択可能。 ePubではZIPコンテナ仕様に従いつつ、追加要件を課したファイル仕様となっています。 ZIPファイルを解凍せずにZIPファイルの中身を読み込んだり書き込んだりするにはどうすればいいのでしょうか? 「複数ファイルを含んだZIPファイル全体を解凍することなく一部ファイルデータのみ読み出したい」のであれば、対象データ以外はスキップして必要な部分だけ解凍(データ展開)することは可能です。 一方で「複数ファイルを含んだZIPファイル全体を解凍することなく、...


2

まあ普通に実装されているファイルシステムにおいては、次のことが言えそうです。 - 追記すべき場所を探す時間は増えるだろう(シークに要する時間は増える) - 追記をし続けている限りにおいては速度は(小さいファイルと)変わらないだろう ハードディスク(や SSD )上にファイルが置かれるとき - ファイルの内容(提示例では数十 GB になったもの) - ファイル自体の情報(ファイル名、権限、タイムスタンプなど、せいぜい数百バイト) - ファイル内容が装置上のどこに保存されているかの補助情報(可変サイズ) のように、情報はいくつかに分割されて記憶装置上の別々の個所に登録されます。 「ファイル自体の情報」はアクセスする際には必ずチェックされるし固定サイズなので、ここのアクセス時間はファイルの大きさに関係ありません。 ...


2

GemsのRBTreeを試してみてください。 https://rubygems.org/gems/rbtree/versions/0.4.2 RBTreeのDocumentationはリンク先ページの右側から見ることができます。


2

ダイクストラ法では前提として「コストが負ではない」というものを仮定してます。 ルートが正しく表示されているのは偶然ですね。 例えば与えられたグラフにA->Dのコスト3の辺を追加するとコストもルートも共に間違ったもの(A->D:cost=3)が出力されます。(求めたいのは元のA->C->B->D:cost=2のまま)


2

一言でいうと、このプログラムは、すべての辺が正であることを仮定したアルゴリズムを使っているため、うまく動きません。以下は、プログラムのwhileループを抜き出したものです。説明のために# for ループ 1と# for ループ 2というコメントを入れています。 while True: min = INF # for ループ 1 for i in range(size): if visit[i] == NOT_VISITED and cost[i] < min: x = i min = cost[x] if min == INF: break visit[x] = VISITED ...


2

変数 depth はリストでなくて整数なので、depth[j] のように添え字をつけることはできないため生じているエラーです。


2

このアルゴリズムでは最後のループが回る直前の C[i] の値が、配列 B における値 i の末尾のインデックスを示すように計算されています。このため最後のループでは配列 A を後ろから走査する形が自然です。 逆に考えると、最後のループで配列 A を前から走査したければ、C[i] の値が配列 B における値 i の先頭のインデックスを示すように計算すれば良いです。 これを計算するやり方はいくつかあると思いますが、たとえば以下のようにできます。 COUNTING-SORT(A, B, k) C[0..(k + 1)] を新しい配列とする for i = 0 to (k + 1) C[i] = 0 for j = 1 to A.length C[A[j] + 1] = C[A[j] + 1] + ...


1

#include <bits/stdc++.h> using lli = long long int; template <typename T> bool chmax(T& a, T b) { if (b > a) { a = b; return true; } return false; } lli n, w; std::vector<std::pair<lli, lli>> vec; std::vector<std::vector<lli>> dp; int main() { std::cin >> n >> w; ...


1

まずはじめに、一般的な言語で大抵の場合は四則演算子+, -, *, ÷は二項演算子です。 これは、二つの数字を引数に取り、結果を返すというのが素直な理解だと思います。 なので、3 4 5 +の様に書けない理由は逆ポーランド記法が原因では無く、演算子が必要とする引数の個数の問題です。 なので、パーサーを自作するなどして、(式として見た場合)自分より左に異なる演算子が見つかるか、式の開始までの数字をすべて足す演算子を例えばsumなどと定義することは可能かと思います。 ですが、偶然にも逆ポーランド記法は非常に日本語と相性がいい事を理解しておられますでしょうか? たとえば、 1 2 + 3 4 + × というRPN式は、素直に 「1に2を足した(+)ものと3に4を足した(+)ものを掛け合わせ(×)る」 と、...


1

forは使わずに一行で rxData = event.Data(:, 2:end); はどうでしょうか。 (もったいないので前の回答も残しておきます) zerosという関数があります。例えば zeros(40000,5) で、すべての要素を0で初期化した40000x5の配列が作成されます。三次元配列なら zeros(2,3,4) のように作成できます。


1

シングルクォートで囲った文字列は、実は文字列と言うより、文字型の配列といった方が正しく、文字列として扱うには少し癖があります。代表的な、文字型の配列を結合する方法には二つあります。 一つは ['ai' int2str(i)] で、もう一つは strcat('ai', int2str(i)) です。 'ai' + int2str(1)が146 154となる理由ですが、まず'ai'は1x2の文字型の配列です。aの文字コードは97、bは105ですので、[97 105]という配列です。 一方、int2str(1)の結果の1の文字コードは49です。したがって'ai' + int2str(1)という計算は、 [97 105] + 49 と解釈されます。MATLABで配列にスカラー値を足すと、...


1

方法1と方法2には違いがあります。 その違いを端的に示すコードは下記です。 初期化時にnode.next.next = Falseとしている点に注目してください。 # Linked Listのノードクラス class Node: def __init__(self, x): self.val = x self.next = None # 初期化(使いまわしのために関数化) def get_node(): node = Node(1) node.next = Node(2) ### 型安全ではないので、何でも入ります! node.next.next = False return node node = get_node() # ...


1

深さ優先探索は、今調べているノードの位置の情報だけを記録していれば良いので必要とするメモリ量が少ない(高々、対象とする木構造の最長の枝の長さのスタックで足りる)という長所があります。 木のノードを上り下りしながら探索していく方法なので、並列化や並行化することが出来ないという短所があります。 それとは対照的に幅優先探索は、今までに調べてノードの位置の情報を全て記録しておかなければならないので(深さ優先探索に比べて)多くのメモリを必要とするという短所があります。 横並びのノードの探索を同時並行で行うことができるので、プログラムの並列化や並行化によって高速化が可能だという長所があります。 探索対象のデータが木の中で占める位置によって、探索にかかる計算量が変わります。 事前に探索対処の位置が判っている事はないので、...


1

圧縮されているままで、データの中身を読み出すのは難しいと思います。 ZIP (ファイルフォーマット)は、個々のファイルが圧縮されている部分を特定するのが容易ですから、そこをメモリ上に取り出して、解凍し、データを読み出す、という手順になると思います。 データを書き換えて書き戻すとデータ量が変わるので、工夫がひつようだろうと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります