次のタグが付いている話題の回答:

9
Accepted

DBスキーマの変更で発生するソースコードとDBスキーマの不整合をデプロイ時にどうやって解決するか?

すぐには消さない、という戦略が考えられます。 リリースを2回に分け、 1回めのリリースで、すべてのアプリケーションサーバを、そのカラムにアクセスしない版に更新します。 次のリリースで、要らなくなったカラムをDBから実際に消す、という寸法です。 カラム名の変更についても、基本的には同じ考え方が適用できるかと思います。 # いっぺんにやってひどい目にあったことが何度か (´・ω・`)
user avatar
  • 5,092
5

DBスキーマの変更で発生するソースコードとDBスキーマの不整合をデプロイ時にどうやって解決するか?

単純なカラム削除や追加であれば、KoRoNさんの回答の通り、アプリ側とDB側のリリースを分けたり、自動マイグレーションであれば2回に分けて段階的にリリースするのがセオリーですね。 追加情報として、カラム名の変更や、より複雑なスキーマ変更に関しては、ちょうどそういったDBの変更技法を扱った「データベース・リファクタリング」という書籍があり、一冊丸ごと様々な手法が紹介されています。 http://...
user avatar
3
Accepted

debパッケージでインストールした実行ファイルから、その他のファイルへアクセスする方法がわからない

昨今のアプリケーションであれば、大抵は自分でMakefileを書かずに、autotoolsやcmakeなどのビルドツールを使っていると思います。 それらの場合、ビルド時にインストール先を決定し(例えば「./configure --prefix=/usr」や、「cmake -DCMAKE_INSTAL_PREFIX=/usr」などのように)、...
user avatar
  • 726
1
Accepted

git push heroku masterで発生するエラー( Precompiling assets failed., error: failed to push some refs to)について

Gemfile に uglifier の gem は追加されていますか? それを追加したあと実行すれば、この事象は解決すると思います。
user avatar
  • 1.6万
1
Accepted

Githubと GCEを連携してデプロイを自動化する方法を教えてください

Travis CIや Cloud Buildのドキュメントを読みましたが、いずれもトリガーがブランチへの pushであり実現することは難しいのではないかと思っています。 いいえ、Mergeはpushをトリガーとすることで認識できます。私が知っている限りではCloud Build/Travis CI/Drone CIはmergeをpushとして検知します。...
user avatar
  • 1,297
1

Jenkinsでのdeployの方法

まずは端的に そもそもJenkinsにはもとからdeploy jobがデフォルトであるのでしょうか? Configureを書き加えると特定の場所にdeployできるようになったりしませんか? 新しくdeploy jobを自分で作成しないとjenkinsでのdeployはできるようにならないのでしょうか? もとからデプロイ可能なdeployjobの用意はありません。 ...
user avatar
  • 5,195
1
Accepted

NuxtのSSRデプロイについて

基本的にはVPSにデプロイする場合でもPaaSにデプロイする場合でも基本的な部分は変わりません。 構成は条件によって多々あるでしょうが、一般的には (プロジェクトのルートディレクトリをgitで管理してるとして) gitでプロジェクトを丸々サーバー上に配置し デプロイ時にyarn install アセットのビルド(yarn build)等をし サーバープロセス(expres等)の再起動 ...
user avatar
  • 4,148
1
Accepted

デプロイしたアプリで日本語が使えないエラー

自己解決できました!! おかしな点が見つからなかったのですが、エラーログからDB関連なのかな?と思い色々調べていたらDB全体ではなくて、テーブル指定して文字設定できるみたいなので使っているテーブル全てにutf8を当てまして、インスタンス再起動したらうまくいきました! ターミナルでmysqlに接続してmysqlのコマンド以下入力です。 ALTER TABLE テーブル名 CONVERT TO ...
user avatar
  • 59
1

デプロイしたrailsアプリのフォントについて

フォントが適用されていませんでした。 フォントファイルはRailsアプリのどこに配置されていますか? Railsは基本的に静的資材(CSSやJS、フォントファイル、画像)などをAssets Pipelineという機構で処理するのですが、まずその対象となっているかを知りたいです。 後、重ねて質問なのですが、css変更した際にはまたアセットプリコンパイルのコマンドする必要があるのでしょうか?...
user avatar
  • 56
1

デプロイ時のプリコンパイルエラー

(e.g. 1px, bold)は「例えば」という意味なので、実際にそういう記載があるという意味ではなさそうです。 color: ": expected expression Rails標準のSass(SCSS)を利用されているようなので、その記載が間違っていてコンパイルができていないようです。 colorを使っている箇所に誤った記述がありそうなので、...
user avatar
  • 56
1

Capistranoでデプロイする際にlibmysqlclientのロードエラーが発生する

mysql2.so をコンパイルした環境の libmysqlclient と実行環境の libmysqlclient が異なるためだと思います。 実行環境で mysql2.so をコンパイルし直してみるのが良いと思います。
user avatar
  • 3,517
1
Accepted

herokuにGoとJSで作成したアプリをデプロイするには

herokuのコマンドによりbuildpackを複数使用することを記述できました。 今回の場合はgoとnode.js with gruntのbuildpackを用いました。
user avatar
1
Accepted

herokuにAngularJSのアプリをNodeを使ってデプロイしたい。

自己解決しました。 devDependenciesは開発用の記述で本番庸ではdependenciesを書かなければなりませんでした。
user avatar
1
Accepted

[インフラ管理者向け]本番サーバのスクリプトや設定ファイルの変更管理ってどうしてますか?

私ならですが、 まず共有アカウントの運用をやめ、個別アカウントの運用に変えます。 root の直接ログインを全面的に禁止して sudo などを使うようにします。 ロール管理はファイルパーミッション、sudoers、などで制御します。 これられではロール管理が不十分であれば selinux を使います。 /etc 以下のファイルであれば etckeeper を使いバージョン管理を行います。 ...
user avatar
  • 7,660
1

[インフラ管理者向け]本番サーバのスクリプトや設定ファイルの変更管理ってどうしてますか?

何が課題であるか、説明ごとに論点がズレているようにも感じます。 例えば過去分をリネームで管理していることが課題なのかと思えば、分散サーバにチェックアウト…という話が挙がってくるので、なぜチェックアウトが必要なのか、という疑問が生じてしまうのです。 リポジトリ管理とデプロイは別の話です。 「インフラ管理という視点ではどうなのか」と言われても、共用アカウントで開発環境すら用意できないという前提では、...
user avatar

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible