次のタグが付いている話題の回答:

12

TDDはテストのためのテクニックではなく開発のためのテクニックです。 クラスなどの小さな部品を実装する際に、そのAPI(publicメソッドなど)を呼び出す簡易的なテストコードをあらかじめ書いておき、そこから実際に対象クラスを実装していきます。 そうすることで、本当に欲しい部品を設計しながら実装することができます。もちろん、簡単なバグを見つけ出すのにも役に立ちますが、テストケースの網羅はしません。 その際に、テストコードは呼び出したメソッドの戻り値がなんであるかを簡単なアサーション(等しいかどうか、大小、nullかどうかなど単純な真偽チェックが多い)を用いてチェックすることが多いです。テスト側でロジックを持たせるわけではないので、テスト側のテストは不要です。 逆にテスト側にロジックを書いている場合、...


8

歴史には沿っていないと思いますが、次のように考えてみました。 巨大なプログラムがある それをコンポーネントに切り分けていく。けれど替えがきかない。 インターフェイスを挟む。替えはきくが、内部を変更する必要がある。 依存性を注入する。その代りオブジェクト生成が複雑になり、その生成ロジックが分散している。 あらかじめ登録しておいた生成ルールを使い、DIコンテナにオブジェクトを生成させる 依存性の注入までは小規模のコードでもわかりやすく、実際テストに便利だったりします。一方で、それぞれのオブジェクトへの依存が少ない、質問に例示されたようなコードでは「同じ生成ロジックが分散する」と感じにくいですし、コンテナを使うメリットは薄いかもしれません。 しかし IPerson や PersonManager ...


5

DIコンテナを使わない場合 var sol = new PersonManager(new Sol()); この部分は具象クラスであるSolクラスに依存してしまいます。 PersonManagerを使う箇所が多数ある場合、new Sol()する箇所も多くなります。SolクラスをKyクラスに変更したくなった場合、修正箇所が多くなりメンテナンス性が低くなります。 また、SolクラスがAクラスに依存していて、AクラスがBクラスに依存しているといった感じで、構造を持っている場合、依存性の注入を多段階で行う必要があり、new Sol()する箇所が多くなると非常に辛くなってきます。構造に変更があった場合、修正が大変です。 DIコンテナを使うと new Sol()...


4

CORE を直接弄るよりは、テスト時のみ sendmail への PATH を書き換えてそちらが標準入力から得た内容でテストした方が健全な気がします。


4

TDDの方法論に従うと、自ずと「テストに対するテスト」が必要な状況にはなりにくくなります。これがTDDの大きなメリットです。テストが必要なほど複雑なテストを書くのではなく、簡潔で誤りの余地がないテストコードを積み重ねていくのがTDDの方法論です。 テストフレームワークの使用 TDDでは一般に何らかのテストフレームワークを使用します。事前準備と後片付けをテストコードと分離したり、複雑な振る舞いをモックを用いて簡略化したり、専用の文法でテスト条件を記述したりすることができ、これによりテストコードを簡潔に保ち続けることができます。簡潔なコードであればバグが入り込む余地はすくなくなります。 テスト可能なコード テストフレームワークでのテストを前提にすると、...


4

python の faker なら日本語の氏名・郵便番号・住所を生成できそうですがいかがでしょうか http://qiita.com/ohbarye/items/452fefa2be5d56268b50 自分では試していないのであしからずお願いします


4

自己解決したので記録します。 このような用途でScalaに対して使えるフレームワークとしてArchUnitがあります。 https://www.archunit.org/ ArchUnitは基本的にはJava向けに作られていますが、ScalaやKotlinでも利用可能です。 特にScalaに適用する場合、適当なテストフレームワーク(以下のサンプルではscalatest)の中で呼び出して使う形になります。 package com.example.archunit import org.scalatest._ import com.tngtech.archunit.core.domain.JavaClasses import com.tngtech.archunit.core.importer....


3

DI(Dependency Injection)一般論としては、「ソフトウェア・コンポーネント間の依存性軽減」が目的でありメリットでもあると思います。コンポーネント間の依存性が小さくなる(モジュール結合度が小さくなる)ことの副次効果として、部品単位での単体テストのやり易さや、部品の再利用性向上も挙げられます。特に、大規模ソフトウェア開発でこのようなメリットが歓迎されます。 なぜDIコンテナを使うのか DIの何が嬉しいの? 一方で依存性軽減の実現には、インターフェイスのような抽象レイヤを追加する必要があり、実装面ではオーバーヘッドがあることも確かです。万能なソフトウェア設計という物は存在しませんから、対象や状況に応じて採用可否を判断すべきですね。


3

回答というわけではないですが、自分も似たような問題にぶつかったので、問題を特定したやりかたを共有します。 まず、問題が出るシード値を特定します。 Rspecを実行すると以下のように出力されます。 Randomized with seed 12130 これがSpecの実行順を決める乱数のシード値なので、実行順に依存して失敗するのであれば、同じシード値を与えれば失敗も再現出来るはずです (再現したりしなかったりするのであれば実行順以外の要因がある可能性があります)。 テストに失敗するシード値を絞り込んだらそれをメモします。 次に、失敗の原因となるファイルを特定します。 rspec {対象ファイル相対パス}で特定のファイルだけテストを実行出来ます。 rspec {ファイル1} {ファイル2}...


3

自己解決してしまいました。 post :create, user: { name: "abc", email: "test@example.com", password: "passwd", password_confirmation: 'passwd' } の形のハッシュをパラメータにしないといけませんでした。


3

chaiとESLintのno-unused-expressionsルールは相性が悪く、chaiを使おうとするとどうしてもno-unused-expressionsに引っかかってしまいます、そこで、chaiを使う場合は後者を無効にする必要があります。そのためには、テストコードの先頭に次のコメントを書くとよいです。 /* eslint no-unused-expressions: "off" */ これは、そのファイル内でESLintによるno-unused-expressionsのチェックを無効にするという指示です。この記法については、ドキュメントのここに説明があります。 ファイル全体で無効になるのがまずい場合は、eslint-disable-next-...


2

meteor-mocha-webはtests/mocha/の下にあるファイルしかロードしないので、テストコードの置き場所を変える必要があります。 $ mkdir -p tests/mocha/server/unit


2

.expectJsonTypes()は内部的にはJasmineのカスタムmatcherを呼んでいるので、それを利用して最上位の "key": object に対してCustom Matcherを書くことでわりときれいに回避できます: var frisby = require('frisby'); beforeEach(function() { this.addMatchers(jasmine.Matchers.prototype); }) frisby.create('Test using a path as the paramater') .get('http://localhost:3000/test') .expectJSONTypes("members.*", { "name": ...


2

js: trueを付けるとJSの処理が終わる前にRSpec側が先に進んでしまい、本来通るはずのテストがパスしない、もしくはタイミングによってパスするときと失敗するときがある、ということは僕も良く体験しています。 トラブルシューティングの方法としては以下のようなことを良く試します。 まず、JSの処理を起動するアクション(例: リンクやボタンのクリック)の直後に sleep 3 など十分長さのsleepを入れてみます。(RSpec側のコードを変更) これで毎回テストがパスするようならRSpec側を適当にsleepさせる必要があると言うことです。 sleep秒数が長すぎるとテストの実行に時間がかかるので、0.5や1など、テストが失敗しないレベルの短い秒数を指定してください。 ...


2

Sinon.JSのSandbox APIを使うのはどうでしょうか? 以下サンプルコードです。 これだとPATH環境変数だけスタブするというような事が出来ました。 var sandbox = require('sinon').sandbox.create(); describe('test', function() { beforeEach(function() { sandbox.stub(process.env, "PATH", "hoge"); }); afterEach(function() { sandbox.restore(); }); it('works', function() { /* ... */ }); });


2

FuelPHPに限りませんが、ほとんどのPHPでのオートローダはクラス名からファイルを探すので、 Hoge\Hoge_Utilクラスがあれば、それに対応したファイル名のファイルを探し、そのファイル をロードします。しかし、このケースではそういうファイルは存在しないのでオートロードでき ません。 1ファイル1クラスにするのが通常です。 FuelPHPでのコントローラの名前空間の指定方法は、以下の公式ドキュメントの翻訳にあります。 http://fuelphp.jp/docs/1.8/general/modules.html#/module_namespace デフォルト設定であれば、モジュール名の名前空間に Controller_クラス名 という 命名規則になりますので、現状でよいように思います。


2

具体的な例は他の方が回答されているとおりですが、私がDIのメリットとして理解しているのは、次の点です。 オブジェクトの生成の問題とその他の問題を分ける強制力となること 1の恩恵として、狭いスコープ(インターフェイス指向)でのプログラミングが可能になること 2の恩恵として、個々のクラスをメンテナンスしやすくなること ここで、2が重要なポイントです。 質問に書かれているコードにおいて、Test1()、Test2()はいずれも、オブジェクト生成の問題と、それ以降の処理の問題とを1つの視点から見たコードになっている、という点で全く同じです。 示されたコードの意図をそのまま、DIを活かしたコードへ書き換えることは難しいのですが、 kernel.Bind<IPerson>().To<Sol&...


2

-tを指定するとnは50000の扱いになるそうです。 -t timelimit Maximum number of seconds to spend for benchmarking. This implies a -n 50000 internally. Use this to benchmark the server within a fixed total amount of time. Per default there is no timelimit. -cはOSの最大のオープン可能なファイルの数を超えることはできません。


2

Yukihiro Honda さんの示されているとおり、override_functionを使えば組み込み関数を上書きすることは可能かと思います。 override_function('shuffle', '$array', 'return $array;'); ただし、これを利用するにはAPD (Advanced PHP Debugger)モジュールのインストールが必要なので注意してください。 また、Is it possible to overwrite a function in PHP - Stack Overflowでは名前空間を利用して関数をオーバーライドする手法が提案されています。 もし、テスト対象が名前空間に属しているのなら名前空間内にモックしたい関数を定義すればそれを使えそうです。 ...


2

@vue/test-utilsのmount (もしくはshallowMount) メソッドを用いてコンポーネントをマウントした場合、wrapper.find(Child).props("prop")のようにして子コンポーネントに渡されたpropsを取得することができます。 テスト全体は以下のようになるでしょう。 import { mount } from "@vue/test-utils"; import App from "./App.vue"; import Child from "./components/Child.vue"; const wrapper = mount(App); expect(wrapper.find(Child).props("fuga")).toEqual("hoge");...


1

基本的にprivateメソッドのテストはしないと思います。 この場合でしたら Test#initialize(これもprivateメソッドなので実際には Test.new) のテストをするほうがよいのではないでしょうか。 expect { Test.new(...) }.to raise_error(xxxerror)


1

(php.net)override_function は使用できないしょうか?


1

自己解決しましたので、解決策を書きます。 調べていくといろいろ勘違いしていた部分が分かったのですが、 私のやりたかったことはJava(djUnit)でいう バーチャルモックをPHPUnitでどうやって実装するかということでした。 いくつかのテックブログで 依存関係があるメソッドを置き換えてくれるライブラリは PHPUnitには存在しないと書かれていたので AspectMockを導入することで解決しました。 https://github.com/Codeception/AspectMock


1

仮に1000人の場合、1分以内に1000ですか? それとも、1分以内にほぼ等間隔に1000ですか? 前者であれば何も考えず1000のインスタンスを作って、どかっとリクエストを送ってしまえばいいように思えます。 ただ、通信環境などによっては、通信時間やタイムアウトまで時間がかかって1分以内に終わらないかもしれません。 後者であればタイマーで繰り返せば作りやすいんじゃないかな、と思います。 タイマーの繰り返しのインターバルを60sec/1000人にする感じで、1500人なら60sec/1500人ですね。 いかがでしょうか。


1

IDEで記録したテストスクリプトをそのまま(seleneseと呼ぶそうでHTML形式で記録されたスクリプトのことです)使用して実行したいのであれば Selenese Runner Java を使うというのはどうでしょうか? 使い方は SeleniumRCに似ていますが、内部的にはwebDriverを使用しています。 開発も日本の方が行われています。


1

機能や画面が似てても処理コードの質で速度/負荷は何倍も変わってきます。したがってGithubから似てるプロジェクトを探してくるという行為にはあまり意味がなさそうです。あとサーバー合計何台を想定していますか?1台で何もかも処理しようと思うならなるべく最大サイズにしておいたほうがいいかと。CPUもメモリも積めるだけ積んでおくのをおすすめします。


1

Maven 使われているのでしたら src/main/java と src/test/java のように規約に沿ったフォルダ構成にしましょう。プロダクトコードのクラス名が FooBar とすると src/test/java 配下の FooBar と同じパッケージにテストクラスを FooBarTest という規約で作るようにしましょう。 Eclipse だと、Ctrl + 9 でテスティングペア(FooBar と FooBarTest) を行き来できますし、テストクラスが存在しない場合新規作成するか聞いてくれます。 このようにプロダクトコードとテストコードを1対1で作成するのが単体テストの一番わかりやすい構成だと思います。 結合テストなどはクラス単位でできないので、機能単位で ...


1

DIコンテナを使った場合、ユニットテストが容易になります。 依存している実装を外部から差し替えることが可能になるためです。 http://moonstruckdrops.github.io/blog/2013/06/27/dependency-injection/


1

コンパイルフラグを用いることで可能です。 http://qiita.com/qmihara/items/a6b88b74fe64e1e05ca4 今回の場合に限って言えば、tabelViewの値がnilが入っているため落ちているのではないかと思われます。インスタンスを代入することで解決するかもしれません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります