次のタグが付いている話題の回答:

4

まず最初に、記事の読み取り方に軽い誤りがあるようです。 これによると、動的ページ表示の際、以下のような流れになっているかと思います。 クライアント⇆Webサーバ⇆APサーバ(ここでHTML生成) これはリンク先記事の「アプリケーションサーバーでアプリケーションを実行」の部分だけを要約したものですね。 該当記事は「Javaを用いたWebアプリケーションの開発」と明示しているので、その部分が強調されていますが、それだけではありません。ご質問内には特に「Javaを用いたWebアプリケーションの開発」に絞るような記述は見られませんし、いろいろなやり方を理解した上で論じる必要がありそうに思います。 1.Webサーバだけで完結する +----------+ +--------------+ |クライアント|...


3

1のWebサーバも、2のコントローラも、 「クライアントから指定されたURLに従って、下位層(アプリケーションサーバ、モデル)へ処理をリクエストする」 Webサーバにはその前に「クライアントとネットワーク経由で通信し、送られてきたデータをHTTPプロトコルとして解釈する/送信するデータをHTTPプロトコルに従って組み立てる」という仕事があります。一方、アプリケーションサーバには(一般論として)クライアントと通信する機能はありません。 http://example.jp/app/users/1 例えばこういうURLを考えたときに、Webサーバにとって意味があるのは、/appの部分です。一方、アプリケーション(コントローラ)にとって意味があるのは/users/1の部分です。 ...


2

Web サーバーは、ファイルを配信するのに特化したような http サーバーです。よく使われるのは nginx かなと思っています。とにかくパフォーマンスが重要になるので、 C 言語で実装されています。 アプリケーションサーバーは、そうではなく任意のロジックを記述できるような http サーバーです。例えば rails や laravel などで実装することが多いかと思います。その関心ごとは、なるべく簡単にアプリケーションロジックを実装することです。 アプリケーションサーバー(のフレームワーク)だけで、サーバーを稼働させることは可能ではありますが、あまりパフォーマンスとして、良い結果にはならないです。例えば rails では、本番環境において静的ファイルのホスティングを行うことは、可能だけれども非推奨、...


2

こんにちは。 本番環境とテスト環境を取り違える問題についてですが、ひとつの回答としては、リリースフローを明確化するということは考えられます。私の関わった以前のPHPプロジェクトではgitを利用して簡便なリリース管理を行っていました。 本番への適用が管理者の操作となり、それ以外の作業はすべてテスト環境やステージングで行われるので不用意な取り違えはなくなります。このあたりは近年自動化なども盛んでホットな分野です。 たとえば、ステージング環境(=本番と同じ環境)を、テスト環境との間に準備し、ステージングから本番へは入念なテスト後、管理者が単純なコピーを行うようにすれば「ついうっかり本番へ」は防ぎやすくなると思います(基本的に本番に作業者はタッチしないため)。 運用環境やリソースも異なると思いますので、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります