次のタグが付いている話題の回答:

3

この検索機能はWindows Searchでして検索結果へのアクセス方法は各種APIが用意されて、例えばプログラム的に検索結果を取得することもできます。Explorerで検索結果を表示する方法としてsearch-ms:プロトコルハンドラが用意されています。プロトコルハンドラの構文としてはいろいろ指定できますが、無難なところで search-ms:query=検索文字列&crumb=location:フォルダ くらいが実用的でしょうか。 コマンドプロンプトからプロトコルハンドラを実行する方法としてはstartコマンドを使用します。 最終的には C:\> start search-ms:"query=fuga.piyo&crumb=location:C:\Temp" ...


1

要望の通りWindowsバッチで実現すると以下のようになるでしょう。 対象ディレクトリに対象リポジトリ以外のリポジトリ/フォルダがあったり、そもそも対象ディレクトリが分散されている場合も考えてテキストファイルに対象リポジトリのリストを指定してFORコマンドで処理する リストは1行1エントリで、ドライブ名から始まるフルパスで指定する どのリポジトリかを示す情報は、Git Bashのsedコマンドを使用して全ての検出した行に付ける git grepの結果はフルネームを指定してもリポジトリトップからの相対パスなので、その前にリポジトリのパスを挿入する Git BashのUnixコマンド類フォルダへのパスを追加する(既に組み込まれている場合はその行を使わなければ良い) git grepのオプション/検索パターンを複数(...


1

「Windows バッチで」とありますが Git が使える環境であれば Git Bash 等をインストール済みでしょうから、Unix コマンドを使った方が簡単だと思います。 リポジトリが一カ所のフォルダ以下にまとめてあるのであれば、find コマンド、xargs コマンド、そして grep コマンドを組み合わせて以下のように実行することができます。 $ cd /c/git $ find . | xargs grep -l "keyword" grep の -l はファイル名のみを表示するオプションです。 コマンドを実行したディレクトリを起点に、キーワードを含むファイルのパスが一覧表示されるので、どのリポジトリに含まれているのかも判別可能なはずです。 テキストファイルとして結果を残したければ、...


1

Windowsの場合は環境変数の設定で GOPATHの続きに「;」を加え、追加したいPathを記述することでGOPATHが追加できた。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります