次のタグが付いている新しい回答:

1

定性的な解釈としては「分割の回数が減って全体の時間計算量も減る」というので合っているはずですが、定量的に確認するには計算量をちゃんと計算する必要があります。通常の計算量解析と同様に計算してみてください。 https://en.wikipedia.org/wiki/Quicksort#Formal_analysis あたりが参考になります。 以下細かい点の指摘です。 「Bの要素は無視してAの中の要素とだけ比較すればよい」というのはクイックソートであればいつでも成り立つ性質です。 「以降も最小値を選び続ける」というのは無限ループしてしまう、クイックソートとしては誤ったアルゴリズムの場合の説明をしてしまっていそうです。


1

まず、中央値や最大値を選ぶ方法とランダムに選ぶ方法では、決定的なアルゴリズムになるか確率的なアルゴリズムになるかという大きな違いがあります。クイックソートはピボットの選び方を間違えると停止しないアルゴリズムです。このためピボットをランダムに選んでしまうとソートが停止しない可能性も残ります。またそれ以外にも、最近の計算機において「ランダムな値を選ぶ」というのは中央値や最大値を選ぶのに比べるとコストが高い計算であることにも注意が必要です。 たとえば日本語版 Wikipedia に載っているクイックソートのアルゴリズムにおいては、配列の要素たちの唯一の最小値を毎回ピボットに選んでしまうと停止しません。「先頭ふたつの最大値をピボットにする方法」や「3 つ選んでその中央値をピボットにする方法」...


1

ピボットの選択が偏る可能性を考えるなら、どういう入力が与えられるかも考えなければいけません。 どれも同様にピボットが偏る入力が存在するのでそういう意味では一長一短ですが、実際にどういうデータが与えられやすいかを考えれば2のようにソート済みのデータが入力されるとピボットが偏るようなやり方は最悪です。1,3,4は具体的な操作が分からないので一概には言えませんが、おおむね3よりも4、4よりも1のやり方のほうがピボットの選択が規則的になるので避けたほうがいいです。 最終的に個人的な優先順位は3 > (4 > 1) > 2でしょう。4と1は具体的な操作が不明なのでカッコつきです。


上位 50 件の最近の回答が含まれています