次のタグが付いている話題の回答:

2

英語版stackoverflowに同様の質問を投げたところ、 1.アプリ内課金をもたずにフル機能を実装したアプリをアルファ版として公開し、自分だけで利用する。 2.Play Lecense Verification Libraryを利用し、userIDを取得し、そこにアプリ内課金と同様の機能を実装する。 との回答がありました。 Google Play Consoleチャットサポートに問い合わせたところ、新規アカウントを端末に登録し、そのアカウントでインストールすることでアプリ内購入が可能である。との回答を得ました。 どれも面倒または実装が難しいかですが、要は普段使いのアカウントがデベロッパーコンソールのアカウントと別であればよいことと、デベロッパーアカウントは別のアカウントにすべてのアプリを委譲し、...


1

App Store Reviewガイドラインに https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/#in-app-purchase App内課金で手に入れたコンテンツ、機能、消耗アイテムを直接的または間接的に他のユーザーに譲渡できるようにすることはできません とあるので、今回のケースも難しいと思われます。 アプリAで買ったポイントが、アプリBでも利用できるようなイメージ これが「他のユーザー」として扱われるかどうかがポイントですね。


1

ヘルプを参照すると、「アプリ内課金をテストするにはアルファ版またはベータ版としてアプリを公開する必要がある」と書かれています。 アプリ内課金のテスト | Android Developers


1

自己解決しました。 1.index.htmlのons.ready内の処理を設定画面のコントローラーに移動 2.アプリの価格を取得するために、ready関数の中でproduct情報から価格を取得し、$scopeに設定 これでいけました。 ready: function() {  storekit.load(["com.productid"], function (products, invalidIds) { var p = products; for(var i = 0; i < p.length; i+=1){ if(p[i].id == 'com.productid'){ $scope.price = p[i].price; ...


1

一部自分が読み違えているかもしれませんが、結論で言うと「独自のアカウントを発行し、そのアカウントに対し課金情報を紐付ける」形などであれば実装可能です。 そしてAndroid版とiOS版それぞれの正式なアプリ内課金のシステムで決済できるように実装すれば、リジェクト対象にも引っかからないかと思います。ただ、どちらのアプリでも、例えば「クレジットカードで支払い可能です」といった文言をつけて、Webに誘導してクレカ課金できるUIにするとリジェクトの可能性が高まります。 特にiOSの方に関しては、Apple側が非常に厳しくリジェクトのルールを設けていますので、アプリ内で少しでも別システムで課金できることを臭わせる見せ方をするだけで、リジェクトの可能性があります。 http://lab.sonicmoov.com/...


1

調べてみたところ、appC Cloudプラグインのplugin.xmlの中でcom.android.vending.BILLINGをで宣言しているようです。appC Cloudのこのplugin.xmlはMonaca IDE上からは編集できないので、課金権限をOFFにするのは難しいと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります