まずは中で何が起こっているのか把握するために、`print`文で覗いてみましょう。
そのまま実行すると1万や10万回`print`文が実行されるので、`number引数(-n, --number)`で回数を制限します。

    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -n 3 -s "a=map(str, range(1000))" "s=''" "for i in a: s+=i;" "print(len(s))" 
    2890
    0
    0
    2890
    0
    0
    2890
    0
    0
    3 loops, best of 3: 211 usec per loop
    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -n 3 -s "a=map(str, range(1000))" "s=''.join(a)" "print(len(s))" 
    2890
    0
    0
    2890
    0
    0
    2890
    0
    0
    3 loops, best of 3: 168 usec per loop

`len(s)`で文字列の長さを計ったところ、2回目、3回目は0になってしまいました!

ここで本のヒントを読み解きます。

> 落とし穴はsetup引数の使い方と、Python3におけるmapの振る舞いにあります。

試しに[setup引数](https://docs.python.org/ja/3/library/timeit.html#module-timeit)(-s --setup)を消してみましょう。

    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -n 3 "a=map(str, range(1000))" "s=''" "for i in a: s+=i;" "print(len(s))" 
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    3 loops, best of 3: 378 usec per loop
    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -n 3 "a=map(str, range(1000))" "s=''.join(a)" "print(len(s))" 
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    2890
    3 loops, best of 3: 257 usec per loop

欲しい結果が得られました。
`len(s)`は常に正しい値を返し、速度も`for`文より`join`の方が速くなりました。
ただし`setup引数`がある時よりも速度は遅いです。

`setup引数`は最初のステートメントに適用され、`map`関数は初めの1回のみ初期化されて、2,3回目には初期化されません。
逆に`setup引数`が無ければ毎回`a=map(str, range(1000))`が実行されるので、その分遅くなります。

ようやくpython3における[`map`](https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html#map)とは何かという話が関係してきます。
`map`とは配列に関数を適用して[`イテレータ`](https://docs.python.org/ja/3/howto/functional.html#iterators)を返す高階関数です。
ここで言う「配列」とは`range(1000)`で作成した0..999の数値です。
ここで言う「関数」とは`str`です。n=0..999の数値を`str(n)`で文字列化しています。

さてpythonのイテレータは、`for`文や`next()`関数で次の値を取得できますが、いわゆる`seek`や`prev`のように特定の場所へアクセスしたり、前の値を取得したりすることはできません。
つまり一度`for`や`join`でアクセスすると、また先頭から読み取ることができないのです。

pythonで下記のコードを実行すると、1回目は2890が取得できますが、2回目は0になってしまいます。
これが`map`というかイテレータの振る舞いです。

    a=map(str, range(1000))
    s=''.join(a)
    print(len(s))
    # 2890
    s=''.join(a)
    print(len(s))
    # 0

ちなみに`map`を`list`化すればイテレータではなくリストになるので、正しい値を取得することができます。

    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -s "a=list(map(str, range(1000)))" "s=''.join(a)" 
    100000 loops, best of 3: 10.3 usec per loop
    PS C:\Users\payaneco> python -m timeit -s "a=list(map(str, range(1000)))" "s=''" "for i in a: s+=i;" 
    10000 loops, best of 3: 176 usec per loop

速度も`join`の方が圧倒的に速くなりました!

おそらくですが、使い終わったイテレータに`for`を実行してもループ冒頭の1回目で中断しますが、0件のイテレータに`join`を掛けるとオーバーヘッドが発生して`join`の方が遅くなると推測されます。

以上のことから「読者への課題」が読み解けます。

+ 毎回setupしないとイテレータを再利用できない
+ mapはイテレータを作るだけなので、リストや配列にしないと罠にハマることがある