[word2vec] タグが付いた質問

タグの使い方はまだ書かれていません。

絞り込み
並べ替え
タグ付けされた
0
1回答
220 件の閲覧数

deeplearning4j のJapaneseTokenizerFactoryの使い方について

現在下記Java(spring boot)コードにて、deeplearning4jのword2vec実現を試みております。 // Wikipediaの日本語コーパスファイル SentenceIterator iter = new BasicLineIterator(resourceLoader.getResource("classpath:static/corpus/corpus.txt")....
1
1回答
348 件の閲覧数

Word2Vecにおけるマイナスの概念について

Word2Vecでsimilarityの値がマイナスになるのはどうしてなのでしょうか? たとえば、次のコードを実行した時に、meowが-0.018となり、マイナスになっています。 この場合100次元空間のベクトルの内積ですから、マイナスではなくてプラスになると思っています。 今回はmeowだけでしたが、sizeのパラメーターを変更すると他のものもマイナスになったりします。 ソースコード # ...
0
1回答
746 件の閲覧数

Word2vecのKeyerror

下記参考URLをもとに、word2vecを動かしてみたいと思いました。 以下train.py,similars.pyのファイル、作業手順は全てこのサイトからの転用です。 作業手順 mecabで青空文庫のファイルを分かち書きしたのち、以下のファイルで学習させました。 生成したmodelはdata22.modelとして保存。 train.py -*- coding: utf-8 -*- ...
2
1回答
3,181 件の閲覧数

Word2vecの追加学習について

Word2Vecの追加学習について質問します。 あるコーパスを一度学習し、ベクトルを生成した後、そのコーパスに未知語を追加したら、未知語のベクトル化をするためにはゼロからコーパスを再学習する必要があるのでしょうか? (要するにコーパスを継ぎ足して繰り返し学習したいです) 西尾泰和さんの、『word2vec による自然言語処理』によると、ネガティブサンプリングは「...
8
1回答
3,158 件の閲覧数

C言語 word2vecのベクトル化アルゴリズムについて

自然言語処理の分野を沸かせたword2vecについてです。 単語をベクトルデータに変換するプログラムにword2vecというものがあります。 word2vecのコード このプログラムでは単語を任意の次元のベクトルに変換できます。 このプログラムで生成された単語ベクトルは驚くことに単語ベクトルをたし引きすると直感的に意味が通る単語になることが知られています。 例えば、'king' - 'man' ...
2
1回答
1,189 件の閲覧数

word2vecのdistanceのソート部分(コサイン類似度)アルゴリズムについて

現在word2vecのdistance.cを学習していますが、コサイン類似度計算部がよくわかりません。 word2vecのdistance.c 現在pythonを用いて次のようなコードを書いています。 自分で書いたpythonコード (このコードを実行する際は、word2vecで270次元のベクトルを作成する必要があります。※オプションで -binary 0 指定の必要あり) 中でも、...
2
3回答
1,679 件の閲覧数

word2vecのdistanceはなぜ高速に動作するのか?

word2vecに付属しているベクトル空間で単語同士が似ているかを計算させるdistance.cというプログラムはとても動作が軽快です。  1単語を表すベクトルは200次元  単語のエントリー数は20万語 この条件でも上位40位の単語候補が1秒未満で出力されます。プログラムコード内にどのような工夫が施されているのでしょうか?ぱっと見たところ、全単語に対して探索を行っているように思えるのですが、...
3
2回答
2,083 件の閲覧数

word2vecでテキストモードで出力した結果を、binaryモードでの出力結果にPythonで変換したい

word2vecというC言語のプログラムで単語情報を多次元ベクトル化する際に出力されたテキストファイルが手元にあります。 次のコードのelseの文章で出力されたものです。 for (a = 0; a < vocab_size; a++) { fprintf(fo, "%s ", vocab[a].word); if (binary) for (b = 0; b < ...